さて、ここでは、

先日(2015.3.1)、来日した、

イギリス、ブリストル出身のバンド、

ザ・ポップ・グループTHE POP GROUPについて、

少し書いてみたいと思います。

 

彼らは、

1970年代末のロック音楽シーン、

パンク、ニューウェーブの流行の中にあって、

音楽面での創造性と

アクティブな姿勢の強さが、

群を抜いていたバンドでした。

 

初期に関わりをもった、

ストラングラーズのメンバーが

当時のTHE POP GROUPは、

物凄いハードロックをやっていたと、

語っていたので、

おそらくそんなところから、

出発したのでしょう。

そこから、バンドの成長とともに、

ダブ、ファンク、フリージャズを、

急速に同化しつつ変態し、

先鋭化していったものと思われます。

 

そんな探求の果てにつくられた、

セカンド・アルバム、

For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?は、

一種の極限的な音楽であり、

ロックという形式を乗り越えていると同時に、

フリー・ミュージック群の中にあってさえ

強度、濃密さ、創造性において、

類い稀なものとなったのです。

一種の僥倖によってできた傑作といえるかもしれません

 

そんな創造的な共同体が、

人間のグループとして、

長期的に維持継続できるわけもなく、

歴史的には、瞬く間に消えたのでした。

 

さて、そんな彼らも、歳とともに、

長年のわだかまりもほぐれたのか、

グループを、再結成することになったのです。

筆者などは、最後に再結成した大物バンドの、

印象を持ったわけです。

(再結成自体、ありえないと思ってましたので)

 

しかし、実際のところ、

再結成などしても、老醜をさらすのが、

世の通例なので、

傑作を創ったバンドのままで、

伝説でいてほしかったというのが、

本音のところでもありました。

 

しかし、

単独来日するとなれば、これもまた、

一応、歴史の目撃者として、

行かなければしょうがないということで、

まったく気乗りのしないままに、

ライブ会場に、おもむいたのでした。

 

しかしながら、予想は大きく裏切られて、

意外にも、彼らは、

「錆びついていなかった」のでした。

 

むしろ、歳に反して、

その精神の生きた尖鋭が、

明瞭に感じとれたのでした。

 

もちろん、音楽に、往年の肉体的テンションを、

求めるべくもありません。

しかし、エッジの鋭さや、切れ味の鮮度は、

こちらの感性を、刺激させる類いのものだったのです。

 

なによりも、歳をとっても鈍らない、

その尖鋭の可能性に、感心したのでした。

 

音楽的には、かつてからあった

タイム感覚の鋭さが、

細部にあり、頼もしさを感じさせました。

 

しかし、歳とった彼らを、

なおも鈍らせないものとは、

なによりも、その音楽的身体と一体化した、

精神的な姿勢だったのでしょう。

そのことが、伝わってきたのでした。

 

ヴォーカルのマーク・スチュワートは、

かつて、インタビューで、

もっとも伝えたいことは

「怒りだ」と答えていました。

 

たしかに、昔のセカンド・アルバムには、

怒りの、苛烈な、乾いた、

〈火の感覚〉が、充ちていました。

 

それは、一種、

不動明王的といってもいいような

精神的な力を感じさせる、

〈火の感覚〉でした。

それは、聖なる憤怒の感覚でも、

あったわけです。

(仏教には、憤怒尊という、

仏の一群がいます)

 

マーク・スチュワートは、

バンドの精神的な側面を、

体現する人物ですが、

その怒りの表現は、彼らを錆びつかせない

エッジを研ぎつづける触媒でも、

あったわけです。

 

 

◆気づきをもった、怒りの効能

 

さて、ゲシュタルト療法が、

心理療法の中では、

「怒りの表現」を、

大事にするのは、特徴的な点です。

 

ゲシュタルト療法では、

気づきとコンタクトした、怒りの表現を、

とても大事なことと、考えています。

 

セッション(ワーク)の中でも、

自分の中にある怒りに気づき、

ごまかさないで、それにコンタクトし、

表現できる能力を、重視します。

 

きちんとコンタクトされ、

統御された表現を得ている、

怒りのエネルギーは、

パワーと健康さの証です。

 

抑圧され、排除された怒り、 

表現されない怒りにこそ、

ゆがみが、病が、

蔓延するのです。

 

表現することを奪われた怒り、

抑圧(弾圧)された怒りは、

解離を起こし、暴力となります。

 

たとえば、テロとは、

怒りの表現ではありません。

怒りの存在(尊厳)や、

表現を奪われた果てに現れた、

絶望の表現です。

 

健康な怒りの表現においては、

それを行なう、主体があります。

テロの絶望においては、

主体が、すでに毀損(破壊)されています。

だから、自爆的なテロもなくならないのです。

そのような、コントロールを失った絶望は、

世界できりなくあるからです。

 

さて、世に蔓延する、

低劣なものに対する、

正しい怒りの感覚や、

怒りの表現は、正義の賦活剤、

精神覚醒の賦活剤、

人間の創造的触媒になります。

 

精神を、錆びつかせないままにする、

尖鋭さとなります。

 

その歴史的偉業と較べれば、

小さなライブハウスで、

ザ・ポップグループは、

そのことを、教えてくれたのです。

 

 


 





→ゲシュタルト療法

変性意識状態とは

創造力開発とは
体験的心理療法

→野生と自然
ホーム