フリー・ゲシュタルトな気づき 流れる虹のマインドフルネス

心理学と変性意識(ASC)を身につけて、 自由さ、創造性、アウトプットを獲得する  …フリー・ゲシュタルト・ワークス 〈流れる虹のマインドフルネス〉で、 あなたのコーチング、カウンセリング、NLP、アート活動に、 プラスαアルファの魔法(技法)を

心理学と変性意識(ASC)を身につけて、
 自由さ、創造性、アウトプットを獲得する
  …フリー・ゲシュタルト・ワークス
〈ゲシュタルト〉と〈流れる虹のマインドフルネス〉で、
 あなたのコーチング・NLP・カウンセリング・アート活動に、
  プラスαアルファの魔法(技法)を

フリー・ゲシュタルト・ワークスは、
「実践的心理学」―ゲシュタルト療法―
をベースに、
・目標達成による願望実現
・卓越したパフォーマンスの発揮
・他人への影響力の増大
・抜きんでたアウトプット(成果、結果)の創出
・自信や意欲の増進・人間関係や心の葛藤解決
・能力と創造性(天才性)の開発
・めざましい直観力の伸長
・意識や知覚力の拡張(変性意識技法の習得)
など、
心の能力を育て、増大するための、
セッションや方法論を、
ご提供しているスクールです。
コーチング・スペース、
セラピー&カウンセリング・スペース、
また、能力・創造性開発の、
マインド・コンサルティング・スペース、
です。
変性意識状態(ASC)と、ゲシュタルト療法)を、
方法論として、
優れたアウトプットを生み出すための、
自由で、創造的なスキルの獲得をサポートしています。
〈流れる虹のマインドフルネス〉へのご招待です。
HP↓
http://www.freegestaltworks.net/
動画チャンネル↓
http://www.youtube.com/c/freegestaltworks
メルマガ登録
【FreeGestalt通信】具現化のための、気づき・変性意識・ゲシュタルト↓
http://lb.benchmarkemail.com//listbuilder/signupnew?jt3QTAdq2aVfFo0YU2HHxv5pwVnAjsSIUrwZ9%252B%252FXrVcQ9amXwphcsh2%252Fe8gwHFKYNyIeD9VsXLU%253D
姉妹サイト↓
https://xstatestech.jimdo.com/
https://emptychairworks.jimdo.com/
本↓
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』(電子版/書籍版)
https://www.freegestaltworks.net/%E6%96%B0%E5%88%8A%E6%A1%88%E5%86%85-%E6%B0%97%E3%81%A5%E3%81%8D%E3%81%A8%E5%A4%89%E6%80%A7%E6%84%8F%E8%AD%98%E3%81%AE%E6%8A%80%E6%B3%95-%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%99%B9%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9/
『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』(電子版/書籍版)
https://www.freegestaltworks.net/%E8%91%97%E4%BD%9C%E7%B4%B9%E4%BB%8B-%E7%A0%82%E7%B5%B5%E2%85%A0-%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E7%9A%84%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B7%E3%82%A3%E3%81%AE%E6%8A%80%E6%B3%95/

twitter↓
https://twitter.com/freegestaltwork

2015年04月

セッションで得られる効果と成果

セッションを通して、各種の方法論を学ぶことで、心の自由と軽やかさ、それらを生みだすスキルが、身についてきます。そして、優れたアウトプットや願望達成が、よりたやすく、できるようになっていきます。

また、獲得された方法論とスキルによって、他の人々に、サポートやセッションを、的確に行なうことが、できるようになっていきます。

 

 

想像してみてください、

 

からだの中に、

いつも溢れるばかりのエネルギーと、

どっしりとした、

自信があり、

ゆったりと充実して、

自分自身の中にやすらっている、

ご自身を。

 

そのように、

「自分自身であること」を、

愉快に、楽しんでいる、

ご自身を。

 

そして、

人の輪の中にいる時も、

一人でいる時も、

自分の中に、

自然で、

たしかな、

〈中心の感覚/価値/力〉があり、

他の何ものに、

わずらわされることなく、

自由で、

のびのびと、

本当にやりたいことに、

150%集中できている、

ご自身を。

 

