フリー・ゲシュタルトな気づき

心理学と変性意識(ASC)を身につけて、 自由さ、創造性、アウトプットを獲得する フリー・ゲシュタルト・ワークス 〈流れる虹のマインドフルネス〉で、 あなたのコーチングやカウンセリングに、 プラスαアルファの魔法を

心理学と変性意識(ASC)を身につけて、
 自由さ、創造性、アウトプットを獲得する
  フリー・ゲシュタルト・ワークス
〈ゲシュタルト〉と〈流れる虹のマインドフルネス〉で、
 あなたのコーチング・カウンセリングに、
  プラスαアルファの魔法を

フリー・ゲシュタルト・ワークスは、
「心理学」―ゲシュタルト療法―
をベースに、
・目標達成や願望実現、成功獲得
・卓越したパフォーマンスや影響力の発揮
・能力と才能(天才性)の開発
・自信や意欲の増進(回復)
・人間関係や心の葛藤解決
・並外れたアウトプット(成果)の創出
・意識や知覚力の拡張(変性意識の習熟)
など、
心の能力を育て、増大するための、
セッションや方法論を、
ご提供しているスクールです。
コーチング・スペース、
セラピー&カウンセリング・スペース、
また、能力・創造性開発の、
マインド・コンサルティング・スペース、
です。
ゲシュタルト療法と、変性意識状態(ASC)を、
方法論として、
優れたアウトプットを生み出すための、
自由で、創造的なスキルの獲得をサポートしています。
〈流れる虹のマインドフルネス〉へのご招待です。
HP↓
http://www.freegestaltworks.net/
動画チャンネル↓
http://www.youtube.com/c/freegestaltworks
メルマガ登録
【FreeGestalt通信】具現化のための、気づき・変性意識・ゲシュタルト↓
http://lb.benchmarkemail.com//listbuilder/signupnew?jt3QTAdq2aVfFo0YU2HHxv5pwVnAjsSIUrwZ9%252B%252FXrVcQ9amXwphcsh2%252Fe8gwHFKYNyIeD9VsXLU%253D
姉妹サイト↓
https://xstatestech.jimdo.com/
https://emptychairworks.jimdo.com/
本↓
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』(電子版/書籍版)
https://www.freegestaltworks.net/%E6%96%B0%E5%88%8A%E6%A1%88%E5%86%85-%E6%B0%97%E3%81%A5%E3%81%8D%E3%81%A8%E5%A4%89%E6%80%A7%E6%84%8F%E8%AD%98%E3%81%AE%E6%8A%80%E6%B3%95-%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%99%B9%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9/
『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』(電子版/書籍版)
https://www.freegestaltworks.net/%E8%91%97%E4%BD%9C%E7%B4%B9%E4%BB%8B-%E7%A0%82%E7%B5%B5%E2%85%A0-%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E7%9A%84%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B7%E3%82%A3%E3%81%AE%E6%8A%80%E6%B3%95/

twitter↓
https://twitter.com/freegestaltwork

手順

葛藤解決の方法(ポイント)Ⅲ ネガティブな感情の扱い方

さて、別に、
ゲシュタルト療法における、
葛藤解決の方法について、
そのワーク中のコツについて、
解説してみました。

ここでは、
そのワーク中に現れる、
「主観的な気持ち」
に関する部分で、
重要なポイントを、
解説してみたいと思います。

さて、
ゲシュタルト療法のワーク(セッション)では、
自分の中で、
心理的葛藤があり、
苦痛が生じている時に、
分裂している自分の自我を、
それぞれの椅子に分けて、
置きます。

この時、大体、
次のような形で、
椅子に、
ロール(役割)が、
分かれるものです。

一方の椅子には、
もともと、
自分がそうであった、
(a)苦しめられている自分
が置かれ、
もう一方の椅子には、
自分を、
(b)苦しめている自分
が、置かれるものです。

ところで、
この時、
(a)苦しめられている自分
は、普段から自分にも、
なじみのある自分である場合が、
多いものです。

一方、
(b)苦しめている自分
に関しては、
普段から、
自分で、
「見たくない自分」
「認めたくない自分」
であることが、
多いのです。

それは、
自分の要素として、
在って欲しくない、
居てほしくない、
ネガティブな(陰性)な感情です。

それは、
「批判的な自分」
「意地悪な自分」
「憎悪している自分」
「激怒している自分」
「悪意をもった自分」
「冷酷な自分」
「無力な自分」
「怠惰な自分」
などなどの、
ネガティブな(陰性)感情です。

大概、人は、
そんな自分の要素を、
「それの本当の私ではない」
(一時の衝動ではあっても)
という気持ちで、
普段は、
「切り離してdisown」
自分の外に、
はじき出しています。
それを、
見ないようにしています。
それを、
認めないようにしています。

しかし、
葛藤解決のワークにおいては、
この「認めたくない自分」が、
もう一方の椅子に、
しばしば、
現れて来ることとなるのです。

実際にワークをしたことのない人は、
恐ろしい事柄と、
思うかもしれません。

しかし、
実は、この点こそが、
ゲシュタルト療法の、
決定的なパワーの秘密なのです。

ワークの中で、
このような、
ネガティブな(陰性)感情の自分が、
出て来た時は、
次の事柄に留意して、
ワークを行なうと、
グッと、
快癒(統合)が進んでいきます。
効果が出ます。

①素直に、それ自身になる。
②誇張して、表現してみる
の二点です。


①素直に、それ自身になる。

まずは、
椅子に分けられた、
ネガティブな(陰性)感情そのものに、
正直に、
「素直に」
なってみる、
ということです。
 
ワークのロールプレイは、
安全な空間での、
実験(遊び)です。
そのため、
恐れることは何もないのです。
嫌なら、
やめればいいだけですから。
 
少し抵抗はあるでしょうが、
まず、試しに、
「それ自身になって」
みるのです。
そして、
心を澄まして、
深い部分で、
その感情を、
真っ直ぐに、
正直に、味わってみるのです。
体験してみるのです。
表現してみるのです。

すると、
多くの人が、
「なーんだ。大したことなかった」
と思います。

ネガティブな(陰性)感情を、
拒否している時は、
その感情が、
非常に恐ろしい、
悪魔的な感情に思えており、
それに深く触れると、
自分が、コントロールを失うんじゃないか、
とか、
自分が、その感情に乗っ取られてしまうんじゃないか、
とか、
自分がなくなっちゃうんじゃないか、
とか考えます。

しかし、いざ、
そのネガティブな(陰性)感情に、
接触し、
それを味わってみると、
全然そのような、
恐ろしいことが起こらないのに、
気づくのです。

脅威でもないし、
害になるものでもないのです。

素直な気持ちで、
それを感じてみると、
むしろ、
その中にある、
核となる力強い要素(本性、能力)に、
気がつくのです。

その感情を拒否している間は、
単に、悪魔的な感情にしか、
思えなかったのに、
いざ、その中に入って見ると、
パワフルで、
能動的な(肯定的な)感情であったことに
気がつくのです。

ネガティブな(陰性)感情は、
外と内では、
見え方がまったく違うのです。

自分が拒絶していたために、
悪に見えていたに、
すぎないのです。

「クローゼットの中の骸骨」
という譬え話があります。
クローゼットの中に、
白骨死体があると思って、
怖くて、
クローゼットが、開けられないのです。
しかし、
実際にクローゼットを開けて、
中を見ると、
そこには何もないのです。
しかし、
実際に開けないことによって、
恐ろしい妄想は、
膨らむばかりです。
解決法は、
「実際に見ること」
なのです。

ネガティブな(陰性)感情も、
これと同じです。
実際に、それ自身になって、
内側から感じてみると、
大したことがない(普通の感情)と、
わかるのです。


②誇張して、表現してみる

さて、
そのネガティブな(陰性)感情を、
充分に味わえ出したら、
それを外部に、
表現することが、
とても大きな効果に、
つながります。

大概の人は、
自分から切り離していた、
自分のネガティブな(陰性)感情を、
とても、
「恥ずかしいもの」
「汚らしいもの」
「悪いもの」
と感じています。

外に表現できないと、
思っています。
隠さなければならないと、
思っています。
(そのことで、日々、疲れます)

全然、
そんなことはないのにです。
(ネガティブな(陰性)感情を持つことは、
生物として、いたって、正常なことです。
本能的なパワーです)

そのため、
実際に、
そのネガティブな(陰性)感情を、
外部に表現してみて、
それが、
風景として、
全然おかしなものではないと、
普通のことだと、
確認することも、
重要です。
グッと、
快癒を進めます。

また、
その快癒を、
より推し進めるには、
少し誇張するくらいに、
そのネガティブな(陰性)感情を、
表現してみるのも、
良い方法です。
 
少し誇張するくらいに、
思う存分、
そのネガティブな(陰性)感情を、
表現してみるのです。
 
このように、
過度に表現してみても、
問題ないじゃないかと、
自分の中で、
確証が取れるからです。
また、
そのことを、
「意識的」に、
行なうため、
気づきと統合の、
統御感が加わるからです。
そのことは、
自分の中で、
手応えと、
自信と確信を深めます。

そして、
実際に、
ネガティブな(陰性)感情を、
表現していく中で、
必ず、
その感情の、
より創造的な要素に気づき、
より自分のパワーや才能として、
統合していくことが、
起こって来るのです。

批判的な気持ちは、
刺すような知性の現れだったり、
激怒は、
圧政に対する、
純粋な抵抗(反抗心)の現れだったりと、
わかるのです。

恐ろしい悪魔は、
知的なジョーカーに変わり、
激怒していた残忍な虎は、
健気なトラ猫だったと、
わかったりするのです。
……………………

さて、以上、
ワークにおける、
ネガティブな(陰性)感情の扱い方を、
みましたが、
実際、
ネガティブな(陰性)感情に
気づきと意識を持って、
コンタクト(接触)できる能力は、
私たちの統合を深め、
私たちを、パワフルにします。
 
