〈流れる虹のマインドフルネス〉 潜在意識の活用で待ち望んだ飛躍を

潜在意識を科学的に活用する    〈流れる虹のマインドフルネス〉で         人生に待ち望んだ飛躍を創り出す 〈変性意識〉と〈ゲシュタルト療法〉で、     あなたのビジネス、アート、コーチング、カウンセリング、NLPに         本物のつきぬけた魔法(効果)をもたらします

潜在意識を科学的に活用する
   〈流れる虹のマインドフルネス〉で
        人生に待ち望んだ飛躍を創り出す
〈変性意識〉と〈ゲシュタルト療法〉で、
    あなたのビジネス、アート、コーチング、カウンセリング、NLPに
        本物のつきぬけた魔法(効果)をもたらします

フリー・ゲシュタルト・ワークスは、
「実践的心理学」―ゲシュタルト療法―
をベースに、
・目標達成による願望実現
・卓越したパフォーマンスの発揮
・他人への影響力の増大
・抜きんでたアウトプット(成果、結果)の創出
・自信や意欲の増進・人間関係や心の葛藤解決
・能力と創造性(天才性)の開発
・めざましい直観力の伸長
・意識や知覚力の拡張(変性意識技法の習得)
など、
心の能力を育て、増大するための、
セッションや方法論を、
ご提供しているスクールです。
コーチング・スペース、
セラピー&カウンセリング・スペース、
また、能力・創造性開発の、
マインド・コンサルティング・スペース、
です。
変性意識状態(ASC)と、ゲシュタルト療法)を、
方法論として、
優れたアウトプットを生み出すための、
自由で、創造的なスキルの獲得をサポートしています。
〈流れる虹のマインドフルネス〉へのご招待です。
HP↓
http://www.freegestaltworks.net/
動画チャンネル↓
http://www.youtube.com/c/freegestaltworks
メルマガ登録
【FreeGestalt通信】具現化のための、気づき・変性意識・ゲシュタルト↓
https://ux.nu/h1YxW
姉妹サイト↓
https://xstatestech.jimdo.com/
https://emptychairworks.jimdo.com/
本↓
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』(電子版/書籍版)
https://ux.nu/qibgG
『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』(電子版/書籍版)
https://ux.nu/kaoaj
twitter↓
https://twitter.com/freegestaltwork

2014年09月

〈真理〉は、途なき大地であり…

 〈真理〉は、途なき大地であり、いかなる方途、いかなる宗教、いかなる宗派によっても、近づくことのできないものなのです。それが私の見解であり、私はこの見解を絶対的に、かつ無条件に固守します。無限で、いかなる条件づ けも受けず、どんな途によっても接近することのできない〈真理〉は、組織化しえないものであり、また、特定の途をたどるように人を導いたり、強制したりするような、どんな組織体も形成されてはならないのです。もし、あなたがたが、最初にこのことを理解されるなら、ひとつの信念を組織化することが、いかに不 可能であるかがおわかりになるでしょう。信念というのは、純粋に個人的なことがらであって、組織化することはできず、また、してはならないものなのです。 もしそうするなら、それは生命のない結晶体になってしまいます。それは、他人に押しつけずにはすまない教義や宗派、宗教になるのです。

 これこそ、世界中の誰もがしようと試みていることなのです。〈真理〉は狭められ、おとしめられて、無力な者たち、かりそめに不満を感じる者たちの慰みものにされています。〈真理〉を引き下ろすことはできません。むしろ、ひとりひとりが、そこへ上る努力をしなければならないのです。あなたがたは、山頂を谷底へ運ぶことはできないのです。

 

クリシュナムルティ(高橋重敏訳)

 

 


※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

ゲシュタルトは、地球の生成の歴史と同じくらい

私は、ゲシュタルト療法の創始者とよく言われます。それは戯言です。しかし、私をゲシュタルト療法の発見者、もしくは再発見者と呼ぶなら了承できます。ゲシュタルトは、地球の生成の歴史と同じくらい古代からある古いものです。
F・パールズ(倉戸ヨシヤ訳)



※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

【図解】心の構造モデルと変容のポイント 見取り図

能力開発技法として、

変性意識状態(ASC)と心理療法を利用する

 

 

さて、ここでは、

ある心理学的な見方(心のモデル)を、

ご説明することで、

当スペースのアプローチが、

位置している文脈と、

方法論の特徴についての、

解説にしたいと思います。

 

 

①心の構造モデル

 

さて、

「心が、どのようなものであるか」

についての究極的な理解(解答)は、

今現在、人類は持っていません。

 

さまざまな心の病(精神病)と、

言われるものがありますが、

その治療法を見出すことさえ、

できないからです。

 

そのため、

ここで取り上げる仮説も、

当然、究極的なものではありませんが、

筆者自身が、さまざまな体験(実践)を通じて、

構造モデルとして、一定の実効性があると、

考えているもののひとつとなります。

 

 

➁氷山モデル

 

心が、

「氷山」のようである、

というような話を聞いたことが、

あるかもしれません。

 

これは、

フロイトの「精神分析」のように、

人間の心に、

私たちがよく知る「意識」以外に、

広大な「潜在意識」「無意識」が存在している、

という仮説によるものです。

 

つまり、

私たちの意識は、

潜在意識の上に、

少し出た「顕在意識」である、

ということです。

 

氷山は、

その巨大な大きさを、

海面の下に潜めて、

ほんの一部を、

海面の上に出しています。

 

私たちの心も同じだと、

いうわけです。

 

そして、

私たちの本当に深い欲求、

願望、欲望は、

顕在意識の届かない、

深い領域に存在していて、

私たちは、

それらに衝き動かされながら、

生きているというわけなのです。

 

その深い欲求は、

忘れ去られた過去の出来事だったり、

私たちの知らない由来を持っているものだったり、

しているわけです。

 

いずれにせよ、

私たちのよく知る、

「自分自身だ」と思っている、

この顕在意識は、

心の全体の中では、

氷山の一角でしかない、

というわけなのです。

そして、

私たちは、

私たちの本性について、

あまりよく知らない、

ということなのです。

 

また、

そのように考える、

深層心理学の流れでは、

夢というのは、

私たちの潜在意識の表現であると、

考えられています。

 

諸流派によって、

夢の解釈方法や位置づけは変わりますが、

大きくは、そのように、

考えられています。

 

私たちは、

夢を通して、

潜在意識と出会っていくのです。

 

 

 

③変性意識状態(ASC)の存在

 

さて、

「意識とは何か」という、

問題があるのですが、

これも、大問題であり、

一旦、定義を保留しておきます。

 

ただ、この場合の「意識」とは、

顕在意識だけを指すのではなく、

潜在意識も含めた、

意識の本質的要素と、

考えておいていただければと思います。

 

というのも、

ここで取り上げる、

変性意識状態(ASC)とは、

そのことで、

私たちに不可思議な謎を突きつけてくる、

興味深い意識状態であるからです。

 

変性意識状態とは、

(別に一章とっていますが)

私たちの、

この「日常意識」状態以外の、

さまざまな意識状態を意味しています。

 

日常意識以外の、各種の意識状態、
瞑想状態、催眠状態、トランス状態、夢、

ドラッグによるサイケデリック(意識拡張)状態、

神秘体験などなどです。

 

スポーツ選手が、

その最高度の集中力の中で入っていく、

ゾーンZONEという状態があると、

聞いたことがないでしょうか?

 

「ボールが止まって見える」ような、

意識状態です。

これは、フロー体験(flow experience)と

呼ばれる現象であり、

変性意識状態(ASC)と考えてよいものです。

 

上の図で、

「拡張された、非日常的意識」としたものは、

フロー体験のように、

比較的統合された、超意識的な、

変性意識状態(ASC)です。

そのため、

日常意識の上にプロットしました。

 

しかし、

変性意識状態(ASC)は、

定義にもあるように、

もっと漠然とした、

多様な形態を持つものです。

 

実は、私たちは、

普段から、さまざまな機会に、

程度の強弱はありますが、

変性意識状態に、

入り込んでいます。

 

しかし、

社会的に、その意義が理解されていないため、

そのことを、あまりじっくりと、

考えようとしないだけなのです。

 

しかし、人によっては、

強い変性意識状態(ASC)によって、

人生が一変してしまう体験を持つ人も、

一方では、存在しているのです。
(マズローが重視した、

「至高体験 peak-experience」なども

そのようなものです)


 

さて、

そんな変性意識状態(ASC)ですが、

この変性意識状態(ASC)に親しみ、

慣れてくると、

「日常意識」「顕在意識」以外の、

広大な潜在意識の世界に、

少しずつ、知見と体験が深まっていくということが、

起こりはじめます。

そこに、実は、

人生の秘密を解く鍵も含まれているのです。

 

心理療法、

特に、ゲシュタルト療法のような、

体験的心理療法は、

深い変性意識状態(ASC)に入っていくことも多いので、

その感覚が、

だんだんと磨かれていくこととなるのです。

 

 

 

④さまざまなアプローチ方法の区分

 

さて、

顕在意識、日常意識、潜在意識と、

私たちの心の構造モデルの仮説について、

見て来ました。

 

ところで、

普段、私たちが、体験したり、

学んだりしている、

さまざまな心を扱う技法、

コーチングやカウンセリングのことですが、

この心のモデル側から見ると、

ある特定の関わり方(アプローチ)を、

持っているといえます。

 

つまり、

コーチングや、

カウンセリング(ロジャーズ系)は、

基本的に、

クライアントの方の、

顕在意識や日常意識に、

働きかけていく技法だといえます。

 

心理療法の中でも、

行動主義的なアプローチは、

(クライアントの方の無意識を想定しないので、

こういう定義は、不本意でしょうが)

顕在意識や日常意識に、

働きかけていく技法だといえます。

 

一方、

深層心理学系の心理療法や、

催眠療法などは、

クライアントの方の、

顕在意識に働きかけると同時に、

潜在意識にも、

働きかけていく技法だといえます。

そして、そこに、

力動的なダイナミックな働きを、

想定しているのです。

 

下部の方に、

精神医学の領域をプロットしました。

この領域は、投薬などの、

症状の抑制が主なアプローチとなっています。

積極的な技法的介入で、

クライアントの方に働きかけるということは、

行ないません。

 

上の図で、

「拡張された、非日常的意識」とした、

比較的統合された、

変性意識状態(ASC)は、

伝統的には、宗教的な領域が、

受け持ってきました。

 

少なくとも、

近代社会では、

その存在についても無知であったり、

懐疑的であるため、

それを扱う技法も存在していません。

 

しかし、

60年代のサイケデリック(意識拡張)運動以来、

その点の理解も少しずつ進んできました。

 

トランスパーソナル心理学などは、

近代の心理学モデルと、

伝統的な心身モデルとを、

統合しようとした試みだったと、

いえるかもしれません。

 

 

 

⑤当スペースのアプローチ 流れる虹のマインドフルネス

 

さて、

当スペースは、

精神分析由来のゲシュタルト療法という、

アプローチを使う面からも、

クライアントの方の、

顕在意識と潜在意識に同時に働きかける、

アプローチとなっています。

 

また、セッションの中で現れる、

変性意識状態(ASC)を利用する視点からも、

クライアントの方の、

無尽蔵な潜在意識を活かすアプローチと、

なっています。

 

特に、

「拡張された、非日常的意識」

変性意識状態(ASC)を、

統合的に扱っていくことについては、

筆者自身が、

個人的体験で得てきた、

さまざまな知見からも、

他にない、深いアプローチが、

行なえる形となっているのです。

ところで、よく勘違いされる点ですが、

トランスパーソナル(超個的)な意識と、

個的な実存(意識)は、

排除しあうものではありません。

トランスパーソナル(超個的)な意識は、

個的状態を透過しているのです。

それらは併存しているのです。

それが統合されたトランスパーソナル状態

というものなのです。


そのため、

トランスパーソナル(超個的)な体験を

深めれば深めるほど、

それを統合すれば統合するほど、

私たちは、

より「個」としての在り方や充電を、

鮮烈で豊かなものにできるのです


それを、当スペースでは、

状態的にも、技法的にも、

「流れる虹のマインドフルネス」

と総称的に呼んでいるわけです。


そのようなスキルや状態を、

身につけることで、

私たちは、

「流れる虹のような」

彩り鮮やかな、

透視的なリアリティや創造性を、

手に入れることができるからです。


それを、当スペースでは、

状態的にも、技法的にも、

「流れる虹のマインドフルネス」

と総称的に呼んでいます。


そのようなスキルや状態を、

身につけることで、

私たちは、

「流れる虹のような」

彩り鮮やかな、

透視的なリアリティを、

手に入れることができるからです。

 

 

※当スペースの、

気づきや変性意識状態(ASC)を含めた、

より総合的な方法論については、拙著↓

入門ガイド、

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、

深遠な変性意識状態(ASC)事例も含んだ、

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

をご覧下さい。

 

 



われに還る宇宙

 

  核形成という考え方は、塑性物質が、ある姿に固まる性質を理解するうえで役に立つ。第二ステージの場合、この「固着」は粒子そのものである。いっぽう、第六ステージの場合は、目標動物、つがい相手、獲物など、ある強さで狙い定めた対象なり、イメージなりがこれである。(中略)

  人間ないし人間意識にとって、こうした核形成は、ユングが元型と呼ぶものにほかならない。これらは、ある強度charge(チャージは「電荷」と通ずる)を 帯びており、正か負の価を持っていて、心理学用語でいうと、何らかの刺激を引き起こしたり、さまざまな反応パターンないし動因を誘発したりする。人間のよ り大きな発達の中で見れば、これは感情エネルギーの凝縮したものであり、その不可抗力的な力も、けっして克服不可能ではないし、それらを意識の中へ呼び起 こして、そこに捕らえられたエネルギーを解き放つこともできる。

  ほとんどの心理療法は、こうした固着したエネルギーの「核形成」をほぐすことにかかわるが、これは精神エネルギーを自由にしてやる点で、質量を運動エネルギーへと解放することに通じている。


アーサー・M・ヤング(プラブッダ訳)

 

 


※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

エスの本

 

  人間は、決して、この子どもらしさから抜け出すことはありません。人間が、完全におとなになり切ることはないからです。まれに、そう見えることがあっても、表面だけのことです。子どもが、大きい子のまねをするように、ぼくたちは、おとなのまねをしているだけです。

  深 く生きようとすれば、たちまち、ぼくたちは子どもになります。エスには、年齢がありませんし、エスこそは、ぼくたちの本当の姿ですから。最大の悲しみ、あ るいは最高の歓びの瞬間の人間を見てごらん。顔は子どもの顔になり、身振りも子どもらしくなり、声はふたたび柔らかくなり、心臓は子どものときのように躍 り、目は輝くか曇るかします。

  たしかに、ぼくたちはこうしたことを隠そうとしますが、それは明らかです。注意さえすれば、すぐに、気づきます。ぼくたちが、他人のうちのこれほど目立った兆候を見過ごすのは、ぼくたち自身のうちの、それに気づきたくないからです。

 

G・グロデック(岸田秀他訳)

 

 

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

「ワーク」とはⅡ その過程と構造

◆ワークのプロセス(過程)と促進

ゲシュタルト療法のワークは、

クライアントの方の、

内的プロセスに、

そった形で展開していきます。

 

そして、ワークは、

表面的な、紆余曲折の姿の背後に、

人間生体の自律的なプロセスゆえに、

深い部分で、

ある類似した流れと骨組みを持っています。

単純化した図をご覧ください

 

ワークのプロセスは、

核の要素だけを取り出すと、

ゲシュタルトの形成と破壊のサイクルの、

変奏だともいえます。

 

そもそも、

未完了の体験(未完了のゲシュタルト)を、

生み出したのは、

欲求不満によるサイクルの凍結(フリーズ)であるので、

その未完了のゲシュタルトの表出(充足)と破壊のサイクル

という形をとるのです。

 

ここでは、実際のワークが、

どのような手続きをとるのか、

「目的①」の未完了の体験を完了するタイプの、

ワークを例にとって見てみましょう。

 

※「目的②」の葛藤の解消タイプも、

プロセスは、おおよそ同じです。

下段に、図のみ、記載しました。

 

 

1.「入口」(開始)

まず、クライアントの方と、

 ファシリテーターは、

 合意して、ワークという、

 特別な時空に入ります。

↓↓↓

 

2.「感覚・探索

…クライアントの方は、

解決したいテーマに関連して、

自分の中から湧いてくる、

感覚や感情のゲシュタルト(形)に、

注意を向けます。

…ファシリテーターは、探索を促進するための、

焦点化や、提案を行なってきます。

…生体というものは、未完了のゲシュタルトや、

 その付近の感情を刺激されると、

異物を吐き出すかのように、肉中の棘を排出するかのように、

未完了のゲシュタルトを、

知覚の前景に押し出してきます。

おそらく、生体の蠕動運動のためです。

…人は、この内的感覚への没頭の中で、

 軽度な変性意識状態(ASC)に入っていきます。

 そのため、普段は気づけない微細な情報に、

 気づくことができるのです。

↓↓

 

3.「未完了の体験の発見

…そのような中で、クライアントの方は、

 自分の中で、つかえている、

核心的な未完了の(感情や感覚)を、

明確にしていきます。

…または、ファシリテーターが、

 重要なポイントを、色々と焦点化してきます。

↓↓

 

4.「技法的場面設定

…ファシリテーターが、

 その未完了の体験を完了するための、

色々な、技法的な提案を行なってきます。

 「こういうことを行なってみてはどうですか?