また、

想像してみてください、

 

ひろがる世界や自然(宇宙)との、

豊かな感覚の交感を、

色鮮やかに感じており、

心の内側においては、

肯定的な力強い感情と愛情、

意欲とやる気、

豊かな発想とイメージが、

こんこんと湧いている、

ご自身を。

 

また、

良い思いつきやアイディアについて、

軽ろやかに、

やすやすと、

すぐに行動を起こしていける、

集中していける、

ご自身を。

 

そして、そのことで、

さまざまな卓越したアウトプット(結果)を、

つぎつぎと生み出しており、

また、

他の人々に対しても、

そのような心の状態やアウトプットをつくり出す、

さまざまなサポートができている、

ご自身を。

 

そのようなご自身であったら、

今、どのような人生を、

生きられているでしょうか?

 

そして、

この人生で、

どのようなものを、

手に入れているでしょうか? 

 

 

 

 

▼当スペースでは、セッション体験を通じて、

 さまざまな方法論やスキルが、得られていきます。

 

 

▼セッションでは、

 3つの方法論(ゲシュタルト療法・コーチング・変性意識)を

 主に使用していきます

 

▼そのため、セッション体験を通じて、

 3つのスキル(心の統合・集中力・変性意識)が、

 育っていきます

 その結果、

 よりたやすく、目標達成ができるようになります

 

 

▼より拡張された意識状態(日常意識+変性意識)が、獲得されていきます。

 

 

 

▼セッション(ワーク)では、

 心の葛藤や分裂が、統合されていき、

 より統合的で、パワフルな自分が体験され、

 獲得されていきます。

 その結果として、

 卓越したアウトプット(結果)が、

 生み出せるようになります。

 ↓

 

▼ゲシュタルト療法で、「生きる力」が増大していきます

 

 

 

 

①普段の私たち

 

・複数の欲求や、

 感情の、

 葛藤状態

 

・やりたい気持ちと、

 止める気持ちの、

 葛藤・分裂

 

   

 

②ゲシュタルト療法

 体験後の状態

 

・欲求や感情の、

 統合状態。

 

・拡充した、

 能動的な意欲。

 

・行動をすぐに、

 起こせるようになる。

 

・冒険や挑戦への

 意欲が、つぎつぎ湧いてくる。

 

 

 

▼ご自身の「意識面」「感情面」「身体面」で、

 効果(変化)が実感されます。

 

 

▼他の人びとをサポートできるスキルが獲得されていきます

 

 

 

◆具体的なテクニックにより、多様な効果と成果が得られます

 

当スペースは、

心理療法(ゲシュタルト療法)の技術をベースとした、

実践的アプローチを使いますので、

単なるものの考え方や、

動機づけだけではなく、具体的なテクニックの中で
実際に「心の状態」に変化が起こり、
心のプログラミングが、
書き換わっていくということが、

起こって来ます。

 

心のプログラム変化が、
恒久的に実現されてしまうのです。

 

そして、それを、

内的な変化のプロセスとともに、

実践的な方法論(技法)として、

学んでいくことになります。

 

「その気になるだけの方法論は、もう飽きた」

という方には、

変化の効果と、方法論的な理解とを、

合わせて実感いただける内容となっています。

 

さて、

このページ(パート)では、

当スペースで、

獲得いただけるものの効果と成果を、

大きく、

 

ご自身の変容(心理的統合・能力アップ)や、アウトプット力の獲得、

他の人々に対して使える、サポート技能の獲得

 

の2つの面に分けて、

解説いたしたいと思います。

 

⑴は、獲得いただけるご自身の中での効果、

⑵は、ビジネス他の場面で、他の人びとに提供いただけるスキルとして、

獲得いただける内容となっています。

 

また、

それらの効果が働く領域を、

私たちの、

「意識的な側面」

「感情的な側面

「身体的な側面

に分けて、

解説いたしたいと思います。

 

 

 

 

さて、

当スペースの方法論は、

「ゲシュタルト療法×コーチング×変性意識状態」

の組み合わせですので、

セッション体験が、深まっていくと、

その効果により、

3つの能力(スキル)が、

核として、育っていくことになります。

以下のものです。

 