キレて、
怒りに乗っ取られるのではなく、
意識的に、
怒れる能力は、
私たちを、
積極的にします。

一面的な見方で、
ネガティブな(陰性)感情を、
排除すると、
私たちは、
生命の半分を、
排除することになります。

いわゆる、
「いい人」に、
私たちは、どこか、
ウソ臭さを感じます。
 
それは、
ネガティブな(陰性)感情が、
排除されていて、
人格に、
どこか一面性や、
欺瞞を感じさせるからです。
怒りや憎しみも、

ゲシュタルト療法のワークは、
普段、私たちが、
なかなか、
上手にコンタクト(接触)や、
統御を行なえない、
このネガティブな(陰性)感情に関わり、
統合していく、
創造的な機会と、
なるのです。

そして、
この図式は、
人類の普遍性としては、
「英雄の旅」の神話が、
教えてくれている事柄でも、
あるのです。


※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。



 

葛藤解決の方法(ポイント)

 

【PART1 Basic】ゲシュタルト療法

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

 

【PART2 Standard】

気づきと変性意識の技法 基礎編

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

体験的心理療法

NLP 普及・効果・課題

禅と日本的霊性

野生と自然

 

【PART3 Advanced】

気づきと変性意識の技法 上級編

変性意識状態(ASC)の活用

願望と創造性の技法

その他のエッセイ

 

【PART4 当スペース関係】

フリー・ゲシュタルトについて

セッションで得られる効果

 なぜ、ゲシュタルトなのか

メニュー/料金

著作紹介

お問い合わせ

葛藤解決の方法(ポイント)Ⅱ

さて、前回は、
ゲシュタルト療法における、
葛藤解決の方法(ポイント)について、
そのエッセンスの部分について、
解説してみました。

今回は、
実際のゲシュタルトの、
ワーク(セッション)の中で、
葛藤を解決するにあたって、
また自己の内側を探索していくにあたって、
どのようなことに注意すればよいかについて、
記してみたいと思います。

さて、
まず、葛藤状態が、
ワーク(セッション)の中で、
浮かび上がってくるのは、
自分の中にある、
ある欲求(感情)の表現を試みようとした時、
それを否定するような、
別の欲求(感情)の存在に気づいた時です。

そこには、
色々なパターンがあります。
「○○をしたい」に対して、
「○○したくない」というような、
ストレートな反対欲求(感情)がまずあります。

他にも、
「○○をしたい」に対して、
「そんなの無駄なんじゃない(意味ないんじゃない)」という、
懐疑や否定、無価値化の欲求(感情)があります。
また、
「○○したい」に対して、
「そんなことより、もっと別の○○すべきだ」という、
強制や優先の欲求(感情)があったりします。

このような、
別の声の存在を、
とらえることが重要です。

そのような自己の内にある、
別の欲求(感情)の存在に気づいた時に、
自分から、
(または、ファシリテーターの提案で)
その別の欲求(感情)を、
エンプティ・チェア(空の椅子)に、
置いてみます。

自分の外に、
その存在を、一旦、
切り分けてみるのです。

自分の二つの欲求(感情)が、
二つのエンプティ・チェア(空の椅子)に、
空間的に配置されることになります。

自分を妨げる欲求(感情)の存在を、
自分の外に出すと、
より自己一致して、
自分の欲求(感情)自身を、
深く感じ取れる(味わえる)ようになります。

実際、妨げるのがなくなると
私たちの欲求(感情)というものは、
ふっと身軽くなったかのように、
自由になって、
日常ではわからなかったような、
内奥の真意を、
告げて来るのです。
それを、
充分に感じ取り、
身体化(受肉化)していくことが、
重要となります。

奥底から飛び出してきた、
普段は隠れていた欲求(感情)
というものは、
孵化ばかりのヒナのように、
柔らかな存在なので、
それを充分に、
現実的な存在にするには、
身体的な表現なども交えて、
堅固に固めていく必要があるのです。

さて、
この切り離した欲求(感情)の、
内奥の探索に際して、
それを「十分なものにする」のに、
2つの側面(ベクトル)が、
ポイントとなります。
①「底の方から」の側面と、
②「相手に向かって」の側面です。

①の「底の方から」というのは、
葛藤しているものから解放されると、
欲求(感情)は、
その本来性に根差した、
深い真の欲求(感情)を、
告げて来ます。

まず、最初、
葛藤しているものから解放されると、
その欲求(自我)は、
先ほどまでの欲求(感情)を、
繰り返し表現します。
しかし、
その欲求(感情)を、
ひとしきり出し尽くすと、
表出し終わると、
自己の枯れた井戸の底に、
ふっと、シフト(転換)が生じて、
別の新たな欲求(感情)を、
表現しはじめるのです。

その欲求(感情)は、
葛藤状態では、
鬱屈し、歪められていた、
本来の欲求(感情)なのです。
そして、
その本来の欲求(感情)を、
充分に表現・表出してみるのです。

葛藤を分けた場合は、
この状態までは、
きちんとたどり着く必要が、
あります。
そうでないと、
その欲求(感情)は、
中途半端な、未完了感を、
どこかに残したものに、
留まってしまうのです。
これが、
①の「底の方から」で、
必要なポイントです。

②の「相手に向かって」とは、
切り離した欲求(感情)が、
誰に対して、
その欲求(感情)を持っていて、
成就する必要があるかという側面です。

それは、
第一には、
対峙的に葛藤していた、
欲求(感情)に対してである、
ということです。

そのために、
欲求(感情)の表出に際しても、
最終的には、
その相手に、きちっと、
欲求(感情)を伝えていくこと、
コンタクト(接触)していくことが、
重要となります。
その中で、
欲求(自我)間のエネルギーの交流が、
物理的に生ずるのです。

そのことが、
欲求(感情)を、
「現実化」と「統合」に向かわせるにも、
きわめて重要なポイントなのです。

身体化(受肉化)していくにも、
大いに役に立つのです。

ここで、2つの欲求(自我)を、
きちんと接続できないと、
現実感と統合に、
不足が生じてしまうのです。

これが、
②の「相手に向かって」という、
重要なポイントです。

この①と②が、
充分に深められて、
練られて、
ワークが行われていくと、
葛藤解決は、
つよい強度をもった、
自己の統合として、
着地することができるのです。


※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。






【PART1 Basic】ゲシュタルト療法

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

 

【PART2 Standard】

気づきと変性意識の技法 基礎編

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

体験的心理療法

NLP 普及・効果・課題

禅と日本的霊性

野生と自然

 

【PART3 Advanced】

気づきと変性意識の技法 上級編

変性意識状態(ASC)の活用

願望と創造性の技法

その他のエッセイ

 

【PART4 当スペース関係】

フリー・ゲシュタルトについて

セッションで得られる効果

 なぜ、ゲシュタルトなのか

メニュー/料金

著作紹介

お問い合わせ

ゲシュタルト療法早わかり

さて、
ゲシュタルト療法を
知らない多くの人と接する中で、
「ゲシュタルト療法とは、
どんなものか」
を説明する、
さまざまな機会があります。
また、それを求められます。
 
しかし、
ゲシュタルト療法は、
「個人的体験」を核とするため、
概念的な言語で、
その内容を表現するのは、
なかなか難しいのです。
 
そのため、
多くのゲシュタルト療法家が、
「ゲシュタルトは、
体験してみたいとわからない」
と言って、
説明するのを、
止めてしまうのです。
 
たしかに、
ゲシュタルト療法は、
それを構成する、
世の中の教科書的な項目を、
積み上げて解説すると、
実際のセッションがもつ感覚体験、
遊戯的な即興性や飛躍性に較べて、
死物のような姿になってしまう、
という傾向があります。
 
「ゲシュタルト」(形態)
という言葉自体が、
部分の積み上げは全体にならない
という意味での、
「固有の全体性」を
含意する言葉でもあるので、
各要素ごとの解説では、
情報が断片化してしまうのです。
 
そのトータルな、
本質(美点)が、
伝わらないということです。
 
そのため、ここでは、
ゲシュタルト療法の持つ、
本質的な視点や感覚的なイメージを、
全体像として、
さっと一筆描きのように、
描いてみたいと思います。
 
そのことで、
ゲシュタルト療法の、
全体像が伝わればと思います。
 
 
****************************
 
ゲシュタルト療法の実践を、
構成する素材を、
筆者なりに取り出してみると、
以下のような事柄になります。
これはひとつの塊を見る際の、
角度(多面性)という意味合いです。
 
①心身一元論的・全体論的アプローチ
②気づきの力の重視
③未完了な欲求(感情)への注目
④自発的な表現プロセスへの信頼

⑤変性意識状態(ASC)への移行
⑥他者との交流や、自立的感覚の重視
⑦存在論的な感覚

 

さて、

ゲシュタルト療法では、
人間を、
ひとつの生体の渇望として、
欲求の体験過程として、
とらえていきます。
生物の全身運動を感じ取るように、
心身を一貫して流れる、
欲求の全体性に、
注目するのです。

そして、
クライアントの方の中で、
その流れる欲求が、
内部において、
どのような形で、
阻害されているか、
欲求不満となっているかについて、
注目するのです。
 
また、
同じような欲求不満が、
心身や生活史の中において、
同様な形で表出されている姿を
見てとるのです。
クライアントの方が、
それらをどのように表出させているかを、
見てとるのです。
 
実際のセッションにおいては、
その欲求(欲求不満)の全体を見て、
アプローチを決めていきます。
 
セッションの一番の基本姿勢(技法)は、
クライアントの方自身に、
自分の今の欲求(快苦、不満)に、
刻々「気づいて」いってもらうことです。
今、自分の中に浮上している、
特徴的な感情や感覚に、
気づいてもらい、
焦点化することです。
 
また、
アプローチに際しては、
ファシリテーターが、
クライアントの方自身が気づいていない欲求に、
焦点化することも多くあります。
そのように介入することで、
クライアントの方の中で、
分離していた欲求への気づきが促され、
統合へのダイナミクスが、
生まれやすいからです。
 
また、
ゲシュタルト療法では
クライアントの方の欲求行動の、
速やかな実現を阻害している要因が、
過去に形成された、
欲求不満のパターンにあると見ます。
 
人間は、障害に直面し、
強い欲求不満を抱え込んだ場合に、
時として、
その欲求に関わる、
欲求不満をそのまま(未完了のまま)、
凍結させてしまうからです。
欲求行動の歪みを、
生体の中に、
プログラムしてしまうからです。
(→未完了の体験、未完了のゲシュタルト)
 