 「こう言ってみる(表現してみる)のはどうですか?

 相手や登場人物、言葉や行為等の設定です。

…その設定が、クライアントの方にピッタリと来る場合、

 クライアントの方は、無理のない範囲で、それを行なってみます。

↓↓

 

5.「未完了の体験の完了

…技法的提案内容が、

 クライアントの方に、ピッタリと来るものであった場合、

 クライアントの方は、その実演を通して、

 感情表出と意識化と行ない、

 未完了の体験を完了していきます。

 葛藤と苦痛が消失し、

 アーハ体験や、エネルギーの増大、

 大きな統合感、力の獲得の感じを得ることになります。

↓↓

 

6.「出口」(終了)

ワークという、特別な時空から出ます

 心理療法でいう、「閉じる」プロセスです。

 ワークの内容を完了・主体化して、

 日常的現実に戻ります。

 

さて、前段で、

「生体の自律的プロセス」と書きましたが、

ワークの経過というのは、

クライアントのプロセスをきちんとフォローするかぎり、

音楽的とでもいうような、

類型的な「自然のプロセス」示すものです。

 

ファシリテーターの行なうことは、

このプロセスを阻害しないように、
その名のとおり、
「促進」していくことだけなのです。
 
 

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

 


 ワークのプロセス 2

心身一元論的なアプローチⅡ

「心身一元論的・ボディワーク的アプローチ」より

 


②ゲシュタルト療法における心身一元論的開放

 

さて、ゲシュタルト療法の、

心身一元的論的なアプローチでは、

身体チャンネルを通して、

クライアントの意識しない多様な自我が、

表れてくることを見ました。

 

そして、

ボディ・シグナルを糸口に、

その多様な自我と、

コンタクトすること(技法)についてを見ました。

 

さて、そして、

ここからが重要なのですが、

ゲシュタルト療法においては、

その糸口から、多様な自我の、

深く十全な自己表現、

深い十全な感情表現というものを、

探っていきます。

 

意図せずに、

身体チャンネルに現れる自我とは、

未完のゲシュタルトとして、

やり残した仕事として、

抑圧されていた「自我」だからです。

そして、

その自我に、

十分な表現と存在の場を与えてあげることが、

必要だからです。

 

そして、その感情表現の際に、

この心身一元的な視点が、

とても重要になります。

 

ライヒが、

筋肉の鎧をもつ、防衛的な身体には、

十分な感情体験がないことに気づいたように、

十分な感情体験とは、

十分な身体的運動(表現)が、

ともなうからです。

 

そのため、

ゲシュタルト療法では、

クライアントの方の感情表現の際の、

身体として表現に注目します。

 

身体的な反応や、

ブロックが表れたりする際は、

さまざまなサポートを行ないます。

そして、十分な表出が、

行なわれるようにするのです。

 

そして、実際、

ゲシュタルト療法においては、

クライアントとして、

そのような、心身一元的な、

全身的な、表現活動を繰り返していると、

表現と感情の流れによって、

段々と、

身体のブロックが解除されてきます。

 

身体が変わっていくのが、

実感されます。

呼吸がなめらかになり、

喉や胸がひらき、

骨盤の詰まりがなくなります。

身体の感受性が高まります。

快楽の感度も高まります。

その結果、

使えるエネルギーが増大して、

エネルギッシュになります。

 

(また、目的ではありませんが、

―目的でもいいですが―

年齢も、若く見られるようになります)

 

このように、

体験的心理療法では、

心身一元論的なアプローチが多いのですが、

ワークの進展に従い、

心理的にも、

肉体的(物理的)にも、

全身的な開放が、進んでいくのです。

進化が、

分かりやすい所以です。

 

動画解説「心身一元論的アプローチⅠ」

動画解説「心身一元論的アプローチⅡ」

 



※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

ブックリスト 関連書籍の紹介

◆ゲシュタルト療法/体験心理療法/関連領域

 

『ゲシュタルト療法』F・パールズ/倉戸ヨシヤ訳(ナカニシヤ出版)

『ゲシュタルト療法バーベイティム』F・パールズ/倉戸ヨシヤ訳(ナカニシヤ出版)

『記憶のゴミ箱』F・パールズ/原田成志訳 (新曜社)

『聖なる愚か者』リッキー・リビングストン/吉福伸逸訳(アニマ2001)

『ゲシュタルト・セラピー』トニー・キー他/岡野嘉宏訳(社会産業教育研究所)

『気づき』ジョン・O・スティーブンス/岡野嘉宏訳(社会産業教育研究所)

『ゲシュタルト療法』倉戸ヨシヤ(駿河台出版)

『ゲシュタルト療法入門』倉戸ヨシヤ編(金剛出版)

『気づきのセラピー』百武正嗣(春秋社)

『家族連鎖のセラピー』百武正嗣(春秋社)

『成長のための効果的な方法』E・マーカス/国谷誠朗訳(チーム医療)

『自己実現への再決断』M&Rグールディング/深沢道子訳(星和書店)
『ゲシュタルト・セラピーの手引き』S・ジンジャー/柴田和雄訳 (創元社)

『性格と神経症』C・ナランホ/柳朋子訳 (春秋社)

『エンカウンター・グループ』C・ロジャーズ/畠瀬稔他訳 (創元社)

『生きがいの探求』ウィル・シュッツ/斎藤彰悟,到津守訳(ダイヤモンド社)

『すべてはあなたが選択している』ウィル・シュッツ/池田絵実訳(翔泳社)

『エスリンとアメリカの覚醒』W・T・アンダーソン/伊東博訳 (誠信書房)

『引き裂かれた心と体』A・ローウェン/新里里春他訳 (創元社)

『バイオエナジェティックス』A・ローエン/菅靖彦他訳 (春秋社)

『バイオエナジェティックス』A・ローウェン他/石川中他訳(思索社)

『オルゴン療法がわたしを変えた』O・ビーン/片桐ユズル他訳(アニマ2001)

『ウィルヘルム・ライヒ―生涯と業績』M・シャラフ/村本詔司他訳 (新水社)

『ことばが劈かれるとき』竹内敏晴(筑摩書房)
『原初からの叫び』A・ヤノフ/中山善之訳 (講談社)

『脳を超えて』S・グロフ/菅靖彦他訳 (春秋社)

『自己発見の冒険Ⅰ』S・グロフ/菅靖彦他訳 (春秋社)

『魂の航海術』S・グロフ/菅靖彦訳 (平凡社)

『ハコミセラピー』ロン・クルツ/高尾威廣他訳 (星和書店)

『サイコシンセシス』R・アサジョーリ/国谷誠朗他訳 (誠信書房)

『意志のはたらき』R・アサジョーリ/国谷誠朗他訳 (誠信書房)

『内なる可能性』P・フェルッチ/国谷誠朗他訳 (誠信書房)

『ドリームボディ・ワーク』A・ミンデル/藤見幸雄他訳 (春秋社)

『ドリームボディ』A・ミンデル/藤見幸雄監訳 (誠信書房)

『シャーマンズ・ボディ』A・ミンデル/藤見幸雄他訳 (コスモス・ライブラリー)

『プロセス指向心理学』A・ミンデル/高岡よし子他訳 (春秋社) 

『うしろ向きに馬に乗る』A・ミンデル/藤見幸雄他訳 (春秋社)

『昏睡状態の人と対話する』A・ミンデル/藤見幸雄他訳 (NHKブックス)

『紛争の心理学―融合の炎のワーク』A・ミンデル/青木聡訳(講談社現代新書)  

『プロセス指向のドリームワーク』A・ミンデル/藤見幸雄他訳(春秋社)

『24時間の明晰夢』A・ミンデル/藤見幸雄他訳 (春秋社)

『身体症状に「宇宙の声」を聴く』A・ミンデル/藤見幸雄他訳(日本教文社)

『人間関係にあらわれる未知なるもの』A・ミンデル/富士見幸雄他訳(日本教文社)

『大地の心理学』A・ミンデル/藤見幸雄他訳 (春秋社)

『ワールドワーク』A.ミンデル/富士見 ユキオ他訳 (誠信書房)

『ディープ・デモクラシー』A・ミンデル/富士見ユキオ他訳 (春秋社)

『プロセス・マインド』A・ミンデル/ 青木聡他訳(春秋社)

『メタスキル』エイミー・ミンデル/諸富祥彦他訳(コスモス・ライブラリー)

『痛みと身体の心理学』藤見幸雄 (新潮選書)

『プロセス指向心理学入門』藤見幸雄他 (春秋社)

『アンコモン・セラピー』 J・ヘイリー/高石昇他監訳(二瓶社)

『ミルトン・エリクソンの催眠療法』 J・ヘイリー編/門前進訳(誠信書房)

『ミルトン・エリクソン入門』 W・H・オハンロン/森俊夫他訳(金剛出版)

『ミルトン・エリクソンの催眠テクニック(Ⅰ・Ⅱ)』R・バンドラー、J・グリンダー/浅田仁子訳(春秋社)
『人間コミュニケーションの意味論(Ⅰ・Ⅱ)』R・バンドラー、J・グリンダー/尾川丈一他訳(ナカニシヤ出版)
『あなたを変える神経言語プログラミング』R・バンドラー、J・グリンダー/酒井一夫訳(東京図書)
『神経言語プログラミング』R・バンドラー/酒井一夫訳 (東京図書)

『リフレーミング―心理的枠組の変換~』R・バンドラー、J・グリンダー/吉本武史他訳(星和書店)
『心の扉をひらく』C・アンドレアス他/酒井一夫訳(東京図書)

『NLPヒーローズ・ジャーニー』R・ディルツ、S・ギリガン/浅田仁子訳(春秋社)

『愛という勇気』S・ギリガン/崎尾英子訳 (言叢社)

『ジェネラティブ・トランス』S・ギリガン/上地明彦訳(春秋社)
『身体はトラウマを記録する』B・ヴァン・デア・コーク/柴田裕之訳(紀伊国屋書店)

『アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)第2版』S・C・ヘイズ他/武藤崇他監訳(星和書店)

『ACTを学ぶ』 S・C・ヘイズ他/熊野宏昭他監訳(星和書店)

『ACTをはじめる』 S・C・ヘイズ他//武藤崇他訳(星和書店)

『よくわかるACT』R・ハリス/武藤崇他監訳(星和書店)

『不安障害のためのACT』 G・H・アイファート他/三田村仰他監訳(星和書店)

『関係フレーム理論(RFT)をまなぶ』N・トールネケ武藤崇他監訳(星和書店)

『脱サイコセラピー論』B・ヘリンガー/西澤 起代訳 (メディアート出版)

『愛の法則―親しい関係での絆と均衡』 B・ヘリンガー/チェトナ小林訳 (和尚EJ)

『プレイバックシアター入門』宗像佳代 (明石書店)

『この世とあの世の風通し』加藤清・上野圭一 (春秋社)

『ひき裂かれた自己』R・D・レイン/阪本健二他訳 (みすず書房)

『経験の政治学』R・D・レイン/笠原嘉他訳 (みすず書房)

『生の事実』R・D・レイン/塚本嘉寿他訳 (みすず書房)

『エスの本―無意識の探究』G・グロデック/岸田秀他訳 (誠信書房)

『対象関係論の展開』H・ガントリップ/小此木啓吾他訳 (誠信書房)

『遊ぶことと現実』D・W・ウィニコット/橋本雅雄訳 (岩崎学術出版社)

『情緒発達の精神分析理論』D・W・ウィニコット/牛島定信訳 (岩崎学術出版社)

『追補 精神科診断面接のコツ』神田橋 條治 (岩崎学術出版社) 

『精神療法面接のコツ』神田橋 條治 (岩崎学術出版社) 

『精神科養生のコツ 改訂』神田橋 條治 (岩崎学術出版社) 

『治療のこころ』シリーズ 神田橋 條治 (花クリニック)

『人格障害の精神療法』福島章他編 (金剛出版)

『ものぐさ精神分析』岸田秀 (中公文庫)

『中空構造日本の深層』河合隼雄 (中公文庫)
『母性社会日本の病理』河合隼雄 (講談社+α文庫)

 

 

◆変性意識状態(ASC)その他関連

 

『宗教的経験の諸相(上・下)』W・ジェイムズ/桝田啓三郎訳 (岩波文庫)

『知覚の扉』A・ハクスリー/河村 錠一郎訳(平凡社)

『チベット死者の書 サイケデリック・バージョン』T・リアリー他/菅靖彦訳(八幡書房)

『意識(サイクロン)の中心』ジョン・C・リリー/菅靖彦訳(平河出版社)

『サイエンティスト』ジョン・C・リリー/菅靖彦訳(平河出版社)

『バイオコンピュータとLSD』ジョン・C・リリー/菅靖彦訳(リブロポート)

『ジョン・C・リリィ 生涯を語る』ジョン・C・リリィ他/中田周作訳(筑摩書房) 

『フロー体験 喜びの現象学』M.チクセントミハイ/今村浩明訳(世界思想社)

『フロー体験入門』M.チクセントミハイ/大森弘監訳(世界思想社)
『超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験』S・コトラー/熊谷玲美訳(早川書房)

『極限への旅』ロブ・シュルタイス/近藤純夫訳(日本教文社)

『クンダリニー』ゴーピ・クリシュナ/中島巌訳 (平河出版社)

『意識と本質』井筒俊彦 (岩波文庫)

『イスラム哲学の原像』井筒俊彦 (岩波新書)

『叡知の台座』井筒俊彦他 (岩波書店)

『ユング自伝(1・2)』河合隼雄他訳 (みすず書房)

『ヘルメティック・サークル』M・セラノ/小川捷之,‎永野藤夫訳(みすず書房)

『人間性の最高価値』A.H.マスロー/上田吉一訳(誠信書房)

『死の地帯』ラインホルト・メスナー/尾崎治訳(山と渓谷社)

『明晰夢』S・ラバージ/大林正博訳(春秋社)

『深層からの回帰』S・グロフ他/菅靖彦他訳 (青土社)

『魂の危機を超えて』S・グロフ他/安藤治他訳 (春秋社)

『スピリチュアル・エマージェンシー』S・グロフ他/高岡よし子他訳(春秋社)

『無意識の探険』吉福伸逸 (TBSブリタニカ)

『トランスパーソナル・セラピー入門』吉福伸逸 (平河出版社)

『自我と「力動的基盤」』M・ウォシュバーン/安藤治他訳(雲母書房)

