スライド1


さて、当サイトでは、
変性意識状態(ASC)について、
さまざまな検討を行なっていますが、
当スペース独自の用語で、
X意識状態  X states of consciousness
というものがあります。

この意識状態は、

特に、新しい意識状態を定義したものでは、
ありません。

これは、生活の中での、

ある心身状態や体験領域を
特定(焦点化)する必要性から、
仮に設定された言葉です。

それは、変性意識状態の一部であり、

その肯定的で、創造的な状態が働いている状態を指して、

使われている言葉です。

 

単なる変性意識状態と呼んでしまうと、

漠然としすぎていて、その働きの焦点が定まらない。

また一方、 フロー体験というほど、

完璧に調和的でも、統制的でもない。

しかしながら、その間の帯域の中に、

創造的で、拡張された意識状態というものが、

さまざまに点在しているのです。

 

ところで、

変性意識状態(ASC)を考える際に重要な点は

それらが、日常意識と、

ある程度の統合的なつながりを持ててはじめて、

その状態が、

日常意識に、意味(価値)を持つということです。

散発的な変性意識状態は、多くの場合、

ぼんやりとした挿話以上の能力にはなかなかなりません。

 

X意識状態とは、

ある種の強度な変性意識状態(ASC)の因子と、
日常意識とが、

部分的に連携、統合、焦点化され、

創造的に活かされている状態を

指した言葉です。

 

この意識状態においては、

人は、 フロー体験におけるほど、

完璧に統制的ではないものの、

変性意識的な知覚力のもとに、

拡張された意識状態を持ちます。

 

現れて来る、

強度な変性意識状態に、
日常意識が、

照射され、透かされ、

霊感に満たされている状態ともいえます。

それは、フローのような、

因果的な統制の結果に生まれることもあれば、

何の理由もなく、非因果的に、

間歇的に現れることもあります。

その状態は、気ままに、

私たちの人生の中を徘徊しており、

時々にさまざまなアイディアをもたらしてくれるます。

 

X意識状態とは、

そのような意味で、

日常意識と変性意識状態とが、

情報的交流や、

凝集的な焦点化を、

持っている状態のことです。

当スペースで別に使う

夢見という概念がありますが、

それらといくらか近い状態ともいえます。

(拙著『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法』参照)

 

さて、ところで、

プロセスワーク(プロセス指向心理学)では、

極限意識状態extreme states of consciousness
と呼ばれている意識状態があります。
それは、精神病的な圏域、いわゆる狂気の状態のことです。
通常は、一元的に否定的に価値づけられる、その状態を、

extremeと呼ぶことで、
脱価値化して、中立化しようとしたのだと類推されます。

このような中立化は、実践的に、

物事をとらえるのに役立ちます。


さて、X意識状態は、
extreme states of consciousnessのように、
場合によっては、コントロールしずらい、

並外れた力の奔流でありつつも、
主体に、創造的な価値をもたらす状態を指しています。
しかし、部分的には、極限意識状態の一部とも重なる、
危険をはらんでいる意識状態です。

(変性意識状態自体は、良いものでも悪いものでもありません)

 

極限意識状態(extreme states)においては、
主体が、狂気の荒波や大波に、
大部分、溺れてしまっているとするなら、
X意識状態(X states)は、
危うくであれ、均衡を維持しつつ、

その大きな波を泳いでいたり、
波に乗っている状態といえます。
操作的に、

肯定的なエクスタシィ(意識拡張)や、
創造性発現の要素を、
持っている状態です。

 

エクストリーム・スポーツのスキルのように、
変性意識から極限意識の間を、
波乗りしている状態ともいえます。

そのため、エクストリーム・スポーツを、
Xスポーツと呼ぶように、

この状態を、当スペースでは、
X意識状態(X states)と呼んで、
生活の中で現れる、この種の体験領域を、
特定的に焦点化していくことを、

行なっているのです。

 


Xステーツとエクスタシィの技法



【第一部 ゲシュタルト療法関連】

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

体験的心理療法

NLP 普及・効果・課題

 

【第二部 気づきと変性意識】

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

禅と日本的霊性

野生と自然

 

【第四部 当スペース関係】

フリー・ゲシュタルトについて

セッションで得られる効果

メニュー/料金

著作紹介

お問い合わせ