その結果、
その後の人生で、
似たような欲求行動に際して、
無意識のうちに、
阻害的なプログラムを、
発動させてしまうことになるのです。
これが、苦痛や葛藤、
能力の制限や生きづらさを、
生む要因となるのです。
 
そしてまた、
ゲシュタルト療法の視点として、
重要なことは、
欲求に関わる課題が、
喫緊のものとして生じている場合は、
クライアントの方の、
心身の表現として、
「今ここ」において、
必ず前景に現れて来ると、
考える点です。
 
生体における喫緊の欲求課題は、
図(ゲシュタルト)として、
知覚の前景に、
現れてくるという考え方です。
 
そして、これは、
クライアントの方の、
内的感覚においてもそうですし、
外面的な身体表現においても、
そうなのです。
 
そのため、
(極端なことをいえば)
クライアントの方の過去の話を、
こまごまと聴いたり、
どこか遠くに、
問題の原因を探しに行く必要も、
ないのです。
 
今ここにおいて、
クライアントの方が感じていることや、
全身で行なっていることを、
注意深く追跡していけば、
未完了の欲求不満(未完了のゲシュタルト)に
必ず行き着くと考えるのです。
 
そして、
アプローチに際しても重要なのは、
クライアントの方の中の、
何かの原因whatを捜し求めることではなく

クライアントの方が、
今ここで、
どのようにhowに行なっているかを、
注意深く見極めることなのです。
そこに、
介入と気づきの糸口があるのです。

 

クライアントの方本人にとっても、

重要なのは、

自分の中の、何か原因whatを捜し求めることではなく、
今ここで、いかにhow、無意識的な欲求パターンを、

反復しているのかに、自分で気づいていくことなのです。

そして、それを変えていくことなのです。

 

ゲシュタルト療法が、
「今ここの心理療法」と言われる所以です。

ところで、
ゲシュタルト療法においては、
そのような阻害的プログラムを解消し、
統合する手法として、
具体的・物理的な、
感情表現・身体表現を、
活用していきます。
 
そして、
それらプログラムの書き換えを、
より効果的に達成するために、
有名なエンプティ・チェアの技法などの、
実演化を利用した手法を使っていきます。
 
そのような実演を通して、
クライアントの方は、
今まで意識できていなかった、
自己の欲求(自我たち)に、
はじめて遭遇することとなります。
気づきを得ることとなります。
 
実演化という表出行為、
外在化の結果として、
クライアントの方は、
より速やかに、
エネルギーを流動化・解放させ、
気づきを得ることができるのです。
分裂や葛藤の統合を、
はかっていくことができるのです。
 
そしてまた、
(グループの場合は)
それらを、
他者との直接的な交流や表現、
相互作用などを通して、
より効果的に作用させていくのです。
 
このことにより、
クライアントの方の、
自律性と、
主体化の感覚が深められ、
ひいては、
能力感や自立感、
存在論的感覚の深化という、
実存的な側面での統合も、
はかられていくのです。
 
以上が、
ゲシュタルト療法の
全体のあらましとなります。

 


※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、ゲシュタルト療法の詳細は、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

【関連サイト】

 

ブログ「ゲシュタルトな気づき」

 


【PART1 Basic】ゲシュタルト療法

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

 

【PART2 Standard】

気づきと変性意識の技法 基礎編

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

体験的心理療法

NLP 普及・効果・課題

禅と日本的霊性

野生と自然

 

【PART3 Advanced】

気づきと変性意識の技法 上級編

変性意識状態(ASC)の活用

願望と創造性の技法

その他のエッセイ

 

【PART4 当スペース関係】

フリー・ゲシュタルトについて

セッションで得られる効果

 なぜ、ゲシュタルトなのか

メニュー/料金

著作紹介

お問い合わせ

「ワーク」とはⅡ その過程と構造

◆ワークのプロセス(過程)と促進

ゲシュタルト療法のワークは、

クライアントの方の、

内的プロセスに、

そった形で展開していきます。

 

そして、ワークは、

表面的な、紆余曲折の姿の背後に、

人間生体の自律的なプロセスゆえに、

深い部分で、

ある類似した流れと骨組みを持っています。

単純化した図をご覧ください

 

ワークのプロセスは、

核の要素だけを取り出すと、

ゲシュタルトの形成と破壊のサイクルの、

変奏だともいえます。

 

そもそも、

未完了の体験(未完了のゲシュタルト)を、

生み出したのは、

欲求不満によるサイクルの凍結(フリーズ)であるので、

その未完了のゲシュタルトの表出(充足)と破壊のサイクル

という形をとるのです。

 

ここでは、実際のワークが、

どのような手続きをとるのか、

「目的①」の未完了の体験を完了するタイプの、

ワークを例にとって見てみましょう。

 

※「目的②」の葛藤の解消タイプも、

プロセスは、おおよそ同じです。

下段に、図のみ、記載しました。

 

 

1.「入口」(開始)

まず、クライアントの方と、

 ファシリテーターは、

 合意して、ワークという、

 特別な時空に入ります。

↓↓↓

 

2.「感覚・探索

…クライアントの方は、

解決したいテーマに関連して、

自分の中から湧いてくる、

感覚や感情のゲシュタルト(形)に、

注意を向けます。

…ファシリテーターは、探索を促進するための、

焦点化や、提案を行なってきます。

…生体というものは、未完了のゲシュタルトや、

 その付近の感情を刺激されると、

異物を吐き出すかのように、肉中の棘を排出するかのように、

未完了のゲシュタルトを、

知覚の前景に押し出してきます。

おそらく、生体の蠕動運動のためです。

…人は、この内的感覚への没頭の中で、

 軽度な変性意識状態(ASC)に入っていきます。

 そのため、普段は気づけない微細な情報に、

 気づくことができるのです。

↓↓

 

3.「未完了の体験の発見

…そのような中で、クライアントの方は、

 自分の中で、つかえている、

核心的な未完了の(感情や感覚)を、

明確にしていきます。

…または、ファシリテーターが、

 重要なポイントを、色々と焦点化してきます。

↓↓

 

4.「技法的場面設定

…ファシリテーターが、

 その未完了の体験を完了するための、

色々な、技法的な提案を行なってきます。

 「こういうことを行なってみてはどうですか?

 「こう言ってみる(表現してみる)のはどうですか?

 相手や登場人物、言葉や行為等の設定です。

…その設定が、クライアントの方にピッタリと来る場合、

 クライアントの方は、無理のない範囲で、それを行なってみます。

↓↓

 

5.「未完了の体験の完了

…技法的提案内容が、

 クライアントの方に、ピッタリと来るものであった場合、

 クライアントの方は、その実演を通して、

 感情表出と意識化と行ない、

 未完了の体験を完了していきます。

 葛藤と苦痛が消失し、

 アーハ体験や、エネルギーの増大、

 大きな統合感、力の獲得の感じを得ることになります。

↓↓

 

6.「出口」(終了)

ワークという、特別な時空から出ます

 心理療法でいう、「閉じる」プロセスです。

 ワークの内容を完了・主体化して、

 日常的現実に戻ります。

 

さて、前段で、

「生体の自律的プロセス」と書きましたが、

ワークの経過というのは、

クライアントのプロセスをきちんとフォローするかぎり、

音楽的とでもいうような、

類型的な「自然のプロセス」示すものです。

 

ファシリテーターの行なうことは、

このプロセスを阻害しないように、
その名のとおり、
「促進」していくことだけなのです。
 
 

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

 


 ワークのプロセス 2

へリンガーのファミリー・コンステレーション

ファミコン


バート・ヘリンガー氏の創始した、

「ファミリー・コンステレーション」は、

興味深い心理療法です。

 

「コンステレーション」とは、

配置、布置、星座という

意味であり、

ユング心理学などでは、

よく使われる言葉です。

 

ファミリー・コンステレーションは、

A・ミンデル博士の、

プロセスワークで行なう、

「ワールドワーク」の、

元ネタになったとも言われますが、

実際に、そのセッション(ワーク)を経験していくと、

個人と集団(集合)

または、

個人的なテーマと、

集団(集合)的なテーマとの間にある、

一種、不思議な、

エネルギー的な結びつきについて、

感覚的な体験を、

深めていくことができます。

 

 

①ワークの方法

 

通常、心理療法のワークでは、

セラピストが、

クライアントの方の主訴を聞き、

当然ですが、

クライアントと直接に、

何らかのやり取り、

働きかけを行なっていくことにより、

ワークを進行させます。

治癒のプロセスを促進します。

 

しかし、

ファミリー・コンステレーションにおいては、

まず、そこが違うのです。

 

セラピストが、

クライアントの主訴を聞いた後、

クライアントの家族や家系等について、

いくつかの質問を行ない、

そのワークで使っていく、

「登場人物」を、

幾人か選定していきます。

(多くは、家系に関係した、両親や親族です。

クライアントが、

実際に会ったことのない人物も含みます)

 

そして、クライアントに、

「本人(自分)役」も含めて、

その登場人物たちの「役」を演じてもらう人=「代理人」を、

ワークショップの参加者の中から、

直観で、選んでもらうよう、要請します。

 

クライアントは、

それぞれの役の「代理人」を、

自分の役も含めて、

数名(人数分)選び、

部屋の中の、ここだと思う場所に、

(登場人物たちの、「関係性」を、感じながら)

空間配置します。

 

そして、そこから、

面白いことですが、

セラピストと、

この代理人たちとによって、

代理人同士のやりとりによって、

ワークが、展開されていくのです。

 

そして、

クライアントは、

それを、横で見ているのです。

 

これは、

心理療法としては、

大変、奇妙な(異様な)光景です。

 

 

②ワークの展開と体験

 

さて、

代理人を演ずる参加者は、

通常、クライアントのことを、

ほとんど知りません。

そのワークショップの当日に、

会場で、初めて会ったからです。

 

しかし、

代理人として、

その、家族・家系関係の「場」の中、

「空間配置」の中に立つと、

他の代理人(家人)との関係が、

エネルギーの強弱、

快不快の身体感覚、

感情的な情報として、

なぜか、感じられてくるのです。

 