『無境界』K・ウィルバー/吉福伸逸訳 (平河出版社)

『意識のスペクトル 1・2』 K.ウィルバー/吉福伸逸他訳 (春秋社)

『アートマンプロジェクト』K.ウィルバー/吉福伸逸他訳 (春秋社)

『トランスパーソナル心理療法入門』 諸富祥彦編著 (日本評論社)

『チベット死者の書』 川崎信定訳 (筑摩文庫)

『サイケデリックス』D・M・ターナー/本田礼訳 (第三書館)

『ドン・ファン・シリーズ』C・カスタネダ/真崎義博他訳(二見書房、太田出版)

『ローリング・サンダー』ダグ・ボイド/北山耕平訳 (平河出版社)

『アメリカ・インディアンの口承詩』金関寿夫(平凡社)

『シャーマニズム(上・下)』M・エリアーデ/堀一郎訳 (筑摩文庫)
『シャマニズム』U.ハルヴァ/田中克彦訳 (三省堂)

『シャーマンへの道』M・ハーナー/吉福伸逸訳 (平河出版社)

『シャーマニズムの精神人類学』ロジャー・N・ウォルシュ/安藤治他訳(春秋社) 

『聖なる量子力学9つの旅』フレッド・アラン・ウルフ/小沢元彦訳 (徳間書店)

『奇蹟を求めて』P・D・ウスペンスキー/浅井雅志訳 (平河出版社)

『弟子たちに語る』G・I・グルジェフ/前田樹子訳 (めるくまーる)

『夢ヨーガ』タルタン・トゥルク/林久義訳 (ダルマワークス)

『虹と水晶』ナムカイ・ノルブ/永沢哲訳 (法蔵館)

『チベット密教の瞑想法』ナムカイ・ノルブ/永沢哲訳 (法蔵館)

『臨死体験』B・グレイソン他編/笠原敏雄訳 (春秋社)

『死を超えて生きるもの』ゲイリー・ドーア編/井村宏治他訳(春秋社) 

『臨死共有体験』R・ムーディ/堀天作訳 (ヒカルランド)

『オメガ・プロジェクト』ケネス リング/片山陽子訳(春秋社)

『幻覚世界の真実』テレンス・マッケナ/京堂健訳(第三書館)

『神々の糧(ドラッグ)』テレンス・マッケナ/小山田義文他訳 (第三書館)

『ビー・ヒア・ナウ』ラム・ダス他/吉福伸逸他訳 (平河出版社)

『ダス・エナーギ』P・ウィリアムズ/MOKO訳 (春秋社)

『体外への旅』ロバート・A・モンロー/川上友子訳 (ハート出版)

『魂の体外旅行』ロバート・A・モンロー/坂場順子訳 (日本教文社)

『究極の旅』ロバート・A・モンロー/塩崎麻彩子訳 (日本教文社)

『投影された宇宙』M・タルボット/川瀬勝訳 (春秋社)

『われに還る宇宙』アーサー・M・ヤング/プラブッダ訳 (日本教文社)

『変性意識の舞台』菅靖彦 (青土社)

『洗脳体験』二澤雅喜(宝島SUGOI文庫)

 

 

◆その他の関連領域

 

『日本的霊性』鈴木大拙 (角川文庫)

『精神の生態学』G・ベイトソン/佐藤良明訳 (新思索社)

『精神と自然』G・ベイトソン/佐藤良明訳 (新思索社)

『天使のおそれ』G・ベイトソン他/星川淳他訳 (青土社)

『知恵の樹』U・マトゥラーナ他/管啓次郎訳 (ちくま学芸文庫)

『暗黙知の次元』M・ポランニー/高橋勇夫訳 (ちくま学芸文庫)

『知覚の現象学(Ⅰ・Ⅱ)』 M・メルロ=ポンティ/竹内 芳郎他訳 (みすず書房)

『眼と精神』M・メルロ=ポンティ/木田元他訳 (みすず書房)

『自分を信じて生きる―インディアンの方法』松木正 (小学館)

『あるがままの自分を生きていく―インディアンの教え』松木正 (大和書房)

『ビジョン・クエスト』S・フォスター他/高橋裕子訳 (VOICE)

『千の顔をもつ英雄(上・下)』J・キャンベル/平田武靖他訳 (人文書院)

『生きるよすがとしての神話』J・キャンベル/飛田茂雄他訳 (角川書店)

『神話の力』J・キャンベル他/飛田茂雄訳 (早川書房)

『昔話の形態学』V・プロップ/北岡誠司他訳 (水声社)

『通過儀礼』ファン・ヘネップ/綾部恒雄他訳 (岩波文庫)

『儀礼の過程』V・ターナー/冨倉光雄訳 (新思索社)

『ハンテッド』T・ブラウン.Jr/さいとう ひろみ訳 (徳間書店)

『グランドファーザーの生き方』T・ブラウン.Jr/さいとうひろみ訳(ヒカルランド)

『ヴィジョン』T・ブラウン.Jr/さいとう ひろみ訳 (徳間文庫)

『狩猟の哲学』オルテガ イ・ガセー/西沢龍生訳 (吉夏社)

『タントラ 狂気の智慧』C・トゥルンパ/高橋ユリ子他訳 (めるくまーる)

『タントラへの道』C・トゥルンパ/風砂子 デ・アンジェリス訳 (めるくまーる)

『秘められた自由の心』タルタン・トゥルク/林久義訳 (ダルマワークス)

『クリシュナムルティ・目覚めの時代』M・ルティエンス/高橋重敏訳 (めるくまーる)

『自己と組織の創造学』ウィル シュッツ/斎藤彰悟,到津守訳(ダイヤモンド社)

『U理論』C・オットー・シャーマー/中土井僚,由佐美加子訳(英治出版)
『リアリティのダンス』A・ホドロフスキー/青木健史訳(文遊社)

『実験演劇論』J・グロトフスキ/大島勉訳(テアトロ社)

『造形思考(上・下)』P・クレー/土方定一訳(筑摩書房』
『アート・スピリット』ロバート・ヘンライ/野中邦子訳(国書刊行会)

『フリープレイ 人生と芸術におけるインプロヴィゼーション』S・ナハマノヴィッチ/若尾裕訳(フィルムアート社』
『アウトサイダー・アート』(求龍堂)

『ネクロノミコン(Ⅰ・Ⅱ)』H・R・ギーガー/山形浩生訳 (河出書房新社)




※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

マジック…

テイクを繰り返し、

「何が足たりない?」と聞くと―

(キューブリック)は、

「マジックだ」と。

トム・クルーズ





※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

「ワーク」とは Ⅳ 通過儀礼とコミュニタス

さて、

「ワークとは」では、

そのセッションの体験過程について

見ました。

 

ここでは、

その構造とプロセスが、

どのようになっているのかを、

少し普遍的な視点から、

見ていきたいと思います。

 

ここで、

ひとつ参考になるモデルがあります。

人類学者ファン・へネップが記し、

ヴィクター・ターナーが、敷衍した

「通過儀礼」の過程についてのモデルです。

 

それによると、

通過儀礼に参加する者は、

次の3つのプロセスを経て、

通過儀礼を完了していきます。

 

分離・離脱(separation)

周縁・境界(margin/limen)

再統合・集合(aggregation)

です。

 

儀礼の参加者は、

①まず、構造化された日常生活(日常性)から、切り離され、離脱します。

②次に、境界状態(リミナリティ)にある、非構造的・コミュニタス的な存在に、

変容していきます。

この状態は、日常性の文脈(意味)が、

相対化(無化)された、曖昧で、両義的な状態です。

③再び、構造化された世界に戻ってきます。

このようなプロセスを経るというわけです。

 

実は、このようなプロセスは、

ゲシュタルト療法のワーク(セッション)におけるプロセスと、

大変似通ったものと、なっているのです。

 

ワークの体験過程においては、

①まず、ワークのセッション空間に入るということで、

 クライアントは、普段の日常性から切り離され(離脱)ます。

②次に、ワークが、進展していくと、

クライアントは、感覚的な没入状態から、

軽度の変性意識状態に入りこみます。

それは、リミナリティとコミュニタスの領域であり、

そこは、意識と無意識との交流が起こっている状態です。

③ワーク終盤では、無意識からの力(資源)を持ち帰りつつ、

日常的な自我と、統合をはかっていきます。

 

以上のように、

ワークの体験過程自体が、

ある種の通過儀礼的な過程(構造)を、

持っているのです。

 

ところで、

V・ターナーは、上記の過渡的状態、

境界状態(リミナリティ)に現れる、

存在状態を、「コミュニタス」と呼びました。

そして、

社会におけるコミュニタスの機能を、

構造化された日常性や社会に、

対置したわけですが、

そのコミュニタスの特性を、

さまざまに記しています。

 

「コミュニタスは、実存的な性質のものである。

それは、人間の全人格を、他の人間の全人格との関わり合いに、

巻き込むものである」

「コミュニタスは、境界性(リミナリティ)において、

社会構造の裂け目を通って割り込み、

周辺性(マージナリティ)において構造の先端部に入り、

劣位性(インフェリオリティ)において構造の下から押し入ってくる。

それは、ほとんどいたるところで、

聖なるもの、ないし"神聖なるもの"とされている。

恐らく、それが構造化され制度化された諸関係を

支配する規範を超越し、

あるいは解体させるからであり、

また、それには未曾有の力の経験が

ともなうからであろう」

(ターナー『儀礼の過程』冨倉光雄訳 新思索社)

 

ここでは、コミュニタスの力が、

社会の構造を、再編する力として、

さまざまな社会階層から、

流入する姿が描かれていますが、

これは、心のモデルとしても、

同様に見ることができます。

 

既存の日常意識の構造に、

沸騰した無意識の力が交錯し、

心の構造そのものを、

刷新・再編するプロセスです。

 

そして、このことは、

ゲシュタルト療法のワークにおいても、

起こってくるというわけです。 



※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド

※この通過儀礼と、人格的変容の全体像については、

拙著をご覧ください。↓

『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

 

 


【PART1 Basic】ゲシュタルト療法
ゲシュタルト療法【基礎編】
ゲシュタルト療法【実践・技法編】
ゲシュタルト療法【応用編】
「セッション(ワーク)の実際」

【PART2 Standard】
気づきと変性意識の技法 基礎編
変性意識状態(ASC)とは
「英雄の旅」とは
体験的心理療法
NLP 普及・効果・課題
禅と日本的霊性
野生と自然

【PART3 Advanced】
気づきと変性意識の技法 上級編
変性意識状態(ASC)の活用
願望と創造性の技法
その他のエッセイ

【PART4 当スペース関係】
フリー・ゲシュタルトについて
セッションで得られる効果
なぜ、ゲシュタルトなのか
メニュー/料金
著作紹介
メルマガ登録
お問い合わせ




 

夢のワーク ゲシュタルト療法の場合

さて、「夢」は、

無意識にいたる王道とも言われ、

心理療法の各派が

重視しているものです。

 

ゲシュタルト療法においても、

独自の理論や、

ワークの技法を持っています。

 

実際のところ、

ゲシュタルト療法の、

夢のワークは、大変ユニークなもので、

新鮮な気づきを得ることが、

できるものとなっています。

 

ここでは、

その方法論や手順について、

記していきましょう。

 

 

①理論

 

ゲシュタルト療法では、

夢に登場してくる人物や、

事物(風景の含めて)とは、

クライアントの方の「断片化された自我」

であると考えます。

 

クライアントの方の心の全体が、

夢として、

現れていると考えるわけです。

そのため、

通常のワークと同じく、

クライアントの方が、

それぞれの自我の状態をよく体感し

気づきを得て、

自我同士の交流や統合を図っていくことが、

ワークの目的となります。

 

 

②手順1 現在形で話してもらう

 

まずは、

クライアントの方トに、

夢の話をしてもらいます

 

この時、ポイントがあります。

夢の話を、

「現在形で」話してもらうのです。

 

通常、人は、夢の話をする時に、

「~であった。~でした。」と、

過去形で話します。

 

しかし、このワークでは、

それを、夢を見ている当事者になって、

「今~しています」

「今、~が~しています」

と現在形で、話してもらうのです。

 

夢とは、

常に生きつづけている無意識の表現です。

このような話し方に変えることにより、

クライアントの方は、

ダイレクトに感じることができます。

 

また、過去形の回想形式では、

要約されてしまうことによって、

見過ごされてしまう、

小さな場面や細部、

または情動の反応に、

細かく気づくことができるからです。

(クライアントの方の、

反応が顕著な場合は、

そこからすぐに通常のワークに、

うつります)

 

 

③手順2 実演化する(登場人物になる)

 

夢を話してもらった後に、

クライアントの方に、

 

気になる場面を、

ピックアップしてもらいます。

その「場面」を、ワークの素材としていきます。

 

その場面の中で、

クライアントの方が「気になる」、

色々な登場人物や事物を、

エンプティ・チェアに置いていきます。

 

そして、エンプティ・チェアのワークと同様に、

その役に、なってもらい、

その夢人物の背後に、

とのような欲求や自我がひそんでいるか、

探っていきます。

 

エンプティ・チェアのワークと同様に、

出てくるプロセスにしたがって、

ワークを展開していきます。

 

ところで、

通常、夢の中で現れる自分=主体は、

普段の日常的現実の中で、

自分が同一化しがちな自分です。

 

一方、自分以外の他者・事物は、

大概、自分が排除し、切り離してdisownいたり

周縁化marginalizeしている、

自我が多いものです。

 

しかし、実際に、

それらの自我状態になってみると(同一化してみると)、

それは、大概、秘めた智慧を持っており、

現在の人生に対する、

さまざまな(実存的な)ヒントを与えてくれることが、

多いのです。

 

さて、以上が、

ゲシュタルト療法における

夢のワークの進め方のあらましとなります。

 

夢のワークは、

実際に体験してみると、

私たちの心の中の、

深い智慧や可能性を知る、

新鮮な機会となります。

 

また、

私たちの内的世界への信頼を深め、

内なる創造力に接触する機会にも、

なるのです。

 


※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

ビジョン・クエスト…

グラハム 

 

 彼はいいやつで―そして、ヘロイン中毒だった。ビジョン・クエストのことをはじめて聞いたのは、元中毒者(ジャンキー)たちの治療コミュニティにいた頃である。最初から、彼は自分の力試しとして、大自然の力とともに、ひとりで過ごすことに、誰よりも熱意を示していた。カウンセラーたちも皆、それが彼にとって、有益だろうと口をそろえた。

 社交上は、彼はスターだった。活力に満ちた魅力的な男性で、気取らず、知性をもって話した。しかし、ひとたび、治療コニュニティの支援組織や友人たちと別れ、一人サン・ラファエロの街頭へ、昔のヤク仲間たちがひと嗅ぎやろうぜと待ち伏せ、彼も自分たちと同類なんだということをなんとか証明しようと手ぐすねひいているところに戻ったとき、彼がどうするか、誰にも分からなかった。

  だから、彼は、治療コミュニティの友達連中を伴って、ネバダ州トイヤベ山脈のリーズ川源流へと赴いた。カウンセラーのアルと看護婦のアンジェラ(必要に応 じてメタドンを投与するため)も同行した。そこにいる間、彼は蛇がぬくもった岩にすり寄っていくように、山々になついた。アッパー・ソーミル・クリークの 土手で拾ってきたミミズを持って、レインボウズ川とイースタン川で、自分の限界に挑戦した。柳の木のうろで寝た。小谷を登っては、矢じりを握って帰って来 た。馬のように食べ、子羊のよう眠った。「これこそ、ぼくにぴったりの生活だ」と、彼は宣言し、カウボーイになるんだと話していた。彼が、治療コミュニティにおけるスターだとしたら、高地の荒れ野では、一輪の花だった。