・心身の統合(癒し)、生きる力・エネルギーの増大

・心を組織化する力や集中する力

・変性意識状態を利用するスキル(感覚)

 

詳しくは、

→「フリー・ゲシュタルト・ワークスについて」

 ご参照下さい

 

このような能力(スキル)が育つことで、

ご自身の底に、

しっかりと安定した〈中心〉の感覚や、

とらわれのない、

能動的な心のパワー、

優れた創造力が、

生まれてくることになるのです。

 

その結果、

素晴らしいアウトプットが、

多く出せるようになり、

当スペースが、
流れる虹のマインドフルネス
と呼んでいるような、

並外れて、軽やかで、

自由な世界が、
得られるようになるのです。

動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」↓

(1)獲得される能力(スキル)と成果

 

セッションを体験していくと、
ご自身の内的な変化として、

まずは、以下のような成果が得られていきます。
上の図をご覧下さい。


ここでは、

効果の作用する、

心身の側面を、
「意識的な側面」

「感情的な側面

「身体的な側面
の3つに分けて解説したいと思います。

 

さらに、

4つ目の成果として、

上記の3つが、

統合・成長することで、

相乗効果的に、大きく伸長していく、

能力(スキル)的な側面を、

「④能力的な面 創造力面」として、

加えてご説明いたします。



①感情的な側面 「楽しさと積極性が増します」

まず、第一の効果は、

感情面での変化となります。

 

私たちは、感情の生き物です。

感情が変わると、

世界の感じられ方すべてが、

変わっていきます。

 

まず、

セッションを通して、
自分を制限していたり、

妨害してくる、

さまざまな葛藤や心の要素から、

自由になっていきます。

「妨げのなさ」の感覚が、

生まれてくるのです。


心の中の制限や雑音が、

少なくなり、

快適さや楽しさの気持ちが、

増していきます。

 

また、より能動的な、

やる気や意欲が、

ご自分の底から、

溢れるように、

湧いてくることになります。

 

そして、

今まで、バラバラだった、

気持ちや感情、意欲や欲求が、

ひとつに融合してくる感じがするのです。

力強い心のパワーが、

自分の芯の部分に、

できてくる感じがします。

 

「本来の自分自身」に、

なってくる感じがするのです。

 

その結果として、

自分の感情に、(また他人に)

わずらわされることなく、

自分が本当にやりたいことに、

全身全霊で、

集中できるような感覚(エネルギー)が、

生まれてくることになります。

 

そのため、

日々、生きる中でも、

冒険的で、挑戦的な行動が、

できるようになってくるのです。

「妨げのなさ」の感覚が、

ここでも強く感じられます。

 

そして、

内的な安定性、内なる静けさ、

目的に、的確にフォーカスする集中力が、

自分の中に、自然に、

確立されてくることになるのです。



②肉体的な側面 「からだが軽くなります」

ゲシュタルト療法では、

心身一元論的セラピーなので、

心の解放(癒し)と、

肉体の解放(癒し)が、
同時に感じられてきます。

そして、

からだが、軽くなり、

エネルギーが溢れている自分に、

気づいていくことになるのです。

やすやすと、行動が、

起こせるようになっている自分を、

発見するのです。

 

この点は、一般的に、

少しイメージがつきにくい点と、

思われます。

 

そもそも、私たちは、

普段、肉体が、

自分を制限しているとは、

あまり感じていないからです。


しかし、

私たちが、人生で経験してきた、

心のこだわり(制限など)というのは、
緊張や抑制の癖として、

肉体の奥底の残っているのです。

 

心の制限(緊張)と、

肉体の制限(緊張)とは、

平行的に存在しているのです。

 

心が真の解放や、

潜在能力を解放するには、

この肉体の深い部分を、

解放しなければなりません。

 

そして、

セッションでは、

この肉の奥底の緊張が、

心の解放とともに、

なくなっていきます。

肉体が弛緩し、

やわらかく、

しなやかになります。

エネルギーが、

以前より流れだし、

全身が楽になります。

 