その情報を、手がかりに、

セラピストは、

代理人たちとやり取りを進め、

代理人たちに、

空間移動をさせ、

表現を促し、

代理人(家人)の、

からだの向き、

立ち位置や位置関係を、

さまざまに変えて、

調整していきます。

 

そのことにより、

その家系(家族)の、

正しい位置関係や、

その家系(家族)の中で、

排除した(欠落させた)人物やテーマを、

探っていくのです。

 

それは、あたかも、

家系(家族)の関係性自体が、

ひとつの生体として持っている、

自律的なエネルギーを、

ほぐし、伸ばして、

「整列」させるかのように、

展開していきます。

(これを「もつれを解く」と呼びます)

 

そして、ワーク(セッション)では、

その整列・展開の果てに、

クライアントを、

家系(家族)の配置の中に、

招きいれ、

その家族・家系の、

全体のエネルギーを、

正しく流れていくように、

調整していくのです。

 

クライアントに、

自己の家系の存在と、

そのつながりを理解してもらい、

自分の存在の位置を、

深く理解してもらうのです。

 

 

 

さて、

ファミリー・コンステレーションの、

ワーク(セッション)は、

通常の心理療法とは、

まったく進め方も、

体験の質も違います。

 

しかし、

クライアントにとっても、

役を演じた、代理人にとっても、

とても不思議な、

印象深い体験となります。

 

私たちの背後に生きている、

「家系のエネルギーの流れ」という、

よくわからない力が、

何らかのエネルギーとして、

存在していることを、

(自分たちに影響していることを)

体験する、

貴重な機会となるからです。

 

そしてまた、

そのようなテーマが、

一定の心理療法的なセッションの中でも、

実は、浮上していること、

そして、

関わっていくことができることに、

気づくからです。

 

それはまた、

セッションの新たな可能性を、

見出していくことにもなります。

ミンデル博士が、

ワールドワークを、

着想していったようにです。

 

実際、

筆者自身も、

その後の経験の中で、

ファミリー・コンステレーションで、

体験した要素は、

ゲシュタルト療法その他の、

セッションの中でも、

人物たちの場の配置や、

エネルギーの流れにより、

色々と現れていることを、

その後、確認していきました。

 

そして、

ファシリテーションの幅を、

広げていく霊感にもなったのです。

 

 

   

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅱ

スライド2

さて、
「エンプティ・チェアの技法Ⅰ」

では、
一番よく使用されるタイプの、
使用方法とその原理を、
見てみました。

 

誰か実在の人物を、
エンプティ・チェアに置いて、
その人物に、語りかけ、
伝いたいことを伝えたり、
また、相手になってみて、
その気持ちを探ってみるという、
形のものです。

 

また、これとは別に、

ワークが、進行する中で、
クライアントの方の中から出てくる、
心的欲求(感情)を、
エンプティ・チェアに、
展開していく手法があります。
これは、とても効果を発揮する技法です。

ここでは、それについて、
見ていきましょう。


①「複数の欲求(自我)」を知る

私たちは、
「複数の欲求(自我)」を持っていますが、
ほとんど、それらを意識することなく、
生活していることを、

別に、見ました。

そのため、
それらの欲求(自我)が葛藤を起こし、
私たちを苦しめていても、
その解決の糸口が、

なかなかつかめないのです。
私たちが、
「複数の自分」であることに、
無知であるからです。

ここにおいては、何よりもまず、
「真に知る=識る」ことが、
解決の入り口となります。

しかし、

真に「知る=識る」とは、
「解釈=理論」を、

当てはめることではありません。

「真に識る」とは、
対象との、存在的な同調・同化においてしか、
また、全身的な関わり・交わりの中でしか、
なかなか、得られないものなのです。
それは、感覚的な把握に他なりません。

エンプティ・チェアの技法は、
「複数の欲求(自我)」を、
直接的に体験し、
それら自身になり、
それらを内側から識り、
それらを生きることができるがゆえに、
大きな効果を持つものであるのです。


②「複数の欲求(自我)」を切り分け、取り出す

さて、私たちが、
「複数の欲求(自我)」の存在に、
普段、気づけないのは、
それらが、

よく「見えない=認知できない」からです。

それは、喩えると、
あたかも、濁った暗い水面から、
水面下の、
ぼんやりとした鯉(欲求、自我)の影を、

見ているようなものです。

それらを、ぼんやりと、
悶々とした情動の惑乱(衝動、圧迫)として、
感じているだけなのです。

エンプティ・チェアの技法は、
喩えると、この、
「鯉(欲求、自我)」を、一旦、
濁った暗い池から、
「澄んだ生け簀」に、移すようなものです。

そこにおいて、
私たちは、自分の中にある、
さまざまな複数の欲求(自我)を、
目の当たりにすることができるのです。
そして、
それらを、直接見ることや、
体験することが、
できるようになるのです。

実際の使用場面でいうと、
ワークを展開していく中で、
クライアントの方の中に、
2つの自我の葛藤を見出すことがあります。

 

それは、
胸の前で、両手を合わせて、
ギューと押しあっている感じです。

または、
クライアントの方が、
ある感情を表現しようとしている時に、
「ノイズ」のように、
それを妨げる力(存在)を感知する場合があります。

そのような場合に、
クライアントの方に、
それらの存在を指摘し、
それらを、椅子に、
ロール(役)として、
分けて(置いて)みることを、提案していきます。


②各「欲求(自我)」を生ききる
 
葛藤がある場合、
それは、例えば、
胸の前で、両手を合わせて、
「押しあっている」ような感じとしました。

この状態は、それぞれが、
相手を押しているので、喩えると、
二人が「同時に」しゃべっているようなもので、
騒音(欲求・感情)が混じりあっていて、
それぞれの欲求(感情)や、
自我の言い分は、
よくわかりません。

さて、
「押しあっていた両手」の、
片方の手を、いきなり外すと、

どうなるでしょう?

つっかえがはずれて、
もう片方の‎手の力が、バーンと出ます。
ロール(役)を分けるとは、

そのようなことです。

クライアントの方に、
それぞれのロール(役)に分かれてもらい、
片方の欲求(自我)の妨げを

取り除いた状態で、
もう片方の欲求(自我)そのものに

なってもらうのです。

そうすると、
葛藤の時には、体験もできなかったような、
各欲求(自我)の存在が、
バーンと、表に出てくるのです。

そして、
クライアントの方に、

それぞれのロール(役)に、
代わりばんこになってもらい、
欲求(自我)同士の対話を、

進めていってもらうのです。

さて、実は、
各欲求(自我)は、お互い、
相手に言いたいことがあったために、
相手の存在を妨げるという事態が、
起こっていたのです。

そのため、
クライアントの方には、
ロール(役)を分けた状態で、
まず、
それぞれの欲求(感情)の状態を、
十二分に体験してもらいます。


その欲求(自我)が、

「何者」であるのかを、
全身全霊で、

理解・認識してもらいます。

そして、その上で、
欲求(自我)同士の対話を

進めていってもらうのです。

そして、
お互い相手の言い分を、
十分認められるようになると、
葛藤はなくなり、
それぞれの欲求(感情)が、
自分自身になり、
各々で、並存できるようになるのです。

相手の欲求(自我)は、
敵やライバルではなく、
別の機能をもった仲間であると、
分かるようになるからです。

さて、エンプティ・チェアの技法を使った、
ワークは、大体、このような形で、
展開します。
葛藤→分離→対話→統合のプロセスを、
たどっていくのです。

エンプティ・チェアの技法は、
ゲシュタルト療法の代表的なテクニックですが、
大変、有効な技法であり、
単なる心理療法にとどまらない、
応用的な活用が、
可能な手法ともなっているのです。

 

↓実際のセッション(ワーク)は

・セッション(ワーク)の実際

・セッションで得られる効果と成果

 

 

※エンプティ・チェア技法の、

詳細な手順や、応用的な使い方、

また、気づきや変性意識状態についての、

総合的な方法論は、拙著↓

入門ガイド

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

をご覧下さい。

 

※エンプティ・チェアの技法について、

 もっと知りたい方は、専門姉妹サイト

 →「エンプティ・チェア・ワークス」

 

 

↓動画「ゲシュタルト療法 エンプティ・チェアの技法Ⅱ 葛藤解決」

 

動画「ゲシュタルト療法 エンプティ・チェアの技法Ⅰ」

 

↓動画「葛藤解決の方法(ポイント)」

 

↓動画「葛藤解決の方法(ポイント)Ⅱ ネガティブな感情の扱い方」

 

※エンプティ・チェアの技法を、きちんと効果的に使うと↓

 動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」 

 

※エンプティ・チェアの応用的な使い方は↓

 

※エンプティ・チェアの技法の詳細な解説は、コチラ(第二部)↓



エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅰ


エンプティ・チェアの技法は、
心理療法の世界では、
ゲシュタルト療法といえば、
すぐに、
エンプティ・チェアの技法が、
想起されるほどに、
ゲシュタルト療法の
イメージとなっているものです。

 

また、現在では、

コーチングなどでも、

利用されたりしています。

しかし、

この技法の持つ本当の意味合いが、

少し理解されていないようでも、

あるようですので、

ここでは、

原理的な意味も含めて、

解説していきたいと思います。


エンプティ・チェアの技法は、

セッションの中の、

いろいろな場面において、
効果を発揮します。

一番、多く使用される方法は、
誰か実在の人物を、
エンプティ・チェアに置いてみて、
(居ると仮定して)
その人物に、語りかけ、
伝いたいことを伝えるというものです。
また、相手になってみて、
その気持ちを探ってみるという、形のものです。
この技法を、少し見てみましょう。

 


①原理

さて、
心理学で、
「投影」といえば、
私たちが、心的内容を、
外部世界に投影することを、
指しています。

特に、抑圧したものを、
外部世界(他者)に映し出す、
防衛機制を指しています。
エンプティ・チェアの技法は、
この原理を応用したものです。

 

②技法と手順

エンプティ・チェア(空の椅子)の技法は、
クライアントの方と、
ワークを進めるなかで、
クライアントの方にとって、
「或る人物との関係性」が、
重要なテーマであると、