  ビジョン・クエストから戻ってきたとき、彼はひとまわり大きくなっていた。自己を試し、自己を分析するいい時間を過ごしたのだった。晩夏の陽光は力強く、 純粋だ。彼の肉体の不純物を焼き尽くした。断食は、内側から、彼を浄めた。彼は、川の近くに生えていた茂みから、野生のローズヒップを摘み、濃く甘やかな ハーブティをいれた。その眼は澄んで、動物のそれのように機敏だったし、体は引き締まり、こんがりと焼けていた。とにかく、とんでもなくいい状態のよう だった。

 その夜、分かち合いとおびただしいみやげ話のあと、彼はもう戻らないつもりだ、とみんなに告げた。都会にはもうなんの興味もない。ここにとどまって、場合によっては谷間の牧場かどこかで雇われてもいい。

  それから私たちは、帰ることについてじっくり語り合った。たき火は、芳しいジュニパーの香りを吸い込み、星々は忘却を誘う砂原の上をゆっくりと踊りながら 横切っていく。帰ってモンスターに直面することへの恐怖こそ、本当のモンスターなのだ、というのが私たちの結論だった。

 翌朝、私たちは出発した。この時は、悲しかった。峡谷の斜面を登っていくとき、川は、緑色の蛇が柳の皮を脱いでいるかのようにキラキラときらめいていた。「ここで学んだことは決して忘れない」とグラハムは誓った。

  一ヵ月後、彼は治療コミュニティを卒業して、サン・ラファエロに戻り、パタルマで養鶏場の清掃の仕事について暮らし始めた。仕事場へはバスで通勤し、毎晩 ぐったりと疲れて帰宅した。彼にヘロインの手ほどきをした昔のガールフレンドと、よりを戻した。でも、ヤクはやっていないよ、と私たちには話していた。

  私は二度ほど、彼の住まいに立ち寄った。窓がなく、部屋の片隅にテレビがあるだけの気が滅入るようなアパートだった。もう一方の隅には神殿ができていた― 祭壇の絵の前に鹿の頭蓋骨―、一対の枝角、黒曜石の細片とビジョン・クエストの写真や記念の品を飾ったものである。彼はポイント・レヤやヨセミテへ行こう かと思う、とあいまいに話していたが、自分をすり減らしていくような今の生活に対する自己嫌悪にどっぷり漬かり、無力感にとらわれた様子だった。煙草をふ かし続けていた。

 二ヶ月ほどして、彼のことが新聞に載った。ガールフレンドと一緒に、盗品と「量不明のヘロイン」所持で捕まったのだ。そして、刑務所に舞い戻った。スタート地点に戻ったわけだ。

 長い間、彼の消息は知れなかった。そして三年後、私たちは高速道路ですれ違った。彼は、古いけれどまともな小型トラックの荷台に道具箱をのせて走っていた。「やあ」とやや興奮した感じで声をかけてきた。「やあ!」と私も叫び返した。「どうしてる?」

 彼は窓から頭を突き出し、満面に笑みを浮かべてどなった。「足洗ったよ!


 S・フォスター&M・リトル『ビジョン・クエスト』(高橋裕子訳)





※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

 

 

人生の迷い道…

道で迷う体験は、もっとも中身の濃い、豊かな体験です。

なぜなら、自分にとって未知であった、

未開発の自分の能力を発見・開発するチャンスだからです。

ちなみに、最終的に大きな充実した人生に到達した人々は、

例外なく、人生の迷い道の体験を持っています。

それなしで大成した人はいません。

神田橋條治

 

内側へ注意を向け変える練習を続けてゆくと、

ある時点で「気持ちがいい」という感じが変化することがあります。

苦しみや悲しみを包み込んだ「気持ちがいい」に変わるというか

進化(深化)した感じです。

その気分は「気持ちがいい」という言葉よりも、

「充実」とか「定まる」とか「自己肯定」とかの言葉がなじみます。

その気分はまた、芯のところに興奮があり、

それを、厚みのある静けさが包み込んでいる

という感じでもあります。

神田橋條治

 



※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

 

たまきはる…

 

たまきはる曠野のいのち夏草をおほひて遠く果てきいくさは

村上一郎

 

 

たまきはるいのち生きむと思ふ日のわが道はかたくただかたくあれ

村上一郎

 




※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
をご覧下さい。
 

覚醒とは…

覚醒とは、太陽にもっとも近い傷口である

ルネ・シャール




※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

自己啓発セミナーとは

_SL500_

さて、

体験的心理療法の説明をすると、

人によっては、

かつて流行し、社会問題にもなった、

「自己啓発セミナー」を連想したりします。

ここでは、その関連について、

考えてみたいと思います。

 

 

◆自己啓発セミナーの系列

 

日本で広まり、現在も、

多く系列が残っているもの(大部分)は、

ライフダイナミック社のものです。

これは、おそらく、その名のとおり、

アメリカの「マインドダイナミックス」と

「ライフスプリング」とを合わせたものでしょう。

 

また、自己啓発セミナーを語る言葉の中に、

ベトナム帰還兵用プログラム云々というものがありますが、

実際のプログラムを見ても、

戦争後遺症をケアできる内容などないので、

おそらく、作為的な作り話か、都市伝説でしょう。

また、同じく、プログラムのデザインに、

ゲシュタルト療法家が関わったという記述もありますが、

ゲシュタルト療法家といっても、

昨今のNLPer(NLP実践家)のように、

当時は、ゲシュタルト療法家も、

雨後の筍のようにいたでしょうから、

実質的には、意味のない肩書きでしょう。

(ゲシュタルト療法では、そもそも、

その時の、クライアントの内的欲求に従わない表現は、

行なわないものです)

 

 

◆洗脳的プログラムとは ―「複数の自我」について

 

さて、自己啓発セミナーに関係して、

よく「洗脳」という言葉が使われます。

(上記、ライフダイナミック社のセミナーについて

ルポも、『洗脳体験』という書名でした)

 

この洗脳について、

一般的なイメージ(理解)に、少しズレがあるので、

記しておきたいと思います。

 

一般に、「洗脳」というと、

何もないところ(人)に、

任意の情報を流し込んで、

その人(被洗脳者)を、

こちら(洗脳者)の意のままにプログラミングしてしまう、

というイメージがあります。

しかしながら、

それは少し違います。

 

洗脳的な症状が、生じる場合、

そこには必ず、事前に、

その人(被洗脳者)の内部に、

潜在的に、「洗脳に呼応する因子(欲求、自我)」が、

微少であれ、あらかじめ存在しているのです。

無からの、洗脳ということは起こらないのです。

(→「複数の自我」)

 

そして、

その人の、その欲求(自我)部分が、

ある状況の中で、プログラムの力を借りて、

急激に覚醒して、

他の欲求(自我)を圧倒することにより、

洗脳的な症状が現れて来るのです。

 

しかし、実際のところは、

その欲求(自我)部分は、そういったニーズを、

どこかで潜在的に持っていたのです。

 

私たちの中には、

さまざまな欲求(自我)の潜伏と、

ニーズがあるものです。

それ自体は、問題ではありません。

その分裂と歪み、気づきの欠如が、

問題的であるのです。

 

洗脳者側は、

人々潜在的な欲求を、

類型的・直感的に知っており、

その欲求が、

自分たちのプログラムによって、

誘導・強化されるように操作を行なっていくのです。

また、コミットメントを深めるように、

物語化を行なうのです。

 

さて、

この洗脳に呼応する欲求(自我)は、

人格の全体性の中では、

「部分的」なものです。

そのため、通常は、ある程度、時間が経つと、

心の全体性の中で、

その突出した欲求(自我)部分は弱体化して、

霧散していきます。

心の全体は、基本的には調整機能があるからです。

 

普通は、洗脳状態は、

心の全体性の中では「不自然」であるがゆえに、

自然のプロセスの中で解消されていきます。

そのため、

洗脳を維持するには、

ある種の「不自然な強化」が必要となります。

そのための仕掛けを、

自己啓発セミナーの主催者は、

理解しているわけです。

「勧誘活動」などはその動機付けです。

 

他者への勧誘活動とその達成によって、

その欲求(自我)部分が、生き残れるように、

主催者は、動機付けを行ないます。

そのため、

その欲求(自我)部分は、自己が生き残るために、

必死に、他者への勧誘活動を行なうわけです。

勧誘が成功すれば、その分だけ、

その欲求(自我)は、生きながらえられるので、

強迫的に、次の勧誘に挑みます。

こうして、勧誘と動機付けの、

サイクルが形成されていきます。

  

 

自己啓発セミナーと体験的心理療法との違い

 

さて、それでは、

自己啓発セミナーと、

通常の体験的心理療法の違いは、

どこにあるのでしょうか?

 

一番の大きな違いは、

欲求(自我)の自発的プロセスです。

 

自己啓発セミナーでは、

体験的心理療法で起こって来るような、

真の自発性的な欲求プロセスが生じないのです。

 

洗脳的なセミナーの特異な力(効果)は、

参加者の、セミナーに呼応する欲求(自我)が、

プログラムの力を借りて、

日常的な自分(その他の欲求・自我)を、

圧倒することにあります。
 

しかし、

借り物の力(枠組み)による、

部分的自我の解放には、

つねに操作的・恣意的な要素があるため、

ニセの解放という印象が残ります。

 

そのため、それは、

中途半端な、

「部分的」「表層的な」解放に、

とどまざるを得ないのです。

深部から湧出して来る、

自発的で全体的な、人格的解放は起きないのです。

 

それが、自己啓発セミナーが、

「なぜ、本当には深まらないのか」

の理由です。

 

「変化は起こすものではなく、起こるものだ」

とは、フリッツ・パールズの言葉です。

 

そのため、

自己啓発セミナーでは、

真に深いレベルでの人格的変容は起こらないのです。

 

しかしながら、

体験的心理療法を行なう者は、

自己啓発セミナーの仕組みや、

それが、何故、相変わらず、

人を惹きつけるのかを、

よく研究する必要があります。

そこには、

現代社会が欠落させているものつけ込む

周到な方法論が、

考えられているからです。


関連記事

日本のNLP(神経言語プログラミング)は、なぜ退屈なのか




※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

 

【PART1 Basic】ゲシュタルト療法
ゲシュタルト療法【基礎編】
ゲシュタルト療法【実践・技法編】
ゲシュタルト療法【応用編】
「セッション(ワーク)の実際」

【PART2 Standard】
気づきと変性意識の技法 基礎編
変性意識状態(ASC)とは
「英雄の旅」とは
体験的心理療法
NLP 普及・効果・課題
禅と日本的霊性
野生と自然

【PART3 Advanced】
気づきと変性意識の技法 上級編
変性意識状態(ASC)の活用
願望と創造性の技法
その他のエッセイ

【PART4 当スペース関係】
フリー・ゲシュタルトについて
セッションで得られる効果
なぜ、ゲシュタルトなのか
メニュー/料金
著作紹介
メルマガ登録
お問い合わせ

NLP 神経言語プログラミングとは 天才のモデリング技法  ―普及・効果・課題

NLP(神経言語プログラミング
Neuro-Linguistic Programming)は、
リチャード・バンドラー博士と、
ジョン・グリンダー博士によって、
創始された能力開発技法です。

彼らが、天才的な人々、
ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズ、
催眠療法家のミルトン・エリクソン、
家族療法家のバージニア・サティアらの、
治療技法をモデリングし、
そのエッセンスを、方法論化したものです。

NLPについては、

日本に導入されてから、

20年近くが経ち、

スクールも書籍も、

非常に多くなっており、

だいぶ、認知もひろがってきましたので、

ここでは、当スペースの視点から、

見ていきたいと思います。

 

というのも、

導入初期にあった不足(欠陥)が、

修正されずに、

そのまま広まってしまったため、

現在では、

NLP(神経言語プログラミング)も、

多くの輸入品(メソッド)にありがちな浅知恵のまま、

退潮?しようとするかにも、

見えるからです。

それは、大変、

もったいないことでもあるのです。

 

特に、NLPを、

その発生の源までさかのぼって、

(創造的時代の沸騰を背景とした)

オリジナルNLPの、

その特徴を理解した上で、

限界と可能性、適用範囲、

その有効な使い方を、

理解していくことは、

とても重要だと思われるのです。

 

そのことで、

「あまり効かない」と言われている、

NLPの内実(意味合い)や、

「効かす方法」を、

より理解できるようになると、

思われるからです。

 

そして、

その点を理解することで、

NLPは、ずっと豊かな使い方や、

効果を得ることが、

できるからです。

 

◆創始者の役割分担について

 

さて、NLP(神経言語プログラミング)は、

バンドラー博士と、グリンダー博士の、

二人のカップリングによって、
創られましたが、
筆者は、ここに、役割分担を見ています。

 

実は、ここに、すでに、

NLP(神経言語プログラミング)の、

本質的な要素(秘密)が、

出揃っているのです。

 

このことを理解することで、

NLPの本質的な要素を、

理解することができるのです。


さて、
諸々の情報を総合すると、
(筆者の直観ですが)
リチャード・バンドラー博士とは、
「モノマネの天才」なのではないかと、
思われます。
(彼には、モノマネ者に特有の、
うら寂しさと道化性、矯激性があります)

 

そして、

バンドラー博士が、
パールズや、エリクソンと接する中で、

彼らから、身体的に、
シャーマニックに、
「写しとったもの」を、
グリンダー博士が、

記述に起こしていく。

(いわゆる「モデリング」です)

 

このようなことから、

NLPのアイディアは、

はじまったのではないかと、

思われるのです。

 

そして、今度は、

役割交代をしてみて、

グリンダー博士が、

実際に、それらを実践してみて、
効果が出るかを検証してみる。


そのようなことを繰り返す中で、
初期のNLPができたのではないかと、
筆者は、推測しているのです。

いわば、

「霊媒と審神者(サニワ)」の、
カップリングです。

各人の優れた才覚が、

そこに活かされていたわけです。

 

そのため、
二人が、決裂したことで、
NLPの方法論的な基盤づくりの、
創造的な側面は終焉したのです。
(その後は、枝葉末節の、
応用展開です)


◆NLP(神経言語プログラミング)の特性について

さて、世の中には、
Liteと名前のついたソフト商品があります。

 

「○○Lite」、つまり、「簡易版」です。
もともとある商品の、機能を色々と落として、
初心者にも、簡易に使用できるようにした商品です。

NLP(神経言語プログラミング)とは、ある意味、
このLite商品といえるものです。


ゲシュタルト療法Liteだったり、
催眠療法Liteだったり、しているわけです。
初心者にも、大変使いやすいのです。
しかし、機能を落としている分だけ、
残念ながら、効き目も弱いのです。

 

NLPは、ゲシュタルト療法や、
フルスペックの体験的心理療法のような、
強度な変性意識状態(ASC)や、
深い自発的な感情の導出、
深層レベルの、

心理プログラミングの書き換えは、
引き起こせません。

 

比較的軽度な知覚レベルの調整、
時間が経つと、じきに消えてしまうような、
軽度のプログラミング修正が、

多くの作用です。

(その理由は→効果的に作用するNLPのフレームとは)

しかし、実は、

逆に、そこが、
NLPのいいところ(利点、安全性)でも
あるのです。

体験的心理療法や、

強度な変性意識状態(ASC)

何らかの知覚的変容などを、
まったく経験したこともない、
一般の人々にとっては、
抵抗や障壁が低く、
かつ、安全な範囲内で、
「小さな知覚変化」
「内的変化」を、
経験することができるものだからです。

 

この手の情報が、恐ろしく少なく、

かつ、多くが、ニセモノでしかない、

現代の日本の中では、
それらは、おそらく、
人生ではじめての経験となるでしょう。
しかし、そのことで、
自分自身に、

そのような変化が、

起きる可能性があることに、

気づいていくことができるからです。

(NLPよりも、

もっと大きく変わる方法論への予感も、

生まれてくるわけです)


それは、
人生を変えるヒントや、

きっかけになるものです。

 

映画『マトリックス』に出てくる、

モーフィアスの、

赤いピルではないですが、

自分や人生を変える方法論が、

この世にあることを、

予感することができるからです。

 