そして、

新たなエネルギー分だけ、

人生で使える、

エネルギーの量が、

増大したと感じられのです。

 

物事に安々と挑戦する、

パワフルな自分を、

より感じるようになるのです。



③意識的な側面 「理解し、使えます」

 

◆セルフ・プロデュース力の獲得

 

そして、さらに、
①②の「感情面」「肉体面」の、

変化のプロセスを、
自分の中で、

「意識的」に、

「方法論的」に、

理解していけるいう点が、

当スペースでの、

大きな成果となります。

 

セッションの中では、

気づきの使い方のコツや、

変性意識状態(ASC)へ入るコツ、

変化の仕組みが、

理解できていきます。

 

知的、意識的なレベルにおいても、

どのように変容が、

自分に起きていったのかを、

理解していけるのです。

 

そして、

このことの結果として、

自分の調子が悪くなった時に、

または、もっとパフォーマンスを上げたいときに、

自分に対して、

どのようなアプローチを、

とっていけばよいのかということが、

より分かるようになっていくのです。

 

◆変性意識状態(ASC)へのスキル獲得

 

また、セッション体験を通して、

変性意識状態(ASC)に、

入る感覚をつかんでいくことにまります。

 

そして、

ご自身の潜在意識と交流したり、

活用する感覚が、

だんだんと獲得されてきます。

 

その感覚やスキルが、

自分の中で、

「意識の拡張された」感覚として、

確立されてくることになります。

 

その結果、

ご自分の中にひろがる、

無尽蔵な世界を、

拡張的(透視的)に見るスキルを、

身につけていかれることなるのです。

 

 

④能力的・創造力的な測面 「バージョン・アップした能力が得られます」

 

そして、以上のような、

意識的、感情的、身体的変容の結果として、

よりバージョン・アップして、

パワフルになった、ご自身を、

実感することとなるのです。

 

変性意識状態(ASC)への感覚が、

身につくことで、

意識と無意識(潜在意識)をより結び付け、

イマジネーション(想像力)を、

より引き出すことができるようになります。

 

また、

心が練られて、

心理的な統合が進むのと平行して、

以前は、バラバラな方向に向いていた、

能力や才能も、

練り上げられて、

有機的に統合された実感を、

持つこととなります。

その結果、

自分の能力を方向づけ、

統御する力が、

ついてくることになります。

つまり、

統合力、集中力、

物事を組織化する能力が、

ついて来るのです。

 

そして、そのような能力を持って、

目標にフォーカスして、

卓越したアウトプットを創り出していく力が、

格段に増した感覚を、

得ることとなるのです。

 

 

(2)他者に対して使える、技法(スキル)の獲得

(2)他の人々に対して使える、スキルの獲得


成果のもうひとつの側面は、
(1)で見た、

内的達成(能力・変容)を生み出した方法論を、

身につけることができるという点です。

 

ご自身の変化を通して、

獲得した方法論ですので、

付け焼き刃の知識ではない、

生きたスキルとして、

それらが身につくこととなります。

 

そして、それらを使って、
他の人々に対して、

さまざまなサポートを行なって、

いくことができます。

 

ご自身の体験を通して理解した、

「変化の原理」や、
「気づきの技法」

「促進技法」

「変性意識の技法」を、

他の人々に対しても、
活用できるようになるのです。

そして、

そのアウトプットを創り出す、

サポートができるという点です。

 

その結果、

ビジネスのさまざまな場面で、

クライアントの方や、

他者に向けた、

実効的な技法として、

これらを使っていけることになるです。

各種の能力開発や、

コーチングやセラピーなど、

さまざまな場面で、

ご利用可能なスキルを得ることと、

なるのです。

 

このことは、

ご自身の仕事や人生の、

パフォーマンスを、

より多彩に、

ワンランク上げるように、

成長させていくことにもなるのです。

 

 

以上が、

セッションによって得られる、

成果のあらましとなります。

 

ぜひ、実際にセッションを経験してみて、

その効果や変化の実感を、

味わってみていただければと思います。

 

 