また、
強い感情的な価値(付加)を有していると、
判断された場合に、
まず、提案される技法のひとつです。

(1)まず、
クライアントの方に、
空いている椅子や座布団の上に、
その人が居ると仮定してもらいます。

(2)次に、
その人に、言いたい事を伝えてもらいます。

さて、
簡単に書きましたが、
架空の劇にもかかわらず、
このようなこと自体が、
クライアントの方にとって、
心の負担となる場合もあるので、
慎重なやり取りや、
場の設定が必要なのです。

というのも、この原理は、
上の図のようになっているからです。

 

つまり、
椅子に置く、「その人物」とは、
実は、クライアントの方の、
心的内容(欲求、自我)、
そのものだからです。

仮に「人物A」を置いた場合、
そこに、クライアントの方が見ているのは、
人物Aに投影している、
自分の心的欲求A(自我A)そのものなのです。
(本人は、それに気づかず、そこに、
人物Aそのものを見ていると思っていますが)

そして、この場合、
人物A=心的欲求Aとの「関係性」において、
自分を、ただちに、
心的欲求C(自我C)と同一化します。

ポイントは、ここです。

心的欲求(自我)AとCとの関係性(=カップリング・非対称性)のなかで、
自己のアイデンティティが、
規定されてしまっているのです。

これが、
普段の人間関係のなかでも、
私たちが、
不自由になってしまう理由です。
私たちは、
実在の他人に拘束されているのではなく、
他人に投影している、
自分自身の心的欲求の構造に、
拘束されているのです。
(有名な、
トップドッグ(超自我)とアンダードッグ(下位自我)のカップリング、
世間に多い、加害者と被害者のカップリングも、
心の非対称的な構造として、
クライアントの方の心の中に、
存在しているものなのです)

そのため、
無意識にある、
この心的欲求(自我)AとCとの関係性を、
十分に意識化することや、
その硬化した非対称的な構造(葛藤・緊張)を、
変化(流動化)させることが必要なのです。

そのためには、
この非対称的な拘束のなかで、
緊張凝縮している感情を、
解放していくことが必要なのです。
そうしなければ、
十分な自由や、
気づき awarenessの水準を、
得られないのです。

そのため、
(技法としては)
今同一化している自我Cになった場合は、
そこでの、感情体験を、メッセージを含めて、
十分に、余すところなく、
人物(自我)Aに表現し、伝える必要があります。
(希望、願望、恐れ、不安等々も含め)
それが、自我Cの十全な表現となり、
十全な存在を、導くのです。

もしも、
ここで、 「自我C」に充分、
同一化できていなく、
その情動が十分に表現されない場合は、
「自我C」は、
「自我C」ではなく、
「自我C(-A)」のように、
「Aの存在に毀損されたC」の存在に、
とどまってしまうのです。

そうなると、
非対称的な拘束を脱するのに、
不足が生じてしまうのです。
ここには、
注意深い観察とアプローチが必要です。

(3)役割交替

さて、次に、
クライアントの方に、
Cから、Aの椅子(位置)に、
移動してもらいます。

すると、
クライアントの方は、直ちに、
心的内容(自我)Aに同一化します。

この原理は、催眠で言うところの
アンカリングです。

 

先ほどのCの役の時に、
Aの椅子に、心的欲求(自我) Aを投影していたので、
Aの椅子に、座った時に、
直ちに、Aに同一化するのです。
 
逆に言うと、Cの時に、
Aの椅子に、心的欲求(自我) Aを、
クライアントの方が、
十分に投影できているかが、重要なポイントです。
この投影が、十分になされていないと、
椅子を代わったところで、
十分にAに同一化することができないからです。

そして、
この同一化を通して、
クライアントの方は、
それぞれの自我の欲求や情報を、
深いレベルで得ることができるのです。

そのため、
ファシリテーターは、
クライアントの方が、
それぞれの役の時に、
その心的欲求(自我)に、
十分に(混じり気なく)、
同一化できているかを、
きちんと、確認しなければなりません。
もし、そうでない場合は、
別の心的内容(自我)が、
そこに存在している可能性もあるので、
場合により、
「別のアプローチ(そのⅡ) 葛藤解決」を、
導入検討しないといけないかもしれません。

(4)役割交替の繰り返し

さて、そして、
この役割の交替を、何度か繰り返します。

すると、
同じ意識(気づき)が、
各自我に同一化していくことで、
情報が分断していた、非対称的なAとCの間に、
情報の流通(横断)がつくりだされます。
対称性が生まれだします。

役割交替を、
何回も繰り返す必要性は、
心的欲求の非対称性とは、
クライアントの方の中で、
信念(ビリーフ)や情動として、
役割として強く硬化しているので、
揺するように溶かしていかないと、
なかなか、
それぞれの自我の深いところ(深部)に、
同一化をすることが、
できないからです。

役割交替を繰り返すことで、
エネルギーを流動化させて、
拘束性を振りほどくように熔解しないと、
各自我それ自身(単体)に、
なかなか同一化をすることが、
できないからです。

そして、
クライアントの方自身が、
心的欲求AとCを、十分に切り分けて、
同一化・体験できた後にはじめて、
クライアントの方は、
自分が、いままで、
外部世界や人物に投影していた、
心的欲求AとCの姿に、
気づくことができるのです。

クライアントの方が、
実在するAさんに投影していた、
心的欲求Aの姿を、
自分でも、
アハ体験のように気づき、
驚くのです。
幻想や霧が晴れたように、
すっきりした感じを得ます。
そして同時に、
実在するAさんに投影していた、
心的欲求A自体が、
自分自身のパワーであったことに気づき、
それを、我が物とするのです。

さて、以上が、
エンプティ・チェア(空の椅子)の技法の、
あらましです。

この技法は、さまざまな活用場面を持っており、
また、その効果も絶大です。
そのため、ゲシュタルト療法を超えて、
色々な流派でも、採用されることになったのです。

 

 

※実際のセッション(ワーク)は↓

をご参考ください

・セッション(ワーク)の実際

セッションで得られる効果と成果

 

※関連記事

エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅱ

葛藤解決の方法(ポイント)

葛藤解決 ネガティブな感情の扱い方

 

※エンプティ・チェアの技法について、

 もっと知りたい方は、専門姉妹サイト

 →「エンプティ・チェア・ワークス」

 

※エンプティ・チェア技法の、

詳細な手順や、応用的な使い方については、

気づきと変性意識の方法論である、拙著↓

入門ガイド

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

をご覧下さい。

 

 

↓動画解説 エンプティ・チェアの技法


 

↓動画エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅱ 葛藤解決」

 


※エンプティ・チェアの技法を、きちんと効果的に使うと↓

 動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」

 


※エンプティ・チェアの応用的な使い方は、コチラ↓


 

※エンプティ・チェアの技法の詳細な解説は、コチラ(第二部)↓


 

ゲシュタルト療法 セッション(ワーク)の実際

◆セッションの原理的な普遍性(神話的構造)

 

当スペースのセッションは、

ゲシュタルト療法をベースにして、

瞬間瞬間のからだや心、感覚や感情に、

丁寧に気づいていくという

作業をベースに、

ゆっくりと進んでいきます。

 

そのため、その展開は、

とてもナチュラルな、

人間の生理的な経過を、

たどっていくものと、いえるのです。

 

そして、そのためか、

セッションの体験過程(プロセス)は、

不思議なことに、

私たちに、子供の頃からなじみ深い、

昔話や神話の物語パターンと、

大変、似かよったプロセス(ストーリー)を、

たどっていくことにもなるのです。

 

昔話や神話とは、

長い歴史的な時間をかけて、

人間(人類)が、

自分の心の姿を映し出したものです。

そこには、私たちの、

普遍的な心の姿(構造)が、

映し出されているのです。

 

さて、

セッションで起こってくる、

体験過程、変容過程(プロセス)を見ると、

そこには、

昔からよくある形、

次のようなパターンが、

よく見られます。

 

つまり、

 

「主人公が、

別世界(異界、変性意識状態)に、

冒険に行って、

宝物(力、癒し、人生の秘密、変容)を得て、

元の世界に戻って来る」

 

という、

ストーリーです。

 

冒険譚(英雄の旅)のような物語形式を、

とっているのです。

 

ゲシュタルト療法のセッションは、

そのような物語の旅と類似した、

プロセスを持っているものなのです。

 

この、神話とセッションの、

体験過程との類似性は、

ゲシュタルト療法のセッションが、

人間心理の普遍的な構造に根ざした、

治癒プロセスであることを、

意味しているのです。

 

ゲシュタルト療法の創始者、

フリッツ・パールズが、

自分は、ゲシュタルト療法の創始者ではなく、

再発見者にすぎないと言ったわけです。

 

そのため、

ゲシュタルト療法のセッションは、

心理療法というだけでなく、

深層心理の、

さまざまな領域(可能性)を探索する上でも、

とても有効な方法論となっているのです。

 

それゆえに、

ゲシュタルト療法を深めることは、

心の潜在的な創造力を、

大きく解放するにもつながっていくのです。

 

当スペースが、

ゲシュタルト療法の方法論を、

治癒だけでなく、

願望実現や、潜在能力・創造力の開発に、

フォーカスしている理由でもあります。

 

人生を変えるために、

心の自由や解放だけでなく、

より豊かな創造性や、

成果(アウトプット、アウトカム)を、

生み出したい方にとっては、

最適な方法論となっているわけなのです。

 

 

※神話との類似性が持つ、

深い意味合いは、コチラ↓

→拙著『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法』

→「英雄の旅」

 

 

◆セッション全体の流れ

 

①信頼できる、

 安全な、場の空間づくり

 

…クライアントの方が、

 安心して、

 探求できる空間が、

 つくられます。

 

②あつかうテーマを決める

 

…クライアントの方は、

 セッションであつかうテーマを

 決めていきます。

 

③リラックスして、

 3つの領域の情報に、

 気づきをひろげる。

 

…クライアントの方は、

 テーマに関連して、

 気になる感覚を、

 自己の心身の中に、

 探っていきます。

 

…気になる感覚を、

 見つけます。

 

 

④欲求(感情)に気づき、

 焦点化する。

 

…気になる感覚の、

 背後にあるものを、

 探っていきます。

 

…その真の姿に、

 気づいていきます。

 

 

 

⑤気づきを深め、

 欲求(感情)を展開する。

 体感を通して解決する。

 

…見出した真の姿を、

 存分に表現していきます。

 