もっと探求を進めたい人にとっては、

意識拡張のための、
各種さまざまな方法論が、
存在しているので、
そちらの探求を進めていけば、

よいことになるからです。


◆セッションでの使用方法

NLPには、
興味深い技法や知見が、
多々あります。
また、説明モデルや、
理論的言語に長けています。

その点は、彼らの師匠でもあった、
グレゴリー・ベイトソンまで戻ると、
彼らの当初の意図も見えやすくなります。
 

実は、NLPは、

NLPだけの「コンテクスト」の中で使っても、

なかかな活きてこないものなのです。

もう一つ高い学習階層で、

オーソドックスな心理療法を含めた、

もう一つ広い文脈の中で、

使う必要があるのです。

 

つまり、

世の中の多くのNLPが、
効果のないものになってしまっているのは、
この点についての、
経験や理解が、

欠けてしまっているためなのです。

 

そのため、
NLPを技法として、

セッションなどで、使用する場合は、
すべてが、

使用する側の問題に、
帰着していきます。

NLPの技法を、
いっぱいいっぱいで、
教科書どおりに、使っているレベルでは、
効果の面でも、
なかなか厳しいものがあるのです。

NLPのさまざまな手法の、

生まれて来た背景や、

大元の原理や仕組みを理解し、
セッションの場面場面で、
構成的に、

応用的にアレンジして使えてはじめて、
NLPの道具としての有効さも、

活きてくるのです。

 

彼らのいう

「天才のモデリング」の深い意味も、

分かって来るのです。

ひいては、

ご自身の「天才性」を、

引き出す観点も、

生まれて来ることになるのです。

 

ここでは、

そのような視点から、
NLPのいくつかの方法論を取り上げ、
その内容を検討してみたいと思います。

 

そのことで、

NLPの可能性もまた、

開いていくものであるからです。

 

 

日本のNLPは、なぜ退屈なのか
効果的に作用するNLPのフレームとは
NLPニューロ・ロジカル・レベル(神経論理レベル)の効果的な利用法
知覚と感情が編成する、この世界 サブモダリティとエンプティ・チェア
NLP・ゲシュタルト・夢見
才能における相補性 NLPとビートルズ
サブモダリティの拡張 NLPとビートルズその2



※気づきや変性意識状態(ASC)についての、

より総合的な方法論は、拙著↓

入門ガイド

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

をご覧下さい。

 

 

 

↓動画「変性意識状態(ASC)とは」

 

↓動画「変性意識 映画『マトリックス』のメタファー 残像としての世界

 

↓動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」

 

↓変性意識状態への入り方はコチラ

 動画「気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス」

 

↓より多様で、深遠な変性意識状態については、コチラ

 動画「ゲシュタルト療法 変性意識状態 エクスタシィ(意識拡張)」

心身一元論的・ボディワーク的アプローチ

①ボディワーク・セラピーの地平

 

ゲシュタルト療法の創始者、

フリッツ・パールズの教育分析を行なった、

ヴィルヘルム・ライヒWilhelm Reichは、

初期の精神分析運動を加速した重要人物です。

(パールズに、ライヒを薦めたのは、

カレン・ホーナイだったと言われています。

「あなたは複雑なタイプなので、

ライヒじゃないと理解できないかもしれない」と)

 

ライヒは、活動の初期から、

物議をかもす、

さまざまな先進的な知見を持っており、

その後も、キワモノ的な扱いや、

一部では、カルト・ヒーロー的な扱いもありますが、

現在においても、その考えのすべてが、

きちんとフォローされているわけではありません。

 

 

まず、ライヒは、

精神疾患において、

目立ったトピックとしての「症状」ではなく、

一見、見過ごされがちな、

「性格」という、

恒常的な運用システムについて、

早くから注目しました。

そこに、病理が、温存される「戦略」(性格戦略)を、

見抜いたのです。

 

近年、「人格障害」が、

精神疾患をはじめ、

社会のさまざまな場面で、

注目を集めるようになりましたが、

(そういう難治の事例が、増えているからですが)

この「人格(性格)」というものの運用を核とした、

システムへの洞察や、働きかけにおいても、

ライヒは、先見の明を持っていました。

「性格の鎧」とは、

彼が有名にした言葉です。

 

さらに、重要なのは、

この「性格の鎧」が、

平行して、

私たちの肉体の中に、

「筋肉の鎧」として、

存在していることに注目したことです。

 

生気のない目。

浅い呼吸。

悪い皮膚の色。

貧弱な手足。

こわばった身体の動作。

等々…

それらが、

防衛的な生活史によって、

つくりあげられた、

(「性格の鎧」とパラレルな)

「筋肉の鎧」だと、

気づいたのです。

 

そして、その肉体のブロック()、

緊張や硬化に、直接働きかけることが、

深い情動の解放を促し、

心理的な面からの解放と、

相乗効果を生み、

より一層、速く深い治癒効果となることを、

発見したのでした。

 

ここから、

ボディワーク・セラピーの、

大きな潮流が育っていくことになったのです。

 

ライヒの直弟子であった、

アレクサンダー・ローエンの、

「バイオエナジェティックス」では、

ライヒが発見した、

身体の特有のブロック箇所に、

直接働きかけるワーク/エクササイズと、

心理的な分析とを組み合わせた、

体系的なシステムを、洗練させました。

 

別章では、

呼吸と感情との関係について触れました。

人は、通常、呼吸を止めることによって、

感情の流れを止めます。

その結果、

筋肉は段々と「硬化」し、ブロックと化します。

そして、

感情の流れは、細くなり、

流れにくくなります。

生命力が、枯渇し、

精神に障害が現れます。

 

身体の特有のブロック箇所は、

背骨にそって流れるエネルギーを、

遮断するように、

背骨に対して、「垂直に」「切る」ように、

できてきます。

目、喉、胸部、骨盤等々にです。

そこに、直接的に働きかけていくのです。

 

 

②ゲシュタルト療法における心身一元論的開放

 

さて、ゲシュタルト療法の、

心身一元的論的なアプローチでは、

身体チャンネルを通して、

クライアントの意識しない多様な自我が、

現れてくることを見ました。

 

そして、

ボディ・シグナルを糸口に、

その多様な自我と、

コンタクトすること(技法)についてを見ました。

 

さて、そして、

ゲシュタルト療法においては、

その糸口から、

多様な欲求や自我状態の、

深く十全な表現、

深い十全な感情表現というものを、

探っていきます。

 

意図せずに、

身体チャンネルに現れる自我とは、

葛藤や未完了のゲシュタルトとして、

抑圧されてがちな、

欲求(自我)だからです。

そのため、

その自我に、

十分な表現と存在の場を与えてあげることが、

必要となります。

 

そして、

その感情表現の際には、

心身一元的な視点が、

特に重要になります。

 

というのも、

ライヒらが、

筋肉の鎧をもつ、防衛的な身体には、

十分な感情体験がないことに気づいたように、

十分な感情体験とは、

十分な身体的運動(表現)が、

ともなうものだからです。

 

そのため、

クライアントの方の感情表現の際に、

身体表現にも注目します。

そこに、十全でしなやか、

自己一致した表現があるのか、

確認します。
 

また、実際、

ゲシュタルト療法においては、

クライアントとして、

そのような、心身一元的な、

全身的な、表現活動を繰り返していると、

表現と感情の流れによって、

段々と、身体の緊張や硬化が解除されてきます。

 

身体エネルギーが流動化し、

身体が変わっていくのが、

実感されます。

使えるエネルギーが増大して、

見た目にもエネルギッシュになります。

 

このように、

ゲシュタルト療法は、

心身一元論的なアプローチであり、

ワークの進展に従い、

心理的にも、

肉体的にも、

全身のしなやかな解放が進んでいくのです。

統合の進化が、

物理的にも、分かりやすい所以です。

 

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

へリンガーのファミリー・コンステレーション

ファミコン


バート・ヘリンガー氏の創始した、

「ファミリー・コンステレーション」は、

興味深い心理療法です。

 

「コンステレーション」とは、

配置、布置、星座という

意味であり、

ユング心理学などでは、

よく使われる言葉です。

 

ファミリー・コンステレーションは、

A・ミンデル博士の、

プロセスワークで行なう、

「ワールドワーク」の、

元ネタになったとも言われますが、

実際に、そのセッション(ワーク)を経験していくと、

個人と集団(集合)

または、

個人的なテーマと、

集団(集合)的なテーマとの間にある、

一種、不思議な、

エネルギー的な結びつきについて、

感覚的な体験を、

深めていくことができます。

 

 

①ワークの方法

 

通常、心理療法のワークでは、

セラピストが、

クライアントの方の主訴を聞き、

当然ですが、

クライアントと直接に、

何らかのやり取り、

働きかけを行なっていくことにより、

ワークを進行させます。

治癒のプロセスを促進します。

 

しかし、

ファミリー・コンステレーションにおいては、

まず、そこが違うのです。

 

セラピストが、

クライアントの主訴を聞いた後、

クライアントの家族や家系等について、

いくつかの質問を行ない、

そのワークで使っていく、

「登場人物」を、

幾人か選定していきます。

(多くは、家系に関係した、両親や親族です。

クライアントが、

実際に会ったことのない人物も含みます)

 

そして、クライアントに、

「本人(自分)役」も含めて、

その登場人物たちの「役」を演じてもらう人=「代理人」を、

ワークショップの参加者の中から、

直観で、選んでもらうよう、要請します。

 

クライアントは、

それぞれの役の「代理人」を、

自分の役も含めて、

数名(人数分)選び、

部屋の中の、ここだと思う場所に、

(登場人物たちの、「関係性」を、感じながら)

空間配置します。

 

そして、そこから、

面白いことですが、

セラピストと、

この代理人たちとによって、

代理人同士のやりとりによって、

ワークが、展開されていくのです。

 

そして、

クライアントは、

それを、横で見ているのです。

 

これは、

心理療法としては、

大変、奇妙な(異様な)光景です。

 

 

②ワークの展開と体験

 

さて、

代理人を演ずる参加者は、

通常、クライアントのことを、

ほとんど知りません。

そのワークショップの当日に、

会場で、初めて会ったからです。

 

しかし、

代理人として、

その、家族・家系関係の「場」の中、

「空間配置」の中に立つと、

他の代理人(家人)との関係が、

エネルギーの強弱、

快不快の身体感覚、

感情的な情報として、

なぜか、感じられてくるのです。

 

その情報を、手がかりに、

セラピストは、

代理人たちとやり取りを進め、

代理人たちに、

空間移動をさせ、

表現を促し、

代理人(家人)の、

からだの向き、

立ち位置や位置関係を、

さまざまに変えて、

調整していきます。

 

そのことにより、

その家系(家族)の、

正しい位置関係や、

その家系(家族)の中で、

排除した(欠落させた)人物やテーマを、

探っていくのです。

 

それは、あたかも、

家系(家族)の関係性自体が、

ひとつの生体として持っている、

自律的なエネルギーを、

ほぐし、伸ばして、

「整列」させるかのように、

展開していきます。

(これを「もつれを解く」と呼びます)

 

そして、ワーク(セッション)では、

その整列・展開の果てに、

クライアントを、

家系(家族)の配置の中に、

招きいれ、

その家族・家系の、

全体のエネルギーを、

正しく流れていくように、

調整していくのです。

 

クライアントに、

自己の家系の存在と、

そのつながりを理解してもらい、

自分の存在の位置を、

深く理解してもらうのです。

 

 

 

さて、

ファミリー・コンステレーションの、

ワーク(セッション)は、

通常の心理療法とは、

まったく進め方も、

体験の質も違います。

 

しかし、

クライアントにとっても、

役を演じた、代理人にとっても、

とても不思議な、

印象深い体験となります。

 

私たちの背後に生きている、

「家系のエネルギーの流れ」という、

よくわからない力が、

何らかのエネルギーとして、

存在していることを、

(自分たちに影響していることを)

体験する、

貴重な機会となるからです。

 

そしてまた、

そのようなテーマが、

一定の心理療法的なセッションの中でも、

実は、浮上していること、

そして、

関わっていくことができることに、

気づくからです。

 

それはまた、

セッションの新たな可能性を、

見出していくことにもなります。

ミンデル博士が、

ワールドワークを、

着想していったようにです。

 

実際、

筆者自身も、

その後の経験の中で、

ファミリー・コンステレーションで、

体験した要素は、

ゲシュタルト療法その他の、

セッションの中でも、

人物たちの場の配置や、

エネルギーの流れにより、

色々と現れていることを、

その後、確認していきました。

 

そして、

ファシリテーションの幅を、

広げていく霊感にもなったのです。

 

 

   

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅱ

スライド2

さて、
「エンプティ・チェアの技法Ⅰ」

では、
一番よく使用されるタイプの、
使用方法とその原理を、
見てみました。

 

誰か実在の人物を、
エンプティ・チェアに置いて、
その人物に、語りかけ、
伝いたいことを伝えたり、
また、相手になってみて、
その気持ちを探ってみるという、
形のものです。

 

また、これとは別に、

ワークが、進行する中で、
クライアントの方の中から出てくる、
心的欲求(感情)を、
エンプティ・チェアに、
展開していく手法があります。
これは、とても効果を発揮する技法です。

ここでは、それについて、
見ていきましょう。


①「複数の欲求(自我)」を知る

私たちは、
「複数の欲求(自我)」を持っていますが、
ほとんど、それらを意識することなく、
生活していることを、

別に、見ました。

そのため、
それらの欲求(自我)が葛藤を起こし、
私たちを苦しめていても、
その解決の糸口が、

なかなかつかめないのです。
私たちが、
「複数の自分」であることに、
無知であるからです。

ここにおいては、何よりもまず、
「真に知る=識る」ことが、
解決の入り口となります。

しかし、

真に「知る=識る」とは、
「解釈=理論」を、

当てはめることではありません。

「真に識る」とは、
対象との、存在的な同調・同化においてしか、
また、全身的な関わり・交わりの中でしか、
なかなか、得られないものなのです。
それは、感覚的な把握に他なりません。

エンプティ・チェアの技法は、
「複数の欲求(自我)」を、
直接的に体験し、
それら自身になり、
それらを内側から識り、
それらを生きることができるがゆえに、
大きな効果を持つものであるのです。


②「複数の欲求(自我)」を切り分け、取り出す

さて、私たちが、
「複数の欲求(自我)」の存在に、
普段、気づけないのは、
それらが、

よく「見えない=認知できない」からです。

それは、喩えると、
あたかも、濁った暗い水面から、
水面下の、
ぼんやりとした鯉(欲求、自我)の影を、

見ているようなものです。

それらを、ぼんやりと、
悶々とした情動の惑乱(衝動、圧迫)として、
感じているだけなのです。

エンプティ・チェアの技法は、
喩えると、この、
「鯉(欲求、自我)」を、一旦、
濁った暗い池から、
「澄んだ生け簀」に、移すようなものです。

そこにおいて、
私たちは、自分の中にある、
さまざまな複数の欲求(自我)を、
目の当たりにすることができるのです。
そして、
それらを、直接見ることや、
体験することが、
できるようになるのです。

実際の使用場面でいうと、
ワークを展開していく中で、
クライアントの方の中に、
2つの自我の葛藤を見出すことがあります。

 

それは、
胸の前で、両手を合わせて、
ギューと押しあっている感じです。

または、
クライアントの方が、
ある感情を表現しようとしている時に、
「ノイズ」のように、
それを妨げる力(存在)を感知する場合があります。

そのような場合に、
クライアントの方に、
それらの存在を指摘し、
それらを、椅子に、
ロール(役)として、
分けて(置いて)みることを、提案していきます。


②各「欲求(自我)」を生ききる
 
葛藤がある場合、
それは、例えば、
胸の前で、両手を合わせて、
「押しあっている」ような感じとしました。

この状態は、それぞれが、
相手を押しているので、喩えると、
二人が「同時に」しゃべっているようなもので、
騒音(欲求・感情)が混じりあっていて、
それぞれの欲求(感情)や、
自我の言い分は、
よくわかりません。

さて、
「押しあっていた両手」の、
片方の手を、いきなり外すと、

どうなるでしょう?