◆ゲシュタルト・アプローチは、なぜ明確な効果が出るのか

◆当スペースの目指す目標

 

「飢えている人に、

魚を与えてあげれば、

その人は、飢えを、しのげる。

しかし、

魚釣りの方法を教えてあげれば、

その人は、

一生、飢えをしのぐことが

できる

 

のことわざは、

その場しぎの対応策でなく、

深い根本レベルの解決を導くスキルを、

獲得いただければ、

その人は、ご自身で、

人生を、まったく違ったものに、

変えていくことができる、ということを、

表現したことわざとなっています。


当スペースで、

獲得していただいている、

ゲシュタルト療法他の、

各種の方法論は、
そのような、根本的な解決の方法論と、

なっています。
つまりは、

「魚釣り」のスキルと、

なっているのです。

そのように、当スペースでは、
その場かぎりの対症療法ではなく、

創造的に課題を解決したり、
優れたアウトプットを出すために、

恒久的に使える方法論を、
クライアントの方に、
獲得していただくことを、

目標としています。

 

そして、

それらのスキルを使って、

さらに、他の人々へ、創造的なサポートを、

行なっていただくことを、

目標としています。

 

そのための各種プログラムを、

ご用意する形となっています。

 

ぜひ、実際に、

セッションを体験して、

その内実を、

ご体験いただければと思います。

お問い合わせ

 

 

メールマガジン登録

【FG通信】具現化のための、気づき・変性意識・ゲシュタルト

  ↓

 コチラ

 

 


※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

 

【PART1 Basic】ゲシュタルト療法

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

 

【PART2 Standard】

気づきと変性意識の技法 基礎編

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

体験的心理療法

NLP 普及・効果・課題

禅と日本的霊性

野生と自然

 

【PART3 Advanced】

気づきと変性意識の技法 上級編

変性意識状態(ASC)の活用

願望と創造性の技法

その他のエッセイ

 

【PART4 当スペース関係】

フリー・ゲシュタルトについて

セッションで得られる効果

 なぜ、ゲシュタルトなのか

メニュー/料金

著作紹介

お問い合わせ

 

アウトプットとゲシュタルト療法Ⅱ

 

さて、

前回は、

ゲシュタルト療法における、

アウトプットの重視に、

ついて書きました。

 

また、それが、

日本文化の同調圧力的な、

抑圧的な世界の中では、

自立能力の育成と、

大きな可能性を持つことについて、

触れました。

 

今回は、

もう少し具体的に、

セッション(ワーク)の中において、

どのように、

表現を育てるのかについて、

書いてみたいと思います。


古典的な、

ゲシュタルト療法では、

やり残した仕事」を、

完了するために、

人生の中で、

未完了の体験となった場面を、

演劇的に再現して、

ロールプレイすることを、

書きました。

 

そして、

再現された場面の中に入っていき、

その時の情景の中に入っていき、

当時の感情になりきって、

「本当は、こう言いたかった」

のようなことを、

実際に言ってみるのです。

また、

行動をとってみるのです。

 

これは、

原理的には、

簡単に見えますが、

実際に体験してみると、

慣れないうちは、

なかなかに、

心理的抵抗が、

大きいのです。

 

芝居だとわかっていても、

想像上の空間だとわかっていても、

なかなかに、

心理的ブロックが

働きます。

動けなくなります。

 

(逆にいうと、実は、

こんな心理的な作用で、

私たちは、

普段の生活で、

動けなくなっているのです。

そのことを実感できます)


そして、

そのような、

再現場面の中で、

「あえて」

「何かを表現してみる」

「何かを言ってみる」

ということを、

やってみます。

 

「リスクを少しとって」

やってみるのです。


それは、決して、

無理に、ではありません。

自分の心が動き、

自分が、興味を持った場合に、

やってみるのです。


実際に、

やってみることは、

ほんの小さな一歩です。

 

しかし、

この一歩は、

決定的な、

「突破の一歩」

となるのです。

 