…そのエネルギーが、

 クライアントの方を、

 解決と創造、癒しへと、

 導きます。

 

 

 

⑥現実に、より着地(統合)する

 

…新たに見出した、エネルギーと自己を、

 日常生活で活かす方法を、

 確立させます。

 

【目次】

◆前段

①信頼できる、安全な、場の空間づくり
②あつかうテーマを決める
③リラックスして、3つの領域の情報に、気づきをひろげる。
④欲求(感情)に気づき、焦点化する。
⑤気づきを深め、欲求(感情)を展開する。体感を通して解決する
⑥現実に、より着地(統合)する

 

前段 

 

ゲシュタルト療法では、
通常、「ワーク」と呼ばれる、
セッションがあります。
 
ゲシュタルト療法同様の、
米国西海岸系の体験的心理療法では、
クライアントとして、セッションに取り組むことを、
だいたい、「ワークwork(作業)する」と言います。

 

この言い方は、少し乾いた(ドライな)表現と、

思われるかもしれません。

しかし、ここには、

日本のウェットで、

受動的な心理療法が見落としている、

重要な含意があるのです。

 

ワーク(作業)という表現が、

どこに由来するのかは、

定かではありませんが、

古い時代では、秘教的な思想家である、

G・I・グルジェフが、

この言葉を使っていました。

 

グルジェフの含意は、

多く、自動的なロボットでしかない人間を、

機能調整して、目覚めさせていくという、

まさに、乾いた(ドライな)、

能動的な視点からの表現でした。

 

フリッツ・パールズ自身も、

この言葉を使っていましたが、

彼の本を読むと、

(冗談好きな彼らしく)

少し近いニュアンスがあります。

 

つまり、この表現の含意は、

(その背後にある、絶妙なセンスを、

読み取らなければならないのですが)

とても能動的で、

肯定的なものなのです。

 

ワークに取り組む、私たち自身の、

主観的なイメージとしては、

怠惰な自分自身に介入して(より気づき)、

自分自身を、よりよく機能させていこうという、

とても能動的で、積極的な、

意欲の表現でもあるのです。

 

実際、そのような姿勢を持つ、

クライアントの方は、

どんどんと変容していくことに、

なっていきます。

 

さて、ワークは、
クライアント(来談者)の方と、
ファシリテーター(セラピスト)との、
相互のやりとりで、
進行するセッションです。
1セッションは、
大体、30分~90分かけて行ないます。
 
このパートでは、実際に、
ゲシュタルト療法のワークで、
どのような事柄が行なわれるのか、

について、
描いてみたいと思います。
(ワークの大枠の構造的な流れは
「ワークの過程と構造」をご覧ください)
 
ここでは、
ワーク(セッション)の中で、
クライアントの方が、
どのような内的体験をするのか、
また、それが何故、効果を生むのか、
について、
ワークの流れ/プロセスにそって、
描いてみたいと思います。

 

さて、

古典的なゲシュタルト療法は、
グループセラピーですので、
ワークを希望するクライアントの方が挙手をして、
ファシリテーターと、皆の前で、
ワークを行ないます。
個人セッションの場合は、
クライアントの方とファシリテーターと、
二人だけで、
以下のようなことを行なっていきます。
 

 

◆気づき awarenessの力の重要性

 

ところで、

ゲシュタルト療法のセッションでは、

クライアントの方は、

自分の欲求や感情に、

たえず、「気づくawareness」ということを、

行なっていきます。

 

これが、

セッションの核となります。

この「気づきの力」については、

 最近では、

「マインドフルネス」

という言葉とともに、

その本当の力が知られるようになってきました。

 

「気づき」とは、

単なる認知とは違います。

 

「気づき」という機能は、

私たちの通常の日常意識や注意力に対して、

少し、メタ(上位)的な位置と働きを持ち、

それらを統合していく能力を、

持っているものなのです。

 

逆にいうと、

普段、私たちは、そもそも、

気づきを持たない状態で、

生活しているといえます。

 

マインドフルネス瞑想を行なうと、

このこと、ダイレクトに、

気づかれると思います。

 

さて、

フリッツ・パールズは語ります。

 

「『気づく』ことは、

クライエントに自分は感じることができるのだ、

動くことができるのだ、

考えることができるのだということを

自覚させることになる。

『気づく』ということは、

知的で意識的なことではない。

言葉や記憶による『~であった』という状態から、

まさに今しつつある経験へのシフトである。

『気づく』ことは意識に何かを投じてくれる。」
(パールズ『ゲシュタルト療法』倉戸ヨシヤ訳、ナカニシヤ出版)

 

そして、

 

「『気づき』は常に、現在に起こるものであり、

行動への可能性をひらくものである。

決まりきったことや習慣は

学習された機能であり、

それを変えるには

常に新しい気づきが与えられることが

必要である。

何かを変えるには別の方法や考え、

ふるまいの可能性がなければ

変えようということすら考えられない。

『気づき』がなければ

新しい選択の可能性すら思い付かない。

『気づき』と『コンタクト』と『現在』は、

一つのことの違った側面であり、

自己を現実視するプロセスの

違った側面である。」
(パールズ『ゲシュタルト療法』倉戸ヨシヤ訳、ナカニシヤ出版)

 

セッションの中では、

クライアントの方は、

マインドフルネスな静かな自己集中を通して、

このような〈気づき〉の状態を、

まざまざと体験していくこととなります。

そして、

自分が、人生で、

刻々と新しい行動をとれる存在であることを、

深く痛感(納得)していくことになるのです。

 

 

①信頼できる、安全な、場の空間づくり

 

さて、まず、ワークでは、
それが行なわれる空間が、
大切となります。


この、場の空間づくりは、
第一には、ファシリテーターの役割です。
そのため、通常、

ファシリテーター(セラピスト)から、

クライアントの方へ、
以下のような事柄が、説明されます。
 
守秘義務や、
その空間でのルール、
取り決め事項、
その場が信頼できる、
安全な空間であることの保証や、
(グループの場合は)
そのことを実現するための、
参加者への依頼事項などです。
 
クライアントの方は、
そのファシリテーターの存在(質)や、
その場への統制力が、
信頼に足るものであるか否かを、
自分の第一の指標とします。
 
さて、これらのことが、
なぜ、重要なのでしょう?
 
ワークが、
効果的に行なわれるためには、
クライアントの方にとって、
その空間(ワークショップ、セッション・ルーム)が、
「安心できる、守られた空間」であることが、
必須となるからです。
 
それでなければ、
クライアントの方は、
安心し、リラックスして、
自分自身の心の底に、降りていき、
深い感覚や深い感情に、
気づいたり、
触れたりすることなど、
できないからです。
ましてや、話したり、
表現することなどはできません。
 

また、安心できる、

信頼できる空間であると、

クライアントの方自身が、

心の底から感じられたならば、

クライアントの方の中から、

ごく自然な形で、

変性意識状態(ASC)というものが、

現れて来ることとなります。

 

そして、その状態は、

自然治癒のような形で、

クライアントの方の、

内的表現を促し、

癒し(統合)を行なっていく、

セラピーの大きな下支えと

なっていくのです。

 

そのためにも、

信頼できる空間であるか否か、

というのは、

とても重要な要素となっているのです。


クライアントの方は、
この部分については、ぜひ、
ご自分の直観や嗅覚を信じてみて下さい。

 

 

②あつかうテーマを決める
 
通常は、
ワークのはじめに、
クライアントの方は、
その場で、
あつかっていきたいテーマを

提出します。
 
テーマは、基本、
気になっていることなら、
何でもあつかえます。
 
大体は、
ワークのとっかかりに、
クライアントの方が、
今、気になっている

生活上の願望や課題を、
テーマに取り上げることを、

おすすめします。

 

そのように、

今現在、生き生きとしているテーマを、

切り口とすると、

クライアントの方にとって、

深いアウトプット(解決、方向性、治癒)が、

より自然に、得られていくことになるからです。

 

・今、自分が、強く望んでいる事柄

・そのことに関する、心の迷い・葛藤・苦痛
人生の中で、達成したい事柄
・最近(また昔から)、気になること(欲求や悩み)

・人生の選択肢で答えが欲しいこと
などなどです。

 

「今、ここで、心の中で高まってきた事柄」

が、あつかうのにもっとも適したテーマです。

それは、

心自身が発しているシグナルだからです。

 

ところで、セッションに来た時点でも、

実のところ、
クライアントの方自身が、
自分の欲求が何なのか、
明確になっていないケースも、
とても多いものです。

「とりあえず、

何か得られそうなので、

来てみました」

というケースです。

それはそれで、全然、かまいません。

 
そのため、
実際のワークのとっかかり(進め方)としては、
今現在、クライアントの方が、
気になっていること(気持ち、出来事)を、
色々と話していかれる中で、
ファシリテーターが、
その話を受けて、
質問をしたり、ポイントを焦点化することで、
ワークのテーマを、
一緒になって、見つけていくという、

パターンも大変、多いのです。
 
ところで、
ゲシュタルト療法のワークにおいては、
以下に見るように、
「今ここ」の感覚に、焦点化して、
そこで現れてくる欲求(感情)に、

丁寧に気づき、
それをたどっていくことで、
必ず重要な核心に、
たどり着けるという、

考え方があります。

 

そこには、

クライアントの方の心身が、

元々持っている内的なシステム、

自然能力(探索・統合・創造・治癒)への、
大きな信頼があるのです。
 

そのため、

はじめに設定するテーマは、

あまり気にしなくてもいいとも、

いえるのです。

 

 

③リラックスして、3つの領域の情報に、気づきをひろげる。

さて、ここからが、
セッションの、
本編に当たる部分です。
おおよそのテーマや、
方向性が決められた後、
クライアントの方の、
テーマが持つ内実を、
探索していく段階となります。
 
ところで、ワークの最中に、
クライアントの方が、
行なうこと(の第一)といえば、
基本的には、

心を静かにして、

マインドフルネスの状態になり、
自分の奥から湧いてくる、
自分の感覚や、
欲求(感情)の動きに、
気づき続けることだけです。
そして、
気づいた事柄を、
話したり、表現していくことだけです。