つっかえがはずれて、
もう片方の‎手の力が、バーンと出ます。
ロール(役)を分けるとは、

そのようなことです。

クライアントの方に、
それぞれのロール(役)に分かれてもらい、
片方の欲求(自我)の妨げを

取り除いた状態で、
もう片方の欲求(自我)そのものに

なってもらうのです。

そうすると、
葛藤の時には、体験もできなかったような、
各欲求(自我)の存在が、
バーンと、表に出てくるのです。

そして、
クライアントの方に、

それぞれのロール(役)に、
代わりばんこになってもらい、
欲求(自我)同士の対話を、

進めていってもらうのです。

さて、実は、
各欲求(自我)は、お互い、
相手に言いたいことがあったために、
相手の存在を妨げるという事態が、
起こっていたのです。

そのため、
クライアントの方には、
ロール(役)を分けた状態で、
まず、
それぞれの欲求(感情)の状態を、
十二分に体験してもらいます。


その欲求(自我)が、

「何者」であるのかを、
全身全霊で、

理解・認識してもらいます。

そして、その上で、
欲求(自我)同士の対話を

進めていってもらうのです。

そして、
お互い相手の言い分を、
十分認められるようになると、
葛藤はなくなり、
それぞれの欲求(感情)が、
自分自身になり、
各々で、並存できるようになるのです。

相手の欲求(自我)は、
敵やライバルではなく、
別の機能をもった仲間であると、
分かるようになるからです。

さて、エンプティ・チェアの技法を使った、
ワークは、大体、このような形で、
展開します。
葛藤→分離→対話→統合のプロセスを、
たどっていくのです。

エンプティ・チェアの技法は、
ゲシュタルト療法の代表的なテクニックですが、
大変、有効な技法であり、
単なる心理療法にとどまらない、
応用的な活用が、
可能な手法ともなっているのです。

 

↓実際のセッション(ワーク)は

・セッション(ワーク)の実際

・セッションで得られる効果と成果

 

 

※エンプティ・チェア技法の、

詳細な手順や、応用的な使い方、

また、気づきや変性意識状態についての、

総合的な方法論は、拙著↓

入門ガイド

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

をご覧下さい。

 

※エンプティ・チェアの技法について、

 もっと知りたい方は、専門姉妹サイト

 →「エンプティ・チェア・ワークス」

 

 

↓動画「ゲシュタルト療法 エンプティ・チェアの技法Ⅱ 葛藤解決」

 

動画「ゲシュタルト療法 エンプティ・チェアの技法Ⅰ」

 

↓動画「葛藤解決の方法(ポイント)」

 

↓動画「葛藤解決の方法(ポイント)Ⅱ ネガティブな感情の扱い方」

 

※エンプティ・チェアの技法を、きちんと効果的に使うと↓

 動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」 

 

※エンプティ・チェアの応用的な使い方は↓

 

※エンプティ・チェアの技法の詳細な解説は、コチラ(第二部)↓



エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅰ

さて、
「エンプティ・チェアの技法Ⅰ」

では、
一番よく使用されるタイプの、
使用方法とその原理を、
見てみました。

 

誰か実在の人物を、
エンプティ・チェアに置いて、
その人物に、語りかけ、
伝いたいことを伝えたり、
また、相手になってみて、
その気持ちを探ってみるという、
形のものです。

 

また、これとは別に、

ワークが、進行する中で、
クライアントの方の中から出てくる、
心的欲求(感情)を、
エンプティ・チェアに、
展開していく手法があります。
これは、とても効果を発揮する技法です。

ここでは、それについて、
見ていきましょう。


①「複数の欲求(自我)」を知る

私たちは、
「複数の欲求(自我)」を持っていますが、
ほとんど、それらを意識することなく、
生活していることを、

別に、見ました。

そのため、
それらの欲求(自我)が葛藤を起こし、
私たちを苦しめていても、
その解決の糸口が、

なかなかつかめないのです。
私たちが、
「複数の自分」であることに、
無知であるからです。

ここにおいては、何よりもまず、
「真に知る=識る」ことが、
解決の入り口となります。

しかし、

真に「知る=識る」とは、
「解釈=理論」を、

当てはめることではありません。

「真に識る」とは、
対象との、存在的な同調・同化においてしか、
また、全身的な関わり・交わりの中でしか、
なかなか、得られないものなのです。
それは、感覚的な把握に他なりません。

エンプティ・チェアの技法は、
「複数の欲求(自我)」を、
直接的に体験し、
それら自身になり、
それらを内側から識り、
それらを生きることができるがゆえに、
大きな効果を持つものであるのです。


②「複数の欲求(自我)」を切り分け、取り出す

さて、私たちが、
「複数の欲求(自我)」の存在に、
普段、気づけないのは、
それらが、

よく「見えない=認知できない」からです。

それは、喩えると、
あたかも、濁った暗い水面から、
水面下の、
ぼんやりとした鯉(欲求、自我)の影を、

見ているようなものです。

それらを、ぼんやりと、
悶々とした情動の惑乱(衝動、圧迫)として、
感じているだけなのです。

エンプティ・チェアの技法は、
喩えると、この、
「鯉(欲求、自我)」を、一旦、
濁った暗い池から、
「澄んだ生け簀」に、移すようなものです。

そこにおいて、
私たちは、自分の中にある、
さまざまな複数の欲求(自我)を、
目の当たりにすることができるのです。
そして、
それらを、直接見ることや、
体験することが、
できるようになるのです。

実際の使用場面でいうと、
ワークを展開していく中で、
クライアントの方の中に、
2つの自我の葛藤を見出すことがあります。

 

それは、
胸の前で、両手を合わせて、
ギューと押しあっている感じです。

または、
クライアントの方が、
ある感情を表現しようとしている時に、
「ノイズ」のように、
それを妨げる力(存在)を感知する場合があります。

そのような場合に、
クライアントの方に、
それらの存在を指摘し、
それらを、椅子に、
ロール(役)として、
分けて(置いて)みることを、提案していきます。


②各「欲求(自我)」を生ききる
 
葛藤がある場合、
それは、例えば、
胸の前で、両手を合わせて、
「押しあっている」ような感じとしました。

この状態は、それぞれが、
相手を押しているので、喩えると、
二人が「同時に」しゃべっているようなもので、
騒音(欲求・感情)が混じりあっていて、
それぞれの欲求(感情)や、
自我の言い分は、
よくわかりません。

さて、
「押しあっていた両手」の、
片方の手を、いきなり外すと、

どうなるでしょう?

つっかえがはずれて、
もう片方の‎手の力が、バーンと出ます。
ロール(役)を分けるとは、

そのようなことです。

クライアントの方に、
それぞれのロール(役)に分かれてもらい、
片方の欲求(自我)の妨げを

取り除いた状態で、
もう片方の欲求(自我)そのものに

なってもらうのです。

そうすると、
葛藤の時には、体験もできなかったような、
各欲求(自我)の存在が、
バーンと、表に出てくるのです。

そして、
クライアントの方に、

それぞれのロール(役)に、
代わりばんこになってもらい、
欲求(自我)同士の対話を、

進めていってもらうのです。

さて、実は、
各欲求(自我)は、お互い、
相手に言いたいことがあったために、
相手の存在を妨げるという事態が、
起こっていたのです。

そのため、
クライアントの方には、
ロール(役)を分けた状態で、
まず、
それぞれの欲求(感情)の状態を、
十二分に体験してもらいます。


その欲求(自我)が、

「何者」であるのかを、
全身全霊で、

理解・認識してもらいます。

そして、その上で、
欲求(自我)同士の対話を

進めていってもらうのです。

そして、
お互い相手の言い分を、
十分認められるようになると、
葛藤はなくなり、
それぞれの欲求(感情)が、
自分自身になり、
各々で、並存できるようになるのです。

相手の欲求(自我)は、
敵やライバルではなく、
別の機能をもった仲間であると、
分かるようになるからです。

 


さて、以上、葛藤解決に使う、

エンプティ・チェアの技法を見てみました。


この手のワークは、大体、

このような形で展開します。

つまり、

葛藤→分離→対話→統合のプロセスを、
たどっていくのです。

 

ところで、

エンプティ・チェアの技法は、
ゲシュタルト療法の代表的なテクニックですが、
大変、興味深い技法であり、
単なる心理療法にとどまらない、

多様で創造的な領域での使用が、

可能となっているものです。

 

ここで見た、

使用方法においても、

自分たちの心の領域を、

外部に取り出して、

外在化させたり、

操作することを見ました。

 

そのような原理において、

エンプティ・チェアの技法は、

さまざまな能力拡張や、

意識拡張のための、
応用的な活用が、
可能な技法ともなっているのです。

 

 

↓実際のセッション(ワーク)は

・セッション(ワーク)の実際

・セッションで得られる効果と成果

 

 

※エンプティ・チェア技法の、

詳細な手順や、応用的な使い方、

また、気づきや変性意識状態についての、

総合的な方法論は、拙著↓

入門ガイド

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

をご覧下さい。

 

※エンプティ・チェアの技法について、

 もっと知りたい方は、専門姉妹サイト

 →「エンプティ・チェア・ワークス」

 

 

 

 

↓動画解説 エンプティ・チェアの技法


 

↓動画エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅱ 葛藤解決」

 


※エンプティ・チェアの技法を、きちんと効果的に使うと↓

 動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」

 


※エンプティ・チェアの応用的な使い方は、コチラ↓


 

※エンプティ・チェアの技法の詳細な解説は、コチラ(第二部)↓






 

ゲシュタルト療法 セッション(ワーク)の実際

◆セッションの原理的な普遍性(神話的構造)

 

当スペースのセッションは、

ゲシュタルト療法をベースにして、

瞬間瞬間のからだや心、感覚や感情に、

丁寧に気づいていくという

作業をベースに、

ゆっくりと進んでいきます。

 

そのため、その展開は、

とてもナチュラルな、

人間の生理的な経過を、

たどっていくものと、いえるのです。

 

そして、そのためか、

セッションの体験過程(プロセス)は、

不思議なことに、

私たちに、子供の頃からなじみ深い、

昔話や神話の物語パターンと、

大変、似かよったプロセス(ストーリー)を、

たどっていくことにもなるのです。

 

昔話や神話とは、

長い歴史的な時間をかけて、

人間(人類)が、

自分の心の姿を映し出したものです。

そこには、私たちの、

普遍的な心の姿(構造)が、

映し出されているのです。

 

さて、

セッションで起こってくる、

体験過程、変容過程(プロセス)を見ると、

そこには、

昔からよくある形、

次のようなパターンが、

よく見られます。

 

つまり、

 

「主人公が、

別世界(異界、変性意識状態)に、

冒険に行って、

宝物(力、癒し、人生の秘密、変容)を得て、

元の世界に戻って来る」

 

という、

ストーリーです。

 

冒険譚(英雄の旅)のような物語形式を、

とっているのです。

 

ゲシュタルト療法のセッションは、

そのような物語の旅と類似した、

プロセスを持っているものなのです。

 

この、神話とセッションの、

体験過程との類似性は、

ゲシュタルト療法のセッションが、

人間心理の普遍的な構造に根ざした、

治癒プロセスであることを、

意味しているのです。

 

ゲシュタルト療法の創始者、

フリッツ・パールズが、

自分は、ゲシュタルト療法の創始者ではなく、

再発見者にすぎないと言ったわけです。

 

そのため、

ゲシュタルト療法のセッションは、

心理療法というだけでなく、

深層心理の、

さまざまな領域(可能性)を探索する上でも、

とても有効な方法論となっているのです。

 

それゆえに、

ゲシュタルト療法を深めることは、

心の潜在的な創造力を、

大きく解放するにもつながっていくのです。

 

当スペースが、

ゲシュタルト療法の方法論を、

治癒だけでなく、

願望実現や、潜在能力・創造力の開発に、

フォーカスしている理由でもあります。

 

人生を変えるために、

心の自由や解放だけでなく、

より豊かな創造性や、

成果(アウトプット、アウトカム)を、

生み出したい方にとっては、

最適な方法論となっているわけなのです。

 

 

※神話との類似性が持つ、

深い意味合いは、コチラ↓

→拙著『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法』

→「英雄の旅」

 

 

◆セッション全体の流れ

 

①信頼できる、

 安全な、場の空間づくり

 

…クライアントの方が、

 安心して、

 探求できる空間が、

 つくられます。

 

②あつかうテーマを決める

 

…クライアントの方は、

 セッションであつかうテーマを

 決めていきます。

 

③リラックスして、

 3つの領域の情報に、

 気づきをひろげる。

 

…クライアントの方は、

 テーマに関連して、

 気になる感覚を、

 自己の心身の中に、

 探っていきます。

 

…気になる感覚を、

 見つけます。

 

 

④欲求(感情)に気づき、

 焦点化する。

 

…気になる感覚の、

 背後にあるものを、

 探っていきます。

 

…その真の姿に、

 気づいていきます。

 

 

 

⑤気づきを深め、

 欲求(感情)を展開する。

 体感を通して解決する。

 

…見出した真の姿を、

 存分に表現していきます。

 

…そのエネルギーが、

 クライアントの方を、

 解決と創造、癒しへと、

 導きます。

 

 

 

⑥現実に、より着地(統合)する

 

…新たに見出した、エネルギーと自己を、

 日常生活で活かす方法を、

 確立させます。

 

【目次】

◆前段

①信頼できる、安全な、場の空間づくり
②あつかうテーマを決める
③リラックスして、3つの領域の情報に、気づきをひろげる。
④欲求(感情)に気づき、焦点化する。
⑤気づきを深め、欲求(感情)を展開する。体感を通して解決する
⑥現実に、より着地(統合)する

 

前段 

 

ゲシュタルト療法では、
通常、「ワーク」と呼ばれる、
セッションがあります。
 
ゲシュタルト療法同様の、
米国西海岸系の体験的心理療法では、
クライアントとして、セッションに取り組むことを、
だいたい、「ワークwork(作業)する」と言います。

 

この言い方は、少し乾いた(ドライな)表現と、

思われるかもしれません。

しかし、ここには、

日本のウェットで、

受動的な心理療法が見落としている、

重要な含意があるのです。

 

ワーク(作業)という表現が、

どこに由来するのかは、

定かではありませんが、

古い時代では、秘教的な思想家である、

G・I・グルジェフが、

この言葉を使っていました。

 

グルジェフの含意は、

多く、自動的なロボットでしかない人間を、

機能調整して、目覚めさせていくという、

まさに、乾いた(ドライな)、

能動的な視点からの表現でした。

 

フリッツ・パールズ自身も、

この言葉を使っていましたが、

彼の本を読むと、

(冗談好きな彼らしく)

少し近いニュアンスがあります。

 

つまり、この表現の含意は、

(その背後にある、絶妙なセンスを、

読み取らなければならないのですが)

とても能動的で、

肯定的なものなのです。

 

ワークに取り組む、私たち自身の、

主観的なイメージとしては、

怠惰な自分自身に介入して(より気づき)、

自分自身を、よりよく機能させていこうという、

とても能動的で、積極的な、

意欲の表現でもあるのです。

 

実際、そのような姿勢を持つ、

クライアントの方は、

どんどんと変容していくことに、

なっていきます。

 

さて、ワークは、
クライアント(来談者)の方と、
ファシリテーター(セラピスト)との、
相互のやりとりで、
進行するセッションです。
1セッションは、
大体、30分~90分かけて行ないます。
 
このパートでは、実際に、
ゲシュタルト療法のワークで、
どのような事柄が行なわれるのか、

について、
描いてみたいと思います。
(ワークの大枠の構造的な流れは
「ワークの過程と構造」をご覧ください)
 
ここでは、
ワーク(セッション)の中で、
クライアントの方が、
どのような内的体験をするのか、
また、それが何故、効果を生むのか、
について、
ワークの流れ/プロセスにそって、
描いてみたいと思います。

 