無意識は、

事実と想像とを区別しないので、

「現実の体験」として、

私たちの心理プログラミングを、

書き換えて(上書きして)しまうのです。


今まで繰り返していた
「ゲーム」を、
少し踏み出したのです。

そして、
「新しいゲーム」
をはじめたのです。

これは、
決定的なことです。

そして、

それは、

「境界を超えていく」

ことになります。

 

私たちに、

新たな自由の可能性を、

照らし出してくれます。

 

そして、

このようなセッション(ワーク)を、

なんども繰り返し、

突破することに慣れ、

表現することに慣れてくることで、

アウトプットと、

個の自立の能力、

治癒と健康の要素も、

促進されていくことと、

なるのです。

 

それは、

私たちに、

人生の、

新しい次元の啓示として、

新しい可能性を、

教えてくれることになるのです。

 


※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。


 
 


【第一部 ゲシュタルト療法関連】

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

体験的心理療法

NLP 普及・効果・課題

 

【第二部 気づきと変性意識】

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

禅と日本的霊性

野生と自然

 

【第四部 当スペース関係】

フリー・ゲシュタルトについて

セッションで得られる効果

メニュー/料金

著作紹介

お問い合わせ

 

アウトプットとゲシュタルト療法Ⅰ

さて、

ゲシュタルト療法を

実際に経験していくと、

おそらく、

それまでの人生で、

あまり経験してこなかったような類いの、

ある「行動」の重点・推奨に、

気づかれると思います。

 

それは、

「表現すること」

または、

「アウトプットすること」

です。

 

これは、

心理療法の技法としても、

特徴的ですし、

また

日本人の文化水準から見ても、

そのように言えるかと思います。

 

なので、

ある意味、

この点で、

ゲシュタルト療法は、

日本人にとって、

敷居が高くなる面があるのと同時に、

逆に、

爆発的な効果を持つという、

ことにもなります。

 

この点が、

ゲシュタルト療法が、

特に、

日本人に対して、

大きな可能性を持つ側面といえます。

 


普通、日本では

「個人として表現する」

とか、

「個としての表現」

というものを、

あまりしない(歓迎しない?)社会です。

 

まわりに合わせて、

自分の個としての表現を、

抑圧しがちです。

集団の中に、

個人が埋没する社会です。

それが、

推奨される社会です。


一方、

ゲシュタルト療法は、

真実の欲求や感情に根ざした、

個としての自立を、

とても重視します。

 

自分が外部から取り込み、

鵜呑みにして、

自分を抑圧している作用を、

否定します。

「ノーと言える能力」

を重視し、

育てます。

そういう面でも、

ゲシュタルト療法では、

個としての能力や、

尊厳を大切にします。

 

ゲシュタルトの祈り」は、

そのような面の、

あらわれでもあります。

 

なので

ゲシュタルト療法では、

その場が、

安全・安心である、

という枠組みがあるからですが、

セッション(ワーク)の中で、

自分の、

「なまの感情」を出したり、

「なまの表現」をすることを、

大いに奨励します。

 

好き嫌いや、

肯定否定を、

明確にうち出すことを、

推奨します。


「実験として」

という枠組みで、

「少しリスクをとって」

さまざまな自己表現することを、

試してもらいます。

そのアウトプットすることが、

個の自立能力を、

高めていくからです。

 

最初は、

おっかなびっくりで、

抵抗があった、

たどたどしい表現も、

手ごたえを感じて、

慣れてくると、

だんだんと、

自分の中心から、

感情表現できるように、

なっていきます。

表現やアウトプットすることに対する、

自信がついてきます。

より、

自発的に表現できるように、

なってきます。

 

個として、

その人らしい表現が、

行なえるように、

なっていきます。

 

それは、

前記したように、

安全な空間で、

実験として、

色々と、

ロールプレイが試せるからです。

 

そして、

身内に育った自信は、

実生活の中や、

人生の選択の中でも、

さまざまに、

役立っていきます。

 

「言うべきか、言わないべきか」の、

どちらかを選ぶ段で、

「あえて言う(表現する)」の方を、

選ぶこと、

(日本人は、たいがい、

言わない方を、選びますが)

それが、

人生の可能性を、

大きく開いていくということを、

経験として、

実体験として、

勘として、

つかんでいきます。

 