ファシリテーターは、
そのシェアを受けて、
その体験をさらに深め、

より深い展開をするための、

さまざまな技法的な提案を、
行なっていくのです。
 
そして、
クライアントの方は、
ファシリテーターの提案に、
興味や好奇心が湧いた場合にのみ、

自分の心の表現として、
それが「ピッタリ来た」「好奇心が湧いた」
「妥当だ」

と感じられた場合にのみ、
それらを、実際、
「行なって」みます。

「実験して」みます。

ご自身で、

「より、やりたいこと」が、

浮かんできた場合は、

それを行なっていきます。

 

さまざまな体験や表現を、

・より感じてみたり、
・より気づきの焦点を当ててみたり、
・より大きく表現してみたり、

していくわけです。
 
また、
「気づいてawareness」いくことに関していえば、
心を、マインドフルネスに澄まして、
「3つの領域」(主に、内部領域、中間領域)で、
湧いてくる欲求(感情)を、
敏感に拾いあげ(ピックアップ)ていくことが、
第一に行なうことです。
 
「3つの領域」とは、
ゲシュタルト療法が考える、
気づきの3つの領域のことです。

①まわりに見える、外部領域、
②肉体の中の感覚である、内部領域、
③思考や空想の行き交う、中間領域です。
(→「気づきの3つの領域」参照)
 
クライアントの方は、
たえず、
自分の内・外・中間で起こる、
感覚や感情のシグナルに、
気づきawarenessを、
向けつづけるわけです。
 

そのため、

ワークの際中、
ファシリテーターは、
しばしば問いかけます。
 
「今、何を感じていますか?」
「今、何に気づいていますか?」
「今、何が起こっていますか?」
 

クライアントの方は、
ワークの進行にあわせて、
さまざまな表現行為を、
試してみますが、
常に戻ってくるのは、
この地点です。

 

この地点が、

ワークの、

アルファであり、

オメガであるのです。


「その感じ(感情)を、よく感じてください」
「その感覚
(感情)に、よく気づいてみてください」
 
このようにも、
ファシリテーターは、

言ったりします。

 

その感覚・感情・欲求に、

より焦点化していただくためです。

 

そここそに、

「答え」

があるからです。
 
今ここで、
自分に起きている、
感覚や感情に、
ただまっすぐに、
気づいていくだけで、

プロセスは、自然に進み、

私たちの統合(治癒)状態というものは、
グッと進んでいくものなのです。
 
自分の内的欲求(感情、快苦)に、

今ここで、
刻々、気づいていること、
そこに、

すべての出発点(答え)が、
あるのです。


ゲシュタルト療法が、
「今ここのセラピー」と、
いわれる所以です。
 

思考や空想や連想に、

流されしてまうのではなく、

それらに流されずに、

それらを、

ただ気づいていくという定点(支点)が、

統合と変容をつくっていく、

ポイントであるのです。

これが、

気づき awarenessの力の、

重要性なのです。

 

 

……

 

さて、このあたりの、

ワークの具体的場面(風景)を、
少し、細かく説明しますと…
 
ファシリテーターは、
要所要所で、
上記のように、
クライアントの方の中で、
起こっている、
欲求(感情)について、
問いかけと確認を、
行なっていきます。
 
クライアントの方は、
自分の感覚を澄まして、
3つの領域の、
さまざまな感覚チャネルでの、
欲求(感情)
に気づいていきます。
そして、
ファシリテーターに、
シェア(報告)をします。
 
▼肉体の感覚・欲求に気づく
→お腹のところに、しこりを感じます。
→肩が重くなったように感じます。
→なにか
ムズムズして、声を出したくなってきました。
 
▼視覚/イメージ/ヴィジョンに気づく
→昔の学校のイメージが浮かびました。
→会社のオフィスが
浮かびました。 

 

▼聴覚/声/言葉に気づく
→こんな言葉が思い浮かびました。
誰かの、こんなセリフが聞こえてきます。
→知り合い(親、友達)が、昔、こんなことを言ってました。
 
▼記憶に気づく
→こんな出来事が浮かんできました。
→こんな夢を思い出しました。
 
クライアントの方のシェア(報告)を受けて、
ファシリテーターは
感覚や感情への焦点化や、
その奥にある、
さらなる欲求(感情)を探るための、
さまざまな提案を行なっていきます。
 
そして、

このようなやり取りの繰り返しの中で、
ワークは、少しずつ進んでいきます。
そして、
これらのプロセスを通して、
クライアントの方の、
自己の内部への潜入が、
どんどんと深まっていくのです。

 

また、その過程で、

クライアントの方は、

変性意識状態(ASC)の中に、

知らず知らずに、

いつの間にか、

入っていくことにもなるのです。

(これが、後々、

クライアントの方が、

ご自身で、

変性意識状態に入っていけるスキルに、

なっていくのです)

 

 

④欲求(感情)に気づき、焦点化する

このような、
相互のやりとりを通して、
ワークは進んでいきますが、
クライアントの方の、
欲求(感情)への探索が、

ある程度深まっていくと、
やがて、
少し強い欲求(感情)の塊に
たどり着くこととなります
 
これが、
クライアントの方が、
普段の日常意識では、

なかなか、つかまえられない、

核心的なテーマであるのです。

 

テーマは、

さまざまな形で存在しています。

 

自分の中の、

複数の欲求(自我、能力、才能)が、

バラバラな方向を向いていたり、

競合状態になっているために、

心にストップや制限をかける

「葛藤状態」や、

過去の出来事の中で、

未消化に終わっているため、

心の中で、ストップをかけている、

「未完了の体験」などです。

 

そして、実は、

心自体というものは、

自然 nature の機能として、

それらの制限を解消(解放)して、

より深いレベルの創造性を、

発揮したいと望んでいるのです。

 

身を振りほどくかのように、

より深い自由を、

実現したいと望んでいるのです。

そのために、

シグナルを、

クライアントの方に、

送って来ているのです。

救い出されるのを待っている、

誰か(何か)のようなものです。

 

そして、実際、

この制限の向こうこそに、

大きな創造力の泉が、

湧いているのです。

それは、これまでの人生の中で、

開かれなかった、

開かずの間なのです。

 

そこにこそ、

世界を変える

魔法の剣が、

眠っているのです。

 

さて、ところで、

ゲシュタルト療法では、

心が、このような制限を超えて、

自由を獲得していくプロセスを、

「行き詰まりの層」「内破の層」から、

「爆発の層」への移行として、

公式化しています。

 

いずれにせよ、

心の中には、そのような、

解放と実現を目指す、

指向性があるということです。

 

この指向性を、

自在にあつかう能力を、

クライアントの方に、

獲得してもらうことが、

セッションの狙いにもなります。

 

そして、

このプロセスを、

丁寧にサポートしていくことが、

ワークの本編になります。

そして、

クライアントの方の、

欲しい答え(解決、治癒、創造)が、

得られていくこととなるのです。

 

ところで、

厳密にいうと、「葛藤状態」や、「未完了の体験」というものは、

幾層にも渡って、層状に重なって、

構成されているものなので、
そのテーマの表面に、
たどり着いたという感じです。

 

ここから、

一皮、一皮、剥いて、

その奥にある核心に、

たどり着いていくというのが、

冒険のような、旅路となります。

 

クライアントの方は、

すでに、

変性意識状態(ASC)の中にいるので、

ごく自然に、スムーズに、

(ワクワクしながら、好奇心をもって)

そのプロセスを、

探索していくことができるのです。

 

クライアントの方は、

後で、振り返ってみて、

まるで、映画の英雄のように、

異界(別世界)に、

行ったような体験だったと、

思うことになるのです。

 

ところで、

ゲシュタルト心理学では、
生体(心身)にとって、
緊急の、必要な事柄が、
「図」となって、
知覚の前景に現れて来ると、
考えます。


実際、
ワークの流れでいうと、
(人間の生体というものは、
よくできたもので)
テーマとなっている欲求(感情)は、
それに関係する欲求(感情)を刺激されると、
あたかも異物を吐き出すかのように、
解決したい、奥の欲求(感情)を、

感覚の前景に、
押し出して来るものなのです。
 
そして、

そのように、より感じ、

気づいていくことで、

ワークの中において、

だんだんと、より、
エネルギーと情報が、

流れていくことになるのです。
 
そして、このような、

気づきと表現の繰り返しの中で、

その感情の正体が、
より、つかめて来ると、
心身の深いところで、
エネルギーと情報が、

より変換・増幅されて、

現れてくることになるのです。

 

肉体的に弛緩が起こったり、
小さなアーハ体験(小さなサトリ)が、

訪れてきます。

 

何かが、
「わかった」感じに、

触れるのです。
 
そして、
その得心(欲求や感情)を、
実際に、外部に、

表現してみたりするのです。
すると、
さらに深い納得が、
身体の感覚としても、
得られていくことになるのです。
 
このようなプロセスの繰り返しで、

核心的なテーマ(「創造力の泉」)に向かって、

クライアントの方の探索は、

進んでいくことになるのです。


◆ゲシュタルト療法の介入技法の意味

 (心を可視化する)
 
ところで、
ゲシュタルト療法といえば、
心理療法の世界では、
「エンプティ・チェア(空の椅子)の技法」や、
「身体の動きを使った技法」など、
比較的派手な?技法が、
イメージされがちです。

これらの技法は、
そもそも、
何を狙ったものかといいいますと、
上で見たような、
感覚(欲求・感情)に潜む情報を、
より明確に焦点化し、
促進するために、
行なわれるものなのです。
 
通常、私たちは、

感情生活において、

悶々とした、混然一体化した
さまざまな感情の塊り(葛藤)状態にあり、
その感情の内訳(明細)を、
あまり明確にはとらえられてはいません。

詳細を気づけていないのです。


また、
ワークの最中においても、
さまざまな多様な感情が行き交い、
感情的な混乱が起こり、
これが、
とらえにくくなる場合もあります。
 
そのため、
内的な欲求(感情)探っていても、
その内奥にあるものを、
的確に取り出すことが、
なかなか難しいのです。
 
そのような時に、
技法的な工夫によって、
「心を可視化」するのが、

各種の技法的介入の目的なのです。

クライアントの方の、
欲求(感情)を焦点化したり、
切り分けたり、
整理したりするために、
各種の技法を使うのです。
 
【例】
「その感覚(気持ち)はどんな姿(形、色、感触、冷熱、硬軟)をしていますか?」
「その感覚はなんと言っていますか?」

「その感覚は、からだのどこにありますか?」

「からだのその部分は、なんと言っていますか?」

からだのその部分と会話できますか?