さて、

古典的なゲシュタルト療法は、
グループセラピーですので、
ワークを希望するクライアントの方が挙手をして、
ファシリテーターと、皆の前で、
ワークを行ないます。
個人セッションの場合は、
クライアントの方とファシリテーターと、
二人だけで、
以下のようなことを行なっていきます。
 

 

◆気づき awarenessの力の重要性

 

ところで、

ゲシュタルト療法のセッションでは、

クライアントの方は、

自分の欲求や感情に、

たえず、「気づくawareness」ということを、

行なっていきます。

 

これが、

セッションの核となります。

この「気づきの力」については、

 最近では、

「マインドフルネス」

という言葉とともに、

その本当の力が知られるようになってきました。

 

「気づき」とは、

単なる認知とは違います。

 

「気づき」という機能は、

私たちの通常の日常意識や注意力に対して、

少し、メタ(上位)的な位置と働きを持ち、

それらを統合していく能力を、

持っているものなのです。

 

逆にいうと、

普段、私たちは、そもそも、

気づきを持たない状態で、

生活しているといえます。

 

マインドフルネス瞑想を行なうと、

このこと、ダイレクトに、

気づかれると思います。

 

さて、

フリッツ・パールズは語ります。

 

「『気づく』ことは、

クライエントに自分は感じることができるのだ、

動くことができるのだ、

考えることができるのだということを

自覚させることになる。

『気づく』ということは、

知的で意識的なことではない。

言葉や記憶による『~であった』という状態から、

まさに今しつつある経験へのシフトである。

『気づく』ことは意識に何かを投じてくれる。」
(パールズ『ゲシュタルト療法』倉戸ヨシヤ訳、ナカニシヤ出版)

 

そして、

 

「『気づき』は常に、現在に起こるものであり、

行動への可能性をひらくものである。

決まりきったことや習慣は

学習された機能であり、

それを変えるには

常に新しい気づきが与えられることが

必要である。

何かを変えるには別の方法や考え、

ふるまいの可能性がなければ

変えようということすら考えられない。

『気づき』がなければ

新しい選択の可能性すら思い付かない。

『気づき』と『コンタクト』と『現在』は、

一つのことの違った側面であり、

自己を現実視するプロセスの

違った側面である。」
(パールズ『ゲシュタルト療法』倉戸ヨシヤ訳、ナカニシヤ出版)

 

セッションの中では、

クライアントの方は、

マインドフルネスな静かな自己集中を通して、

このような〈気づき〉の状態を、

まざまざと体験していくこととなります。

そして、

自分が、人生で、

刻々と新しい行動をとれる存在であることを、

深く痛感(納得)していくことになるのです。

 

 

①信頼できる、安全な、場の空間づくり

 

さて、まず、ワークでは、
それが行なわれる空間が、
大切となります。


この、場の空間づくりは、
第一には、ファシリテーターの役割です。
そのため、通常、

ファシリテーター(セラピスト)から、

クライアントの方へ、
以下のような事柄が、説明されます。
 
守秘義務や、
その空間でのルール、
取り決め事項、
その場が信頼できる、
安全な空間であることの保証や、
(グループの場合は)
そのことを実現するための、
参加者への依頼事項などです。
 
クライアントの方は、
そのファシリテーターの存在(質)や、
その場への統制力が、
信頼に足るものであるか否かを、
自分の第一の指標とします。
 
さて、これらのことが、
なぜ、重要なのでしょう?
 
ワークが、
効果的に行なわれるためには、
クライアントの方にとって、
その空間(ワークショップ、セッション・ルーム)が、
「安心できる、守られた空間」であることが、
必須となるからです。
 
それでなければ、
クライアントの方は、
安心し、リラックスして、
自分自身の心の底に、降りていき、
深い感覚や深い感情に、
気づいたり、
触れたりすることなど、
できないからです。
ましてや、話したり、
表現することなどはできません。
 

また、安心できる、

信頼できる空間であると、

クライアントの方自身が、

心の底から感じられたならば、

クライアントの方の中から、

ごく自然な形で、

変性意識状態(ASC)というものが、

現れて来ることとなります。

 

そして、その状態は、

自然治癒のような形で、

クライアントの方の、

内的表現を促し、

癒し(統合)を行なっていく、

セラピーの大きな下支えと

なっていくのです。

 

そのためにも、

信頼できる空間であるか否か、

というのは、

とても重要な要素となっているのです。


クライアントの方は、
この部分については、ぜひ、
ご自分の直観や嗅覚を信じてみて下さい。

 

 

②あつかうテーマを決める
 
通常は、
ワークのはじめに、
クライアントの方は、
その場で、
あつかっていきたいテーマを

提出します。
 
テーマは、基本、
気になっていることなら、
何でもあつかえます。
 
大体は、
ワークのとっかかりに、
クライアントの方が、
今、気になっている

生活上の願望や課題を、
テーマに取り上げることを、

おすすめします。

 

そのように、

今現在、生き生きとしているテーマを、

切り口とすると、

クライアントの方にとって、

深いアウトプット(解決、方向性、治癒)が、

より自然に、得られていくことになるからです。

 

・今、自分が、強く望んでいる事柄

・そのことに関する、心の迷い・葛藤・苦痛
人生の中で、達成したい事柄
・最近(また昔から)、気になること(欲求や悩み)

・人生の選択肢で答えが欲しいこと
などなどです。

 

「今、ここで、心の中で高まってきた事柄」

が、あつかうのにもっとも適したテーマです。

それは、

心自身が発しているシグナルだからです。

 

ところで、セッションに来た時点でも、

実のところ、
クライアントの方自身が、
自分の欲求が何なのか、
明確になっていないケースも、
とても多いものです。

「とりあえず、

何か得られそうなので、

来てみました」

というケースです。

それはそれで、全然、かまいません。

 
そのため、
実際のワークのとっかかり(進め方)としては、
今現在、クライアントの方が、
気になっていること(気持ち、出来事)を、
色々と話していかれる中で、
ファシリテーターが、
その話を受けて、
質問をしたり、ポイントを焦点化することで、
ワークのテーマを、
一緒になって、見つけていくという、

パターンも大変、多いのです。
 
ところで、
ゲシュタルト療法のワークにおいては、
以下に見るように、
「今ここ」の感覚に、焦点化して、
そこで現れてくる欲求(感情)に、

丁寧に気づき、
それをたどっていくことで、
必ず重要な核心に、
たどり着けるという、

考え方があります。

 

そこには、

クライアントの方の心身が、

元々持っている内的なシステム、

自然能力(探索・統合・創造・治癒)への、
大きな信頼があるのです。
 

そのため、

はじめに設定するテーマは、

あまり気にしなくてもいいとも、

いえるのです。

 

 

③リラックスして、3つの領域の情報に、気づきをひろげる。

さて、ここからが、
セッションの、
本編に当たる部分です。
おおよそのテーマや、
方向性が決められた後、
クライアントの方の、
テーマが持つ内実を、
探索していく段階となります。
 
ところで、ワークの最中に、
クライアントの方が、
行なうこと(の第一)といえば、
基本的には、

心を静かにして、

マインドフルネスの状態になり、
自分の奥から湧いてくる、
自分の感覚や、
欲求(感情)の動きに、
気づき続けることだけです。
そして、
気づいた事柄を、
話したり、表現していくことだけです。


ファシリテーターは、
そのシェアを受けて、
その体験をさらに深め、

より深い展開をするための、

さまざまな技法的な提案を、
行なっていくのです。
 
そして、
クライアントの方は、
ファシリテーターの提案に、
興味や好奇心が湧いた場合にのみ、

自分の心の表現として、
それが「ピッタリ来た」「好奇心が湧いた」
「妥当だ」

と感じられた場合にのみ、
それらを、実際、
「行なって」みます。

「実験して」みます。

ご自身で、

「より、やりたいこと」が、

浮かんできた場合は、

それを行なっていきます。

 

さまざまな体験や表現を、

・より感じてみたり、
・より気づきの焦点を当ててみたり、
・より大きく表現してみたり、

していくわけです。
 
また、
「気づいてawareness」いくことに関していえば、
心を、マインドフルネスに澄まして、
「3つの領域」(主に、内部領域、中間領域)で、
湧いてくる欲求(感情)を、
敏感に拾いあげ(ピックアップ)ていくことが、
第一に行なうことです。
 
「3つの領域」とは、
ゲシュタルト療法が考える、
気づきの3つの領域のことです。

①まわりに見える、外部領域、
②肉体の中の感覚である、内部領域、
③思考や空想の行き交う、中間領域です。
(→「気づきの3つの領域」参照)
 
クライアントの方は、
たえず、
自分の内・外・中間で起こる、
感覚や感情のシグナルに、
気づきawarenessを、
向けつづけるわけです。
 

そのため、

ワークの際中、
ファシリテーターは、
しばしば問いかけます。
 
「今、何を感じていますか?」
「今、何に気づいていますか?」
「今、何が起こっていますか?」
 

クライアントの方は、
ワークの進行にあわせて、
さまざまな表現行為を、
試してみますが、
常に戻ってくるのは、
この地点です。

 

この地点が、

ワークの、

アルファであり、

オメガであるのです。


「その感じ(感情)を、よく感じてください」
「その感覚
(感情)に、よく気づいてみてください」
 
このようにも、
ファシリテーターは、

言ったりします。

 

その感覚・感情・欲求に、

より焦点化していただくためです。

 

そここそに、

「答え」

があるからです。
 
今ここで、
自分に起きている、
感覚や感情に、
ただまっすぐに、
気づいていくだけで、

プロセスは、自然に進み、

私たちの統合(治癒)状態というものは、
グッと進んでいくものなのです。
 
自分の内的欲求(感情、快苦)に、

今ここで、
刻々、気づいていること、
そこに、

すべての出発点(答え)が、
あるのです。


ゲシュタルト療法が、
「今ここのセラピー」と、
いわれる所以です。
 

思考や空想や連想に、

流されしてまうのではなく、

それらに流されずに、

それらを、

ただ気づいていくという定点(支点)が、

統合と変容をつくっていく、

ポイントであるのです。

これが、

気づき awarenessの力の、

重要性なのです。

 

 

……

 

さて、このあたりの、

ワークの具体的場面(風景)を、
少し、細かく説明しますと…
 
ファシリテーターは、
要所要所で、
上記のように、
クライアントの方の中で、
起こっている、
欲求(感情)について、
問いかけと確認を、
行なっていきます。
 
クライアントの方は、
自分の感覚を澄まして、
3つの領域の、
さまざまな感覚チャネルでの、
欲求(感情)
に気づいていきます。
そして、
ファシリテーターに、
シェア(報告)をします。
 
▼肉体の感覚・欲求に気づく
→お腹のところに、しこりを感じます。
→肩が重くなったように感じます。
→なにか
ムズムズして、声を出したくなってきました。
 
▼視覚/イメージ/ヴィジョンに気づく
→昔の学校のイメージが浮かびました。
→会社のオフィスが
浮かびました。 

 

▼聴覚/声/言葉に気づく
→こんな言葉が思い浮かびました。
誰かの、こんなセリフが聞こえてきます。
→知り合い(親、友達)が、昔、こんなことを言ってました。
 
▼記憶に気づく
→こんな出来事が浮かんできました。
→こんな夢を思い出しました。
 
クライアントの方のシェア(報告)を受けて、
ファシリテーターは
感覚や感情への焦点化や、
その奥にある、
さらなる欲求(感情)を探るための、
さまざまな提案を行なっていきます。
 
そして、

このようなやり取りの繰り返しの中で、
ワークは、少しずつ進んでいきます。
そして、
これらのプロセスを通して、
クライアントの方の、
自己の内部への潜入が、
どんどんと深まっていくのです。

 

また、その過程で、

クライアントの方は、

変性意識状態(ASC)の中に、

知らず知らずに、

いつの間にか、

入っていくことにもなるのです。

(これが、後々、

クライアントの方が、

ご自身で、

変性意識状態に入っていけるスキルに、

なっていくのです)

 

 

④欲求(感情)に気づき、焦点化する

このような、
相互のやりとりを通して、
ワークは進んでいきますが、
クライアントの方の、
欲求(感情)への探索が、

ある程度深まっていくと、
やがて、
少し強い欲求(感情)の塊に
たどり着くこととなります
 
これが、
クライアントの方が、
普段の日常意識では、

なかなか、つかまえられない、

核心的なテーマであるのです。

 

テーマは、

さまざまな形で存在しています。

 

自分の中の、

複数の欲求(自我、能力、才能)が、

バラバラな方向を向いていたり、

競合状態になっているために、

心にストップや制限をかける

「葛藤状態」や、

過去の出来事の中で、

未消化に終わっているため、

心の中で、ストップをかけている、

「未完了の体験」などです。

 

そして、実は、

心自体というものは、

自然 nature の機能として、

それらの制限を解消(解放)して、

より深いレベルの創造性を、

発揮したいと望んでいるのです。

 

身を振りほどくかのように、

より深い自由を、

実現したいと望んでいるのです。

そのために、

シグナルを、

クライアントの方に、

送って来ているのです。

救い出されるのを待っている、

誰か(何か)のようなものです。

 

そして、実際、

この制限の向こうこそに、

大きな創造力の泉が、

湧いているのです。

それは、これまでの人生の中で、

開かれなかった、

開かずの間なのです。

 

そこにこそ、

世界を変える

魔法の剣が、

眠っているのです。

 

さて、ところで、

ゲシュタルト療法では、

心が、このような制限を超えて、

自由を獲得していくプロセスを、

「行き詰まりの層」「内破の層」から、

「爆発の層」への移行として、

公式化しています。

 

いずれにせよ、

心の中には、そのような、

解放と実現を目指す、

指向性があるということです。

 

この指向性を、

自在にあつかう能力を、

クライアントの方に、

獲得してもらうことが、

セッションの狙いにもなります。

 

そして、

このプロセスを、

丁寧にサポートしていくことが、

ワークの本編になります。

そして、

クライアントの方の、

欲しい答え(解決、治癒、創造)が、

得られていくこととなるのです。

 

ところで、

厳密にいうと、「葛藤状態」や、「未完了の体験」というものは、

幾層にも渡って、層状に重なって、

構成されているものなので、
そのテーマの表面に、
たどり着いたという感じです。

 

ここから、

一皮、一皮、剥いて、

その奥にある核心に、

たどり着いていくというのが、

冒険のような、旅路となります。

 

クライアントの方は、

すでに、

変性意識状態(ASC)の中にいるので、

ごく自然に、スムーズに、

(ワクワクしながら、好奇心をもって)

そのプロセスを、

探索していくことができるのです。

 

クライアントの方は、

後で、振り返ってみて、

まるで、映画の英雄のように、

異界(別世界)に、

行ったような体験だったと、

思うことになるのです。

 

ところで、

ゲシュタルト心理学では、
生体(心身)にとって、
緊急の、必要な事柄が、
「図」となって、
知覚の前景に現れて来ると、
考えます。


実際、
ワークの流れでいうと、
(人間の生体というものは、
よくできたもので)
テーマとなっている欲求(感情)は、
それに関係する欲求(感情)を刺激されると、
あたかも異物を吐き出すかのように、
解決したい、奥の欲求(感情)を、

感覚の前景に、
押し出して来るものなのです。
 
そして、

そのように、より感じ、

気づいていくことで、

ワークの中において、

だんだんと、より、
エネルギーと情報が、

流れていくことになるのです。
 
そして、このような、

気づきと表現の繰り返しの中で、

その感情の正体が、
より、つかめて来ると、
心身の深いところで、
エネルギーと情報が、

より変換・増幅されて、

現れてくることになるのです。

 

肉体的に弛緩が起こったり、
小さなアーハ体験(小さなサトリ)が、

訪れてきます。

 

何かが、
「わかった」感じに、

触れるのです。
 
そして、
その得心(欲求や感情)を、
実際に、外部に、

表現してみたりするのです。
すると、
さらに深い納得が、
身体の感覚としても、
得られていくことになるのです。
 
このようなプロセスの繰り返しで、

核心的なテーマ(「創造力の泉」)に向かって、

クライアントの方の探索は、

進んでいくことになるのです。


◆ゲシュタルト療法の介入技法の意味

 (心を可視化する)
 
ところで、
ゲシュタルト療法といえば、
心理療法の世界では、
「エンプティ・チェア(空の椅子)の技法」や、
「身体の動きを使った技法」など、
比較的派手な?技法が、
イメージされがちです。

これらの技法は、
そもそも、
何を狙ったものかといいいますと、
上で見たような、
感覚(欲求・感情)に潜む情報を、
より明確に焦点化し、
促進するために、
行なわれるものなのです。
 
通常、私たちは、

感情生活において、

悶々とした、混然一体化した
さまざまな感情の塊り(葛藤)状態にあり、
その感情の内訳(明細)を、
あまり明確にはとらえられてはいません。

詳細を気づけていないのです。


また、
ワークの最中においても、
さまざまな多様な感情が行き交い、
感情的な混乱が起こり、
これが、
とらえにくくなる場合もあります。
 
そのため、
内的な欲求(感情)探っていても、
その内奥にあるものを、
的確に取り出すことが、
なかなか難しいのです。
 
そのような時に、
技法的な工夫によって、
「心を可視化」するのが、

各種の技法的介入の目的なのです。

クライアントの方の、
欲求(感情)を焦点化したり、
切り分けたり、
整理したりするために、
各種の技法を使うのです。
 
【例】
「その感覚(気持ち)はどんな姿(形、色、感触、冷熱、硬軟)をしていますか?」
「その感覚はなんと言っていますか?」

「その感覚は、からだのどこにありますか?」

「からだのその部分は、なんと言っていますか?」

からだのその部分と会話できますか?