そのような、

アウトプットが、

自分の内奥の命を活かす道であるとともに、

他人の魂も覚醒させる道である、

ということに、

気づいていきます。

 

この点だけにおいても、

現代日本人に対して、

ゲシュタルト療法は、

真に必要なミッションを、

持っているとも言えるのです。


フリー・ゲシュタルト・ワークスが、

よって立つ、

大切な視点でもあります。


※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。



 



【第一部 ゲシュタルト療法関連】

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

体験的心理療法

NLP 普及・効果・課題

 

【第二部 気づきと変性意識】

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

禅と日本的霊性

野生と自然

 

【第四部 当スペース関係】

フリー・ゲシュタルトについて

セッションで得られる効果

メニュー/料金

著作紹介

お問い合わせ

 


最新記事
プロフィール

freegestaltworks

タグクラウド
ギャラリー
  • トランスパーソナル心理学・変性意識(ASC)・ゲシュタルト療法
  • 「夢見の像の輝き」と心理的投影
  • 動画解説〔機動戦士ガンダム〕モビルスーツと拡張された未来的身体
  • 夢見と変性意識状態(ASC) つぶやき語録2
  • 動画解説「フロー体験 flow experience」
  • 動画解説「英雄の旅 ヒーローズ・ジャーニー」 
  • 動画解説「拡張された知覚力と意識状態」
  • 動画解説「気づきのメタ要素と創造的な自己の運用」
  • 「体験を編集する」ことと変性意識状態(ASC)
  • 動画解説「『体験を編集する』ことと、変性意識状態(ASC)」
  • 連載8 「物語の力」と変性意識状態(ASC) 頭抜けたアウトプットを出す直接的方法
  • 動画解説「物語の力」と変性意識状態(ASC) 
  • 動画解説「野生の気づき(アウェアネス awareness)と意識拡張」
  • 動画解説「変性意識状態(ASC)と身体感覚の拡張」
  • 動画解説 映画『マトリックス』『攻殻機動隊』 現代的(心理学的)シャーマニズム
  • 動画解説「魔法入門 変性意識活用法その2 現代的(心理学的)シャーマニズム」
  • 動画解説『伝統的なシャーマニズムの世界観について』
  • 動画解説「魔法入門 変性意識活用法 意識拡張と創造性」
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説 得られる効果と成果「心理療法と能力開発」 ゲシュタルト療法 変性意識
  • 動画解説 進化とスキルのロードマップ ゲシュタルト療法 変性意識
  • 動画解説 NLP「学習進化の5段階モデル」
  • 動画解説「映画『攻殻機動隊』ゴーストGhostの変性意識」
  • 動画解説「映画『攻殻機動隊』ゴーストGhostの変性意識」
  • 動画解説「総合サイト案内 フリー・ゲシュタルト・ワークス」
  • 動画解説 【図解】心の構造モデルと変容のポイント
  • 動画解説 ゲシュタルト療法 セッションの効果 意欲と創造力の増大
  • 動画解説 ゲシュタルト療法 概論/目次
  • 動画解説「ゲシュタルト療法 セッション(ワーク)の実際 内容/展開/アウトプット」
  • 新刊案内『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
  • 新刊案内『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
  • 新刊案内『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
  • 生きる力(エネルギー)の増大 妨げのなさの感覚
  • 「気づかないこと」の選択 マインドフルネスの光明その3
  • 「気づかないこと」の選択 マインドフルネスの光明その3
  • 「気づかないこと」の選択 マインドフルネスの光明その3
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • マインドフルネスの光明その2 無為のゲシュタルト
  • しないことのゲシュタルトへ マインドフルネスの光明
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 気づき・自己想起・至高体験 目標とプロセス
  • 自己想起 self-remembering の効能 マインドフルネスと、グルジェフからのヒント
  • 登山体験 その意識拡張と変容 メスナーの言葉
  • キース・ジャレットの覚醒と熱望 グルジェフィアンの面影
  • キース・ジャレットの覚醒と熱望 グルジェフィアンの面影
  • 気づきawarenessと自己想起self-remembering