「たとえば、この椅子に、その○○という気持ちを取り出すことができますか?」
「ここに置いたその気持ちは、どう見えますか?」
「たとえば、○○と言ってみる(表現してみる)のはどうですか?」
「実際に、そう言ってみると、どんな気持ちがしますか?」
 

といったような具合です。

このようにして、
欲求(感情)に、
感覚(身体)的な実体性を、
与えることにより、
心の姿を、
より明確にとらえられるように

なっていくのです。

 

また、
その欲求(感情)を表現して、

さまざまな欲求(感情)同士の対話や交流を、

図ることもできるのです。

そして、このことが、
心理的な解決と統合に、
決定的に作用していくことになるのです。

 

 

気づきを深め、欲求(感情)を展開する。体感を通して解決する
 
さて、通常、
クライアントの方の中で、
気づきが得られ、
感情のシフトが起こり、
小さなアーハ体験が起こった後でも、
また、その下に、
さらに別の欲求(感情)が、
残っている(待機している)ものです。

 

心は、幾層にも渡って、

階層状に、構成されているからです。


それら表層上のものを超えて、

ある程度の、

創造力の泉(爆発の層)に触れられるまでを、

ひとつのセッション(ワーク)の、
目標とします。

ところで、

さきにも触れたように、
人間の場合、

心の内容は、
幾層も、層状に積み重なって、
構造化されています。

そのため、
或る心のテーマ(欲求・感情)が、
気づきと表現を通して、解放されると、
その下から、
さらなる次のテーマ(欲求・感情が、

現れてくるのです。

しかし、

このプロセスの繰り返しにより、
心をより深くまで、
探索していけることとなり、

日常生活では予想もできなかったような、

より深い創造力と問題解決を、
得ることができるのです。

 

そして、

この探索の深まり(次元)の深さが、
通常のカウンセリングや、
コーチング、NLPなどと較べた場合の、
ゲシュタルト療法の持つ、
圧倒的な効果の秘密でもあるのです。

 

 

◆変性意識状態(ASC)へのスキル

 

また、

このように、ワーク中、

自己の感覚に、

深く没頭し、沈み込んでいく過程で、

クライアントの方は、

軽度な変性意識状態(ASC)に、

だんだんと入っていきます。

 

それがゆえに、

普段、気づけないことに、

色々と気づけたり、

普段行なわないような表現を、

実験的に行なえるようになるのです。

これは、変性意識状態(ASC)においては、

エネルギーと情報が、

日常意識よりも、

流動化していくためです。

 

そして、

変性意識状態(ASC)の体験自体が、

クライアントの方の深層にある、

潜在能力を、

活性化していくことにもなります。

クライアントの方を、

創造力的な解放と、自由な統合へと、

いざなっていくのです。

 

 

◆体感を通した表現スキルの獲得

 

ところで、また、

ゲシュタルト療法の特徴ですが、

クライアントの方は、
ファシリテーターの提案で、
気づいたことを、

実際に、
「心身で、体感を通して」
表現していくことになります。

このような、

アウトプット(外在化)の方法が、
クライアントの方の、

心身の組織化を促し、

心理的統合の、
決定的な力となっていくのです。

 

それは、
深い気づきを、

頭の中だけではなく、
実際に、

「物理的に」

表現することは、
心身の深い部分に、
「神経的・脳的・エネルギー的」に、

直接作用するからです。

身体動作を通して、
その体感的なエネルギーを通して、
内部(無意識)の情報を、

物理的・神経的に、
書き換えられるからです。

そのため、
要所要所で、
ファシリテーターは、
クライアントの方の、

物理的な表現を、
促していくことのなるのです。
それはそれが、

とても重要な効力を持つためなのです。

 

そして、

クライアントの方は、

ワークの中で、
このような、
気づきと物理的表現、
小さなアーハ体験を、

繰り返すうちに、

やがて、
ひとつの大きな、

感覚的に、
腑に落ちる段階(地点)に、

創造力の泉に、

到達することとなります。

 

小さな「爆発の層」と

いえるものかもしれません。

 

その地点で、
ひと一区切りの、
創造的解決(解消)が、

もたらされるのです。

 

そして、
クライアントの方の、
気づき、ある種のサトリ、
充実感と統合感、

着地感とをもって、
セッション(ワーク)は、
終了していくこととなるのです。

 

クライアントの方にとって、

その感覚は、

自分の本当にやりたいことを、

葛藤や、妨げなく、

できるように感じられる充実感、

もしくは、

自分の欲求が、

ひとまとまりになったような統合感、

焦点化された「まとまり感」として、

感じられるものであるのです。

 

 

⑥現実に、より着地(統合)する
 
セッション(ワーク)の、
最後の段階では、
クライアントの方の、
深い部分から出て来た、
(まだ柔らかい)
新しい欲求・感情や、統合感を、
日常生活で、
充分に活かしていけるか、
確認を取っていきます。

変性意識状態(ASC)の中で、

とらえられた、

その欲求(感情)感覚が、

日常的現実で、

きちんと活かされるように、
調整活動をとります。
 
新しい心の要素(意欲、能力、欲求)は、
今までの心の態勢の中では、
理由あって、
隠されていた自我の、
要素を含んでいます。
 
そのため、
その新しい自我(意欲、能力、欲求)が、
既存の日常生活の中でも、
しっかりと守られ、
新しい力を発揮できるように、
居場所(結界)と防具を持つことが、
大切なのです。
 
そのため、
セッション(ワーク)の最後の場面では、
時間をかけて、

変性意識状態(ASC)から抜け出ていくとともに、

新しく表出された自我(意欲、能力、欲求)と、
既存の自我との、
現実感ある統合を確認していきます。
 
具体的な手法としては、

現実の実務的な場面とのすり合わせや、
(グループの場合などは)
巡回対話の技法など多々ありますが、

長くなるので、
ここでは、省略しましょう。

しかし、

新しい自我を、

たくましく育てていく方向性として、

とても重要な場面(局面)ではあるのです。

 

 

さて、以上、
少し長くはありましたが、

(単純化して書きましたが)
セッションの、
中核的なプロセスを、
ざっと描いてみました。

 

しかし、
実際のセッション(ワーク)は、
クライアントの方の、
さまざまな想いや逡巡を、

探索しつつ、
あちこちに寄せては返す波のように、
行きつ戻りつしながら、
進んでいくものです。

しかし、
漂流しつつ、展開する、
そのプロセスの背後(核心)には、
クライアントの方が、元来持っている、
パワフルで、素晴らしい、創造力の泉が、
必ず待っているものなのです。

 

そして、

このようなセッションの探索を通じて、

クライアントの方の人生は、

確実に変わっていくものであるのです。

 

 

 

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への、

より総合的な方法論は、拙著↓

入門ガイド

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

をご覧下さい。

 

 

 

動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」↓


プロフィール

freegestaltworks

タグクラウド
ギャラリー
  • 新刊案内『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
  • 新刊案内『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
  • 新刊案内『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
  • 生きる力(エネルギー)の増大 妨げのなさの感覚
  • 「気づかないこと」の選択 マインドフルネスの光明その3
  • 「気づかないこと」の選択 マインドフルネスの光明その3
  • 「気づかないこと」の選択 マインドフルネスの光明その3
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • マインドフルネスの光明その2 無為のゲシュタルト
  • しないことのゲシュタルトへ マインドフルネスの光明
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 気づき・自己想起・至高体験 目標とプロセス
  • 自己想起 self-remembering の効能
  • 登山体験 その意識拡張と変容
  • キース・ジャレットの、覚醒と熱望
  • キース・ジャレットの、覚醒と熱望
  • 気づきawarenessと自己想起self-remembering
  • 気づきawarenessと自己想起self-remembering
  • アイデンティティの極致としての至高体験
  • 「至高体験」の効能と、自己実現
  • 「完全なる体験」の因子と、マズロー
  • 過去に生きるのはやめにして、今、正しいことをしよう
  • 「聖霊」の階層その3 意識の振動レベル
  • 「聖霊」の階層その2 本質(エッセンス)の含有量
  • カスタネダと「世界を止める」
  • 映画『攻殻機動隊』2 疑似体験の迷路と信念体系
  • ホドロフスキー氏とサイコ・シャーマニズム
  • クライストと天使的な速度
  • 聖なるパイプの喩え(メタファー) エネルギーの流通と集中
  • ロートレアモン伯爵と変性意識状態
  • なぜ、セックス・ピストルズは、頭抜けて覚醒的なのか
  • 知覚と感情が編成する、この世界 サブモダリティとエンプティ・チェア
  • リルケの怖るべき天使 〈美〉と変性意識状態
  • 投影された夢の創造的活用 サイケデリック・ビートルズ・エクササイズ
  • 創造と夢見の技法 NLP・ゲシュタルト・夢見 その2
  • 創造と夢見の技法 NLP・ゲシュタルト・夢見 その2
  • NLP(神経言語プログラミング)・ゲシュタルト・夢見
  • NLP(神経言語プログラミング)・ゲシュタルト・夢見
  • 大竹伸朗回顧展『全景』の記憶 無機的な痙攣する熱量
  • 大竹伸朗回顧展『全景』の記憶 無機的な痙攣する熱量
  • 宇宙への隠された通路 アレフとボルヘス
  • 「聖霊」の階層、あるいはメタ・プログラマー ジョン・C・リリーの考察から
  • 『生物都市』と鉱物的な変性意識状態(ASC)
  • サブモダリティの拡張 NLP(神経言語プログラミング)とビートルズ その2
  • 階層を超える創造の飛躍 パブロフの犬か、ベイトソンのイルカか
  • 映画『攻殻機動隊』ゴーストGhostの変性意識
  • 映画『攻殻機動隊』ゴーストGhostの変性意識
  • 底打ち体験と白い夜明け デイヴ・ビクスビー
  • 底打ち体験と白い夜明け デイヴ・ビクスビー
  • モビルスーツと拡張された未来的身体
  • 人生のロロ・トマシ
  • 書籍新刊『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』のご案内