「たとえば、この椅子に、その○○という気持ちを取り出すことができますか?」
「ここに置いたその気持ちは、どう見えますか?」
「たとえば、○○と言ってみる(表現してみる)のはどうですか?」
「実際に、そう言ってみると、どんな気持ちがしますか?」
 

といったような具合です。

このようにして、
欲求(感情)に、
感覚(身体)的な実体性を、
与えることにより、
心の姿を、
より明確にとらえられるように

なっていくのです。

 

また、
その欲求(感情)を表現して、

さまざまな欲求(感情)同士の対話や交流を、

図ることもできるのです。

そして、このことが、
心理的な解決と統合に、
決定的に作用していくことになるのです。

 

 

気づきを深め、欲求(感情)を展開する。体感を通して解決する
 
さて、通常、
クライアントの方の中で、
気づきが得られ、
感情のシフトが起こり、
小さなアーハ体験が起こった後でも、
また、その下に、
さらに別の欲求(感情)が、
残っている(待機している)ものです。

 

心は、幾層にも渡って、

階層状に、構成されているからです。


それら表層上のものを超えて、

ある程度の、

創造力の泉(爆発の層)に触れられるまでを、

ひとつのセッション(ワーク)の、
目標とします。

ところで、

さきにも触れたように、
人間の場合、

心の内容は、
幾層も、層状に積み重なって、
構造化されています。

そのため、
或る心のテーマ(欲求・感情)が、
気づきと表現を通して、解放されると、
その下から、
さらなる次のテーマ(欲求・感情が、

現れてくるのです。

しかし、

このプロセスの繰り返しにより、
心をより深くまで、
探索していけることとなり、

日常生活では予想もできなかったような、

より深い創造力と問題解決を、
得ることができるのです。

 

そして、

この探索の深まり(次元)の深さが、
通常のカウンセリングや、
コーチング、NLPなどと較べた場合の、
ゲシュタルト療法の持つ、
圧倒的な効果の秘密でもあるのです。

 

 

◆変性意識状態(ASC)へのスキル

 

また、

このように、ワーク中、

自己の感覚に、

深く没頭し、沈み込んでいく過程で、

クライアントの方は、

軽度な変性意識状態(ASC)に、

だんだんと入っていきます。

 

それがゆえに、

普段、気づけないことに、

色々と気づけたり、

普段行なわないような表現を、

実験的に行なえるようになるのです。

これは、変性意識状態(ASC)においては、

エネルギーと情報が、

日常意識よりも、

流動化していくためです。

 

そして、

変性意識状態(ASC)の体験自体が、

クライアントの方の深層にある、

潜在能力を、

活性化していくことにもなります。

クライアントの方を、

創造力的な解放と、自由な統合へと、

いざなっていくのです。

 

 

◆体感を通した表現スキルの獲得

 

ところで、また、

ゲシュタルト療法の特徴ですが、

クライアントの方は、
ファシリテーターの提案で、
気づいたことを、

実際に、
「心身で、体感を通して」
表現していくことになります。

このような、

アウトプット(外在化)の方法が、
クライアントの方の、

心身の組織化を促し、

心理的統合の、
決定的な力となっていくのです。

 

それは、
深い気づきを、

頭の中だけではなく、
実際に、

「物理的に」

表現することは、
心身の深い部分に、
「神経的・脳的・エネルギー的」に、

直接作用するからです。

身体動作を通して、
その体感的なエネルギーを通して、
内部(無意識)の情報を、

物理的・神経的に、
書き換えられるからです。

そのため、
要所要所で、
ファシリテーターは、
クライアントの方の、

物理的な表現を、
促していくことのなるのです。
それはそれが、

とても重要な効力を持つためなのです。

 

そして、

クライアントの方は、

ワークの中で、
このような、
気づきと物理的表現、
小さなアーハ体験を、

繰り返すうちに、

やがて、
ひとつの大きな、

感覚的に、
腑に落ちる段階(地点)に、

創造力の泉に、

到達することとなります。

 

小さな「爆発の層」と

いえるものかもしれません。

 

その地点で、
ひと一区切りの、
創造的解決(解消)が、

もたらされるのです。

 

そして、
クライアントの方の、
気づき、ある種のサトリ、
充実感と統合感、

着地感とをもって、
セッション(ワーク)は、
終了していくこととなるのです。

 

クライアントの方にとって、

その感覚は、

自分の本当にやりたいことを、

葛藤や、妨げなく、

できるように感じられる充実感、

もしくは、

自分の欲求が、

ひとまとまりになったような統合感、

焦点化された「まとまり感」として、

感じられるものであるのです。

 

 

⑥現実に、より着地(統合)する
 
セッション(ワーク)の、
最後の段階では、
クライアントの方の、
深い部分から出て来た、
(まだ柔らかい)
新しい欲求・感情や、統合感を、
日常生活で、
充分に活かしていけるか、
確認を取っていきます。

変性意識状態(ASC)の中で、

とらえられた、

その欲求(感情)感覚が、

日常的現実で、

きちんと活かされるように、
調整活動をとります。
 
新しい心の要素(意欲、能力、欲求)は、
今までの心の態勢の中では、
理由あって、
隠されていた自我の、
要素を含んでいます。
 
そのため、
その新しい自我(意欲、能力、欲求)が、
既存の日常生活の中でも、
しっかりと守られ、
新しい力を発揮できるように、
居場所(結界)と防具を持つことが、
大切なのです。
 
そのため、
セッション(ワーク)の最後の場面では、
時間をかけて、

変性意識状態(ASC)から抜け出ていくとともに、

新しく表出された自我(意欲、能力、欲求)と、
既存の自我との、
現実感ある統合を確認していきます。
 
具体的な手法としては、

現実の実務的な場面とのすり合わせや、
(グループの場合などは)
巡回対話の技法など多々ありますが、

長くなるので、
ここでは、省略しましょう。

しかし、

新しい自我を、

たくましく育てていく方向性として、

とても重要な場面(局面)ではあるのです。

 

 

さて、以上、
少し長くはありましたが、

(単純化して書きましたが)
セッションの、
中核的なプロセスを、
ざっと描いてみました。

 

しかし、
実際のセッション(ワーク)は、
クライアントの方の、
さまざまな想いや逡巡を、

探索しつつ、
あちこちに寄せては返す波のように、
行きつ戻りつしながら、
進んでいくものです。

しかし、
漂流しつつ、展開する、
そのプロセスの背後(核心)には、
クライアントの方が、元来持っている、
パワフルで、素晴らしい、創造力の泉が、
必ず待っているものなのです。

 

そして、

このようなセッションの探索を通じて、

クライアントの方の人生は、

確実に変わっていくものであるのです。

 

 

 

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への、

より総合的な方法論は、拙著↓

入門ガイド

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

をご覧下さい。

 

 

 

動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」↓


メルマガ登録

当スペースのメールマガジン

【FreeGestalt通信】「具現化のための、気づき・変性意識・ゲシュタルト」

では、

人生の中で、願望や思い、変化を具現化していくための、

気づきや変性意識に関わる、

さまざまなトピックを取り上げています。


メールマガジン登録は

  ↓

 コチラ





※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

もし、明日を違ったものにしたければ

もし、君たちが、明日を違ったものにしたければ、

まず今日を違ったものにしなければならない。

もし、今日が単に昨日の結果であるなら、

明日もまったく同様に、今日の結果となるだろう。 

                ―G・I・グルジェフ


  ウスペンスキー『奇跡を求めて』(浅井雅志訳)


グルジェフは、別に、
フランスの学院に掲げた文章群の中にも、

「明日という病から自由になった者のみが、
ここに来た目的を達成することができる」と、

たしか書いていました。


人生において、
何かを「為す」ことができる時とは、
「今、ここ」だけです。

そこを逃して、他に、「時」はありません。

今日、少しだけ、新しい局面をひらいたら、
明日は、少しだけでも、違ったものになります。

今日を、今ここを、怠惰に流したら、
何も変わらない明日が、そのままあるのです。


新しい生の局面をひらきたいなら、
今日、少しだけでも、努力して、
小さな冒険をしてみること。

そんな繰り返しが、
いつしか、
私たちを思いがけないところに、
運んでいくのです。




※気づきや統合、変性意識状態(ASC)への

より総合的な方法論については、拙著↓
入門ガイド
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

プロフィール

松井 雄 (まつい ゆう)

ゲシュタルト療法家/ファシリテーター/コーチ。変性意識活用トレーナー。創造性開発トレーナー。

 

こんにちは。

私は、企業勤務のかたわら、長年に渡り、ゲシュタルト療法をはじめとした、各種の体験的心理療法や、古今の瞑想技法、野生の気づきawarenessの技法やサバイバル技法、シャーマニズムを学んできました。

また、その過程で、普通にはない、さまざまに特異で強烈な変性意識状態(ASC)の経験を得てきました(→拙著『砂絵Ⅰ』参照)。そのことで、心身の能力に深い変容が生じました。

 

また、企業においては、各種の実務―営業系、人事教育系、ネット事業系、新規事業開発等―多岐に渡るさまざまな領域に携わる中で、個人や組織におけるビジョンの力、動機づけ、能力開発や創造性開発、それらを可能にする「マインドフルネス」や「セルフアウェアネス」の必要性を痛感してきました。

 

そのような経緯から、マインドフルネスや変性意識状態(ASC)、ゲシュタルト療法やコーチングを、構成的に使うフリー・ゲシュタルト・ワークスを起こしました。

自由なスタイルによる、ゲシュタルト3.0、ゲシュタルト・コーチング・アプローチの活用を通じて、潜在意識や変性意識状態(ASC)の活用、アウトプット(成果)の達成、生きる力をサポートするための各種活動を行なっています。

先の見えない、閉塞的な現代社会においてこそ、人間の潜在意識や野生の力を解放する、サバイバル的な気づきawarenessの技法が必要だと考えています。

 

これまで、さまざまな方々のお手伝いをさせていただきましたが、 断言できることがあります。

誰の中にも、外に出て、開花することを待ち望んでいる、不滅的な、並外れた魂の力が必ず存在しているということです。

心の未知の可能性を探索し、おしひろげ、人生で素晴らしい結果を出していきたいという方にとっては、必ずお力になれることをお約束します。

 

他に、心理学的シャーマニズム研究所、Xステーツ・テクノロジーを主宰。日本ゲシュタルト療法学会会員。東京サイコセラピー・アカデミー(旧東京ゲシュタルト研究所)トレーニングコース終了(2003年)。ゲシュタルト・ネットワーク・ジャパン ファシリテーター養成コース終了(2013年)。NLPマスタープラクティショナー(英国NLP学院。2005年)。著書に『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』『砂絵Ⅰ―現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』、『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』(デザインエッグ)



1547043164


・フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

・セッションで得られる効果と成果

・なぜ、ゲシュタルトなのか 出会いと選択

ゲシュタルト療法とは 【基礎編】

・セッション(ワーク)の実際

・著作『砂絵Ⅰ―現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

・著作『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
 

 

最新記事
プロフィール

freegestaltworks

タグクラウド
ギャラリー
  • 動画解説『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』
  • 新刊案内『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』
  • 新刊案内『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』
  • 動画解説「トランスパーソナル心理学・変性意識(ASC)・ゲシュタルト療法」
  • 「夢見の像の輝き」と心理的投影
  • 動画解説〔機動戦士ガンダム〕モビルスーツと拡張された未来的身体
  • 夢見と変性意識状態(ASC) つぶやき語録2
  • 動画解説「フロー体験 flow experience」
  • 動画解説「英雄の旅 ヒーローズ・ジャーニー」 
  • 動画解説「拡張された知覚力と意識状態」
  • 動画解説「気づきのメタ要素と創造的な自己の運用」
  • 「体験を編集する」ことと変性意識状態(ASC)
  • 動画解説「『体験を編集する』ことと、変性意識状態(ASC)」
  • 連載8 「物語の力」と変性意識状態(ASC) 頭抜けたアウトプットを出す直接的方法
  • 動画解説「物語の力」と変性意識状態(ASC) 
  • 動画解説「野生の気づき(アウェアネス awareness)と意識拡張」
  • 動画解説「変性意識状態(ASC)と身体感覚の拡張」
  • 動画解説 映画『マトリックス』『攻殻機動隊』 現代的(心理学的)シャーマニズム
  • 動画解説「魔法入門 変性意識活用法その2 現代的(心理学的)シャーマニズム」
  • 動画解説『伝統的なシャーマニズムの世界観について』
  • 動画解説「魔法入門 変性意識活用法 意識拡張と創造性」
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説『サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング』
  • 動画解説 得られる効果と成果「心理療法と能力開発」 ゲシュタルト療法 変性意識
  • 動画解説 進化とスキルのロードマップ ゲシュタルト療法 変性意識
  • 動画解説 NLP「学習進化の5段階モデル」
  • 動画解説「映画『攻殻機動隊』ゴーストGhostの変性意識」
  • 動画解説「映画『攻殻機動隊』ゴーストGhostの変性意識」
  • 動画解説「総合サイト案内 フリー・ゲシュタルト・ワークス」
  • 動画解説 【図解】心の構造モデルと変容のポイント
  • 動画解説 ゲシュタルト療法 セッションの効果 意欲と創造力の増大
  • 動画解説 ゲシュタルト療法 概論/目次
  • 動画解説「ゲシュタルト療法 セッション(ワーク)の実際 内容/展開/アウトプット」
  • 新刊案内『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
  • 新刊案内『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
  • 新刊案内『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
  • 生きる力(エネルギー)の増大 妨げのなさの感覚
  • 「気づかないこと」の選択 マインドフルネスの光明その3
  • 「気づかないこと」の選択 マインドフルネスの光明その3
  • 「気づかないこと」の選択 マインドフルネスの光明その3
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • サイケデリック体験と、チベットの死者の書
  • マインドフルネスの光明その2 無為のゲシュタルト
  • しないことのゲシュタルトへ マインドフルネスの光明
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 明晰夢の効力 2 映画『マトリックス』の世界へ
  • 気づき・自己想起・至高体験 目標とプロセス
  • 自己想起 self-remembering の効能 マインドフルネスと、グルジェフからのヒント
  • 登山体験 その意識拡張と変容 メスナーの